So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

【ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム】要約まとめ [本/文学芸術]


ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム

ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム

  • 作者: ジョディ・アーチャー
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/03/23
  • メディア: 単行本


【ベストセラーコード/ジョディ・アーチャー他/17年3月初版】


1億冊売れる本って、たまにあるじゃないですか。
「ミレニアム」、「フィフティシェイズ」、「ハリーポッター」とか。

売れる本と売れない本のちがいは何なのか?
ベストセラーは予測できるのか?

先人たちは人力でがんばりました。

ジョゼフ・キャンベル
神話学の第一人者で、パターン認識の達人。
一生かけて世界中の物語を読み、そのなかの類似点をさがした。
ジョージ・ルーカスは、キャンベルの神話論をスターウォーズに採り入れた。

クリストファー・ブッカー
30年かけて本をよみ、すべての文学作品は7つの基本プロットにわけることができる、
という自説を証明しようとした。

時代は変わりました。ビッグデータ分析。本書は最新の統計学です。
むずかしいことはよくわからないですが、いろんな分析をしてる。
最短収縮重心法とか。なんじゃそりゃ。


▼広告▼





著者たちは何をしたのか?
まずNYタイムズのベストセラーリストをもとにして、ヒット小説を500冊選ぶ。
次にそれ以外に売れていない小説を4500冊選ぶ。
合わせて5000冊の小説から、テキストデータを用いたデータ分析を行った。


1章では概要を。
著者たちの予測モデルは、ベストセラーを80%の確率であてることができた。


2章はテーマについて。
売れるトピック(テーマ)とその割合について検討する。
コンピュータが示したのは、3つか4つの中心的なテーマが、
全体の30%を占める本が売れるということ。

ベストセラーにもっとも見られるテーマは人間関係で、登場人物の心の交流に焦点を当てたもの。
上位に来る他のテーマは、家庭、仕事、子どもの学校生活、最新テクノロジーがある。


3章はプロット(物語の構成を示した設計図)について。
過去30年でもっともヒットを飛ばした作品のプロットには、
共通して規則正しいリズミカルな鼓動があった。
三幕構成で、均整の取れたプロットラインが読者をひきつけること、
感情の起伏を計算して書くことが、世界的なヒットにつながることがわかった。


4章は文体について。
テーマやプロットが正しくても、文体がダメだとヒットはむずかしい。
日常の言葉をつかうべし。
ベストセラーは、I wouldではなくI’dといった略称が多く用いられ、
感嘆符 ! はあまり使われない。
sayやaskといったシンプルな表現をよく使い、
mutter(ぶつぶつ言う)とか、protect(抗議する)といった、
むずかしい言葉をつかうのは、売れない小説の共通点となる。


5章はキャラクターについて。
登場人物と動詞の関係。
ベストセラーの主人公は、want、needという頻度が明らかに高い。
さらにdo、think、smaile、reachといった主体性の高い動詞の頻度も多い。
売れない小説には、halt(立ち止まる)、drop(あきらめる)、wait(待つ)、
といった消極的な動詞の頻度が高い。




著者たちの数年間にわたる膨大な労力による研究は、
一言でまとめると以下のような結論となりました。

「ベストセラーになるには、現実的な舞台で、身近なテーマにフォーカスし、
口語体(短文で読みやすい文体)で、主体的な主人公を描くことを意識すべき」

どんなものでもそうですが、結論は「知ってた」という当たり前のところに落ちつきます。



日本語の場合どうするべきか?もちろん本書には書かれてません。

そういえば文体について、村上春樹の最近のエッセイに書かれてました。
なんども推敲して、「文章に空気を入れる」そうです。たしかそのような表現だった。
適切なタイミングで句読点をいれ、リズムをつくり、漢字をひらがなにして読みやすくする。
口頭で読んでみて、ひっかかるような表現は、徹底的に書きなおすそうです。

あと坂口孝則の研究から。過去記事より。
「文章の漢字比率は、28%以下に抑えるべき。
坂口氏はベストセラー本を裁断し、OCRを使って文字データ化した。
Visual Basicを使って、漢字比率を計算するプログラムをつくった。
ベストセラー本は、全文字数のうち漢字が25~28%を占めた。
漢字比率が30%を超えると堅くるしくなる。20%ならやわらかすぎる」

まあ漢字が多くて、ダラダラ長文で、むずかしい表現の文章なんか、
だーれも読まないですよね。書いた人の「おれは賢いんだ」という自己満足。
とはいえ平仮名だらけはハングルみたいに読みにくいし。中庸ですかね。

それは英語でもおなじで、本書でも以下のような話が出てました。
男性的文章=文語=英国文学的表現、 女性的文章=口語=米語
著者たちのモデルは、70%の確率で男と女の文章を当てるそうです。
男文章と女文章の比率が、50:50で書かれたものが、米国ではベストセラーになりやすいと。
へ~、英語でもそんなんあるんだと、ミョーに納得。

日本だと漢文=男性、ひらがな=女性のイメージがありますよね。
男もすなる日記といふ、紀貫之じゃないけど。
今だったら漢字比率が25%ぐらいがいい、という事になるのかな。
一概にはいえないし、あくまでイメージの話ですが。


以下に3つの読書メモを。


▼広告▼





アメリカの出版事情


アメリカでは毎年、約5万冊~5万5千冊のフィクションが出版されている。
国際標準図書番号を持たない、電子による自主出版は増加する一方なので、
この数字は控えめなもの。その中からNYタイムズのベストセラー入りするのは、
200~220ほど。分母の数を控えめに見積もってもその率は0.5%にも満たない。
米国でミリオンセラーとなるのは年間にせいぜい3~4冊ほど。

ベストセラーの80%は大手出版社5社で占められる。
大手はマーケティングに多額の予算を割くことができる。
とはいえ資金力がすべてとは言えない。

「フィフティシェイズ」は当初は電子書籍とオンデマンドのペーパーバックのみの発売。
マーケティングに費用は一切かけてない。
「ハリー・ポッター」のJKローリングはブルームズベリーから出版できるまで、
12社に断られている。しかも本業は辞めないように、とアドバイスまでされたという。
「ヘルプ 心をつなぐストーリー」のキャスリン・スケルトンは、
60のエージェントに断られた後に、ようやく「ヘルプ」を出版した。




アルゴリズムが選んだTOP100小説


ベストセラー予測モデルが選んだ完璧に売れる小説。
(とはいえ英語なので「翻訳の良しあし=文体」が日本では関係してくる)
日本発売されてる上位5冊を以下に。

1位:ザ・サークル/デイブ・エガーズ
6位:スカーペッタ/パトリシア・コーンウェル
9位:あたしの手元は10000ボルト/ジャネット・イヴァノヴィッチ
10位:ジェイコブを守るため/ウィリアム・ランディ
11位:最後の紙面/トム・ラックマン

1位の小説。

ザ・サークル

ザ・サークル

  • 作者: デイヴ エガーズ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/12/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



6位の小説。

スカーペッタ (上) (講談社文庫)

スカーペッタ (上) (講談社文庫)

  • 作者: パトリシア・コーンウェル
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/12/15
  • メディア: 文庫





shazamとは何か?その影響は?


アメリカの音楽業界の問題。
shazamというスマホアプリがある。
街角で気になった音楽を、鼻歌で入力すればそれが誰の曲なのか、検索することができる。
これは消費者だけでなく、音楽制作サイドにも大変な価値を持つ。
なぜなら「1曲のうち、どこの、どのフレーズが印象に残って検索されたか」、
という情報を簡単に得ることができるからだ。

そのデータを参考に「消費者の心を捉えそうな箇所」をちりばめた楽曲を制作し、
プロモーションしたりするようになる。

その結果ヒットチャートの多様性は急速に失われつつあるそうだ。
上位のヒット曲が占める割合は極端に大きくなり、
コード進行もサウンドも、似たようなものが増えてきたという。

小説もPCが執筆したり、ベストセラー予測モデルが浸透すると、
同様のことが起きる可能性がある。

ただ音楽の世界はスタイルチェンジが起こった。
80年代の米国では、派手な長髪をスプレーで固めたロックスターが、
高速なギターソロといったスタイルで一世を風靡した。これが当時の「ヒットの法則」。

しかし90年代、グランジ(薄汚れた)たちがオルタナ(取って代わる)した。
日本ではそのままグランジとかオルタナと呼ばれる。

おそらく小説の世界でも、本書の統計モデルが知りわたり、
ベストセラーの多様性が失われると、どこかのタイミングでオルタナされるだろう。




80年代のヘヴィメタのことでしょうか。いまとなってはヘアメタルとか言われてますが。
どっちかというとヘアメタルはサブカルで、本流はデュランデュランやカルチャークラブ。
メタル系は米国チャートであんまり上がらんかったです。一部のバンドを除いては。

当時はMTV全盛。第二次ブリティッシュインベージョンに、マイコ―やプリンスの黒人が絡む。
ヴァンヘイレンは別格として、80年代売れ線ヘビメタ(ハードロック)は以下の流れ。
デフレパード⇒クワイエットライオット⇒ナイトレンジャー⇒ボンジョビ
あと好き者がオジーとかAC/DCおしてた。もっと好き者はメイデンとかジューダス。

ヘアメタルで印象深いバンド、Twisted sisterで、We’re not gona take it♪




Stay Hungry

Stay Hungry

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Atlantic / Wea
  • 発売日: 2000/03/13
  • メディア: CD




(関連記事)
【文章読本/谷崎潤一郎/1934年初版】の要約読書メモ
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-12-14

【文章読本さん江/斎藤美奈子】要約まとめ
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-04-25

【いい文章には型がある】~文章には3つの型がある
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-05-04

【いい文章の書き方のコツ】~「書く力/池上彰」より
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-04-04

▼広告▼




nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の1件 | -