So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

【二次元世界に強くなる現代オタクの基礎知識】書評と読書メモ [本/ハウツー]


二次元世界に強くなる  現代オタクの基礎知識

二次元世界に強くなる 現代オタクの基礎知識

  • 作者: ライブ
  • 出版社/メーカー: カンゼン
  • 発売日: 2017/07/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【二次元世界に強くなる現代オタクの基礎知識/17年7月初版】


小説とかアニメって、元ネタがあるじゃないですか。
ガンダムだったらスペースコロニーとか、エヴァンゲリオンなら死海文書とか。

そういうものを2~3pずつ集めた基礎知識集です。
たとえば九字護身法だとこんな感じ。

クリックで拡大↓
九字護身法図解.JPG



どんなものが解説されてるか目次は以下。


DSC_0960.JPG



DSC_0961.JPG



▼広告▼





ゲームの元ネタみたいなのがいっぱいあります。
オーディン、バハムート、エリクサー、ラグナロク、おれのエクスカリバー・・
ちなみにラグナロク。北欧神話です。神々と巨人との間におこる最終戦争のこと。
最後は炎の剣で世界樹が燃やされ、世界は滅びる。

これ、小説とかマンガ書こうと思ってる人は、手元にあると便利。
この本眺める⇒興味あるものチョイス⇒それを深く調べる⇒元ネタにする

いまの時代、文学賞公募が多いんですよ。懸賞金がもらえる。
短編小説(原稿用紙30枚)で10~50万円とか。町おこし的な。
まちがって映画化でもされた日にゃ、聖地巡礼で観光客がワンサカやってくる。

長編小説書く気力はないけど、短編なら書けるって人多いと思います。
大体このブログで1記事平均3000文字ぐらい。たったブログ4記事分で50万円ゲット。
ウハウハですよね。

みなさんも短編小説で小遣いゲット、いかがでしょうか?


以下に本書から5点だけ読書メモを。


ブードゥー教とは


16~19世紀にかけて、アフリカのあらゆる場所から黒人がハイチに集められ、
奴隷として強制労働を強いられていた。
そういった黒人たちが、他宗教の要素を取り入れてつくったのがブードゥー教だ。

ブードゥー教は教義や経典が存在せず、宗教法人として認可された教団も皆無だ。
そのため民間信仰と考えるのが正しい。

ブードゥー教の司祭は、魔術によるケガや病気の治療など医者のような役目を担った。
政治においても活躍した。

アメリカのニューオーリンズには、昨今もブードゥー教に対する信仰が根強く残っている。

ブードゥー教にはゾンビを生成するゾンビパウダーが存在し、生きた人間をゾンビにする。
理由は人間に罰を与えるためだ。精霊になるどころか生まれ変わることもできないゾンビ。
この罰は死よりも恐ろしいとされ、地域によっては死者の首を切り落とすなど、
ゾンビ化を防ごうとするほどである。




スペースコロニーとは


1969年アポロ11号が月面着陸に成功。
このときプリンストン大学のジェラルド・オニール博士が学生とセミナーを行っており、
その中でスペースコロニー案が誕生した。

オニール博士は、宇宙空間に地球環境を再現した都市を建設し、
数万から数十万の人々を移住させることで、激増しつつある地球人口を減らせると構想。
この都市を「スペース・コロニー」と名付けて提唱した。

その後1974年にニューヨークタイムズで発表され、大きく世間に知られた。
日本では1979年にガンダムがこの案をもとにつくられ、誰もが知ることになる。

スペースコロニー構想はNASAに引き継がれ、
研究がすすめられた結果、月の軌道上のラグランジュポイントなら、
スペースコロニーを設置できるだろうと考えられている。

現在技術的にはスペースコロニーをつくれる域に達したが、唯一の障壁は資金だ。
日本円にして60兆円が必要とされ、世界政府でもできない限り無理である。


▼広告▼





タイムパラドックスとは?簡単に 


もしタイムトラベルができたとして、自分が生まれる前の時代に行き自分の親を殺すとする。
そうすると「過去の時点で親は死んだのだから自分は生まれることはない。
しかし自分が生まれなければ親が死ぬことはない」という矛盾が発生してしまう。




死海文書とは


ヨルダンに死海と呼ばれる塩湖がある。
この死海周辺にある洞窟から、900点以上の写本群が見つかった。
ヘブライ語で書かれた旧約聖書やその関連図書など。
この文書はそれまで発見された最古の聖書関連文書より、
さらに古い紀元前に制作されたことが判明し、20世紀最大の発見とまで言われている。
これらの文書は発見された場所から死海文書と呼ばれる。
その解釈がバチカンの権威をおとしめるため、
バチカンが隠ぺいしようとする陰謀論が生まれた。




バベルの塔とは


バベルの塔とは、旧約聖書の創世記に登場する伝説上の塔のこと。
ノアの大洪水後、ノアの子孫である人間が増え続け、
彼らは石造のかわりにレンガで建築物を作るようになる。

これまでにない技術を手にした彼らは、天にも届く塔を建て、その力を誇示しようとした。
目的は神への挑戦、反抗のためといわれる。

神はそんな彼らの驕りを怒り、それまで1つだった言語を混乱させた。
お互いの言葉がわからず意思疎通ができなくなった人間たちは、協力体制が崩壊。
塔の建設を断念した。

この物語から、のちに実現困難なこと、神を冒涜するようなことが、
バベルの塔に例えられるようになった。




欲ぶかい僕は叫ぶ♪
バベル バベル 僕を見て♪
だけど その壁は崩れようとしてる♪
僕たちは弱い♪
高い場所から降りて♪
元いた場所に立つべきだ♪



デビュー作で感動してずっと買ってるバンド。
Wikiのエピソードがおもしろかった。ジェイク・バグいわくマムフォード&サンズは、
メンバーがパブリックスクール出身のアッパーミドル階級なので、
「バンジョーを持った金持ち野郎にしか見えない」とコメント。
ノエル・ギャラガーいわく、
「レディオヘッドはクソだけど、マムフォード&サンズは好きだ。あんな曲を書いてみたい。」と。
マムフォード&サンズで、バベル♪ 2013年グラミー最優秀アルバムからの1曲。




もしあなたが短編小説を書いてみるのなら、
オーヘンリーの短編集を読まれることをおすすめします。
世界でいちばん優れた短編集を読むことは、書くことの助けになります。

ぼくの好きな「水車のある教会」全文和訳がありました。アグレイア印の小麦粉の話です。
http://blog.livedoor.jp/hollyhocksld-o.henry_church_wheel/archives/26023610.html
こういうブログ記事は、ほんとにありがたい。



1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)

1ドルの価値/賢者の贈り物 他21編 (光文社古典新訳文庫)

  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/02/10
  • メディア: Kindle版





(関連記事)
【誰がこれからのアニメをつくるのか?/数土直志/17年3月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-06-01

【漫画編集者/木村俊介/15年5月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-08-22

【職業としての小説家/村上春樹/15年9月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-10-18

【ベストセラーコード/ジョディ・アーチャー他/17年3月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-06-24

▼広告▼




nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:
前の1件 | -