So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

なぜ平昌五輪のチケットは売れないのか?~「ヤバすぎて笑うしかない狂人理論」より [本/歴史地政]


ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終らせる

ヤバすぎて笑うしかない狂人理論が世界を終らせる

  • 作者: 渡邉 哲也
  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2017/10/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【ヤバすぎて笑うしかない狂人理論/ 渡邉哲也、野口裕之/ 17年11月初版】


「汝(なんじ)平和を欲さば、戦の備えをせよ」 byウェゲティウス
「平和主義者が戦争を起こす」 byチャーチル

平和は天から与えられるものではなく、自ら強く求めるものだそうです。
そこには不断の努力が必要。戦後70年日本の平和は奇跡だったと。
歴史に学べば、「平和は戦争と戦争の間の状態を示す言葉」

産経新聞軍事分析家/野口裕之と、経済評論家/渡邉哲也の安全保障に関する対談本です。

章立ては以下。
1章:デッドラインを越え目前の米朝対立
2章:お笑い朝鮮半島
3章:暴走する北朝鮮の黒幕は中国かロシアか
4章:この期に及んで反安保法制に熱中するメディア
5章:半島有事、そのとき日本ができること

過去3400年のうち、平和な時代はたった250年しかなかったそうです。
世界のどこかで戦争は起こっていて、人類はつかの間の平和と平和のあいだを生きている。

いろんな興味深いことが書かれてます。
地政学上の軍事バランスなんかは、ちょっと専門的過ぎるので、
経済物を中心に、以下3点の要約読書メモを。

①平昌五輪は大丈夫か?
②なぜミサイル実験で円高になるのか?
③専守防衛は不経済な戦闘


▼広告▼





平昌五輪は大丈夫か?


スポンサーがいない。チケットが売れない。会場設備が不安。大丈夫か?
五輪のチケットを財閥に大量に買わせようとしたけど、
文大統領が財閥改革をするといったので、そっぽを向いた。
韓国から財閥をとったら何も残らない。GDPの7割を10大財閥がおさえている。

もともと平昌五輪はサムスンのイゴンヒが誘致した。
日本でトヨタが愛知万博をやった。
これに対抗しようと、必死に金をばらまいて平昌に五輪誘致した。
当初は「サムスンオリンピック」にする予定だった。

しかし2014年にイゴンヒが倒れた。
ほんとは生きてるうちにサムスン財閥を息子に移譲するために、パククネに金を使って、
第一毛織という持ち株会社を統合し、相続税で持っていかれない体制をつくろうとした。
これが問題だと槍玉にあげられた。
いまの実質オーナーが逮捕されてる状態で、韓国にカネを出すような状況ではない。

韓国の二大財閥の現代自動車。
大変な状況になっている。現代自動車の海外展開がアメリカもダメ、欧州もダメ。
中国に積極的に進出したが、中国人が豊かになった。
現代車を買わず、日本車やドイツ車を買うようになってきた。
そこにTHAAD問題が起きて、誰も韓国車を買わなくなった。
現代の中国事業は合弁だが、下請け会社に部品代さえ払えなくなっている。

韓国内は真っ赤な労組が強い。
財閥天国で一般人は日本の平均賃金の半分ぐらいだが、財閥系企業は日本の平均賃金より高い。
自動車企業で比べると、世界でもっとも生産コストが高い自動車会社になりつつある。
したがって現代もお金が出せない。

2022年まで10年間の五輪のトータルスポンサーをトヨタが買ってしまってる。
現代がスポンサーになりたくても、トヨタがメインスポンサーで付いてるので、
現代のカネは入らない。

ロッテはロッテで、中国の事業がTHAAD問題で全面的におかしくなった。
すでに身売りの話も出ている。相続問題で日本でも韓国でも当局と問題をかかえている。

こうした状況で三大財閥が五輪にカネを出せない。
そうなってくるとSKやLGに頼らざるを得ないが、どちらもそこまでの資本力はない。


▼広告▼





なぜミサイル実験で円高になり、金が上昇するのか?


北朝鮮のミサイル実験があると金価格が上昇する。
これはリスクが高くなると中国人が金を買うから。

北朝鮮の問題が悪化すると、中国は「自由主義」⇒「共産主義」方向となる。
軍国化を進めるには民主化は邪魔。
共産主義化すると中国の富裕層は自国の財産を金にかえる。財産を金で持つ。
中国人が金を買うから必然的に金の値段が上がる。

中国とアメリカとの関係も悪化する。
外貨準備の米ドルをいつ凍結されるかわからない。ドルを金にかえる。

リスクが高まると円高になるのはなぜか?
日本は26年連続世界一の対外純資産国。日本の銀行は海外融資をしてる。

日本の金利は安い。長期と短期では基本的には長期金利が高い。
日本の安い短期金利で集めたお金を、海外の長期に融資する。この金利差で銀行は儲ける。
日本で0.1%で借りたものを金利8%の国で運用したりする。

リスクが高まると長期金利が一気に上がり、破たんの可能性が高まる。
そのときはリスクの高い投資を引き上げる。
円のままでは投資できないので、円で借りてドルを貸している。
つまり円を売ってドルを買う。平時は海外投資のために円を売るので円安。
この動きがリスクの高まりで逆行すると、ドルを売って円を買い戻すので円高になる。

ただし本当に戦闘行為がおこなわれたら、地政学リスクが一気に上がるので、
今度は円が売られる構造になるかもしれない。円安になるタイミングが来る。
ただその臨界点がわからない。ポイントは投資家がどこまで織り込み作業を行うか。




専守防衛は不経済な戦闘


外国人に「専守防衛」を説明しようとすると理解されない。イギリスの海軍大将いわく、
「専守防衛を理解してないけど、何を言ってるのかはわかった。日本は民主国家なのか?
わがイギリスは大英帝国の時代から、敵をできるだけ早期に遠方で撃破することを国是としている」

日本でいう「自衛」とは「籠城戦」。
国を焦土化して討ち死にするのか?籠城戦をとる理由は2つしかない。
潔く武士として後世に名を残すか。来援が来るまで持ちこたえるか。

籠城戦は不経済な戦闘。ミサイル防衛に何兆円かけるのか。
敵基地を爆撃する方が軍事的合理性にかなっている。

自衛隊の持つ武器より長距離兵器で攻撃されると、日本はなすすべがない。
敵の兵器は本土に着弾し、自衛隊の兵器は届かない。

専守防衛という概念が成立するには、
警備員としてアメリカを雇っているという大前提がある。米国なしの専守防衛は成立しない。




スタイルカウンシルで、ホワイトハウスへ爆撃♪
スタカンの1stから。84年当時、オシャレな人が好きだったバンド。
個人的にはジャムの「悪意という名の街」が好き。カラオケはけっこう難しいけど(笑)。
シャウト・トゥ・ザ・トップのほうが簡単です。




カフェ・ブリュ

カフェ・ブリュ

  • アーティスト: ザ・スタイル・カウンシル
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1990/11/01
  • メディア: CD




(関連記事)
北朝鮮の戦争はいつか?シナリオは?
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-10-01

【韓国人に生まれなくてよかった/武藤正敏】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-09-09

【音楽狂の国~将軍様とそのミュージシャンたち】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-03-15

【アメリカが隠しておきたい日本の歴史/マックス・フォン・シュラー】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-05-29


▼広告▼




nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:
前の1件 | -