So-net無料ブログ作成

「インディアスの破壊についての簡潔な報告」書評と要約 [本/歴史地政]






インディアスの破壊についての簡潔な報告 (岩波文庫)

インディアスの破壊についての簡潔な報告 (岩波文庫)

  • 作者: ラス・カサス
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1976/06/16
  • メディア: 文庫


【インディアスの破壊についての簡潔な報告/1552年初版/ラスカサス】
時は大航海時代。
歴史の教科書では、スペインやポルトガルは世界を征服し植民地化した。
と一行で終わります。

それがどれだけ極悪非道で残虐だったかが、これでもかと書かれた一冊です。
「1500年から1540年の40年間の間に、キリスト教徒たちの暴虐的で極悪な所業のために、
男女子供あわせて1200万人以上の人が残虐非道にも殺された。
それどころか1500万人以上のインディオが犠牲になったと言っても、間違いないと思う」

犬に食い殺させたとか、生きたまま焼き殺したとか、耳や鼻を削いだとか、
そういう表現が淡々、延々と出てきます。
とは言っても岩波文庫の、本文は172pの薄い本です。
すぐに読了できます。

著者のラスカサスは15世紀スペイン出身のカトリック司祭です。
キリスト教の聖職者として、6回にわたり大西洋を横断し、
インディオの自由と生存権を守る運動の中心的な役割を果たしました。

先兵隊としてキリスト教の聖職者が現地に入り、
原住民を信用させた後に非道な裏切りをして殺戮する。
人として聖職者として、耐えられなかったのでしょう。

そういえばフィリピンも1500年代の半ばにスペインに征服されます。
ここでひとつの疑問がわきます。なんで日本は征服されなかったの?

その答えは「鉄砲を捨てた日本人/ノエルペリン」に書かれています。

鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮 (中公文庫)

鉄砲を捨てた日本人―日本史に学ぶ軍縮 (中公文庫)

  • 作者: ノエル ペリン
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1991/04
  • メディア: 文庫




要はその時代の日本は軍事大国、世界の先進技術国だったのです。
1543年に種子島に鉄砲は伝来してますが、中国も量産できなかった時代に日本は鉄砲を量産し、
アジアに輸出していました。しかも雨でも使えるように改良したりして。

1500年代の後半の日本は、世界のどの国よりも鉄砲をたくさん持っていたようです。
イギリス一国の銃の数より、トップの6大名は鉄砲を多く持っていたと。

日本刀や鎧も、当時の欧州のものより優れていて、
16世紀の西洋の剣は当時の日本刀で簡単に真っ二つに割れるらしい。

この辺の情報はイエズス会が本国に詳細にレポートしてるので、
日本を侵略しなかったのでしょう。
秀吉がキリシタン弾圧に動いたのはある意味正解だったと思います。

1500年代の後半のイタリア人宣教師のオルガンティノ・グネッチは、
日本の文化水準は全体として故国イタリアの文化より高い、と思ったそうです。
当時のイタリアは、もちろんルネッサンスの絶頂期にありました。

前フィリピン総督のスペイン人ドン・ロドリゴ・ビベロが1610年、
上総に漂着した際にも、ビベロの日本についての印象は、グネッチと同様の結論でした。

1600年以降の日本は、江戸300年の泰平の世になります。その間の軍縮により、
西洋のほうが武器としては進化していきます。
しかし日本は文化・教育が世界のトップレベルとなっていきます。

この素地があってこその明治維新なのでしょう。

「自慢史観」と笑うなかれ。
なんでこういう歴史を授業で教えてくれないのかなぁ。


ドンヘンリーは、ホテルカリフォルニアのB面ラストのこの曲で、
自国の歴史とキリスト教の罪悪を嘆いています。




(広告)



nice!(29)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 29

コメント 24

DEBDYLAN

この曲好きです。
こんな内部告発みたいな曲をリリースできるってある意味凄いですよね。

by DEBDYLAN (2012-06-26 23:35) 

don

DEBDYLAN さんこんばんは!
ドンフェルダーによると、ヘンリーは詩がおりてこないと、
平気でレコーディングを1週間でも2週間でも伸ばしてた
みたいで、その間はメンバーがイライラしながら待ってたようです。

それが一度目の解散につながるわけですが、完璧主義者の
作り上げた、70年代を代表する隙のないアルバムですよね[__犬]
by don (2012-06-27 00:09) 

seawind335

この曲、凄く好きでした!(*^^)v
by seawind335 (2012-06-27 01:32) 

せいじ

日本教育の歴史は歪んでますよね~
いい事も悪い事もあまりはっきり後世に伝えようとしない。

この曲いいですよね!


by せいじ (2012-06-27 07:15) 

rtfk

西洋史と東洋史そして日本史を時間的横軸を同期して
教えて欲しかったなぁと思っています
まぁ自分で勉強すればいいだけの話ですが(汗)
歴史を勉強し始めた息子には横軸で考えてねと言ってます
しかし自分たちが学校で教わった歴史とは本当に簡略化された
ダイジェスト版なんですねぇ・・・。

このアルバムは擦り切れるという表現ができるほど聞きました♬
今でも聞きます(^m^)

by rtfk (2012-06-27 10:23) 

haku

いやぁ、歴史って面白いですねぇ!
なるほど~と、うなってしまいます
しかしこの曲、懐かしいです!
やはりこのアルバム、良くできてますよね♪
by haku (2012-06-27 20:24) 

vega

イーグルス、大好きです。
この曲も、大好きな曲の一つです。

by vega (2012-06-27 21:19) 

yukky_z

『Hotel California』、輸入盤を買って大正解でしたぁ^^;
もし歌詞を読んでたら、嫌いになってたかも...
元々ポップスやロックに政治的なことや、宗教的な
ことを持ち込むのは嫌いなもので...
by yukky_z (2012-06-27 22:47) 

mignon

この曲そういう意味合いが込められてたのですね。
知って聴くのとは大違いです。

でもああなんて人間は過ちを繰り返すのでしょう?
by mignon (2012-06-27 23:09) 

みかん

「日本人は、いかにすごかったのか[__晴れ]」というような
自国自賛!!の楽しげな授業とか、受けたかったですねー。
今日の記事を拝読して思いました~。
 
日本の英語教育は、マッカーサーが来たとき、日本人の識字率の
高さに驚き、「この国は英語もすぐに覚えてしまうであろう」と危惧して
ワザと覚えにくい方法にされている、という説も聞いたことがありまする[__失恋]。

by みかん (2012-06-28 06:42) 

heroherosr

耄碌をした豊富秀吉でなく、本能寺の変を生き延びて日本を統一した織田信長の下で海外進出をしていたなら、面白いことになっていたでしょうね。
by heroherosr (2012-06-28 16:21) 

don

seawind335 さんこんばんは!
美しい曲ですよね♪ちなみにDAMにはありません[__ふらふら]
by don (2012-06-28 22:34) 

don

せいじさんこんばんは!
もうすこし自国の歴史に誇りを持つ教育を
してもいいと思います。自虐史観への偏向が強いですよね。
今後は変わっていくとは思いますが[__犬]
by don (2012-06-28 22:36) 

don

rtfkさんこんばんは!
ほんとにダイジェスト版ですよね。ましてや高校になると、
日本史、世界史、地理の選択だったですしね。

横軸ですか。たしかに同期させるのが一番大事かなと
最近は思います。世界史を日本史に重ねると、理解が
深くなりますよね。

ホテルカリフォルニア。部屋のふすまにポスターを貼ってました。
新婚旅行のときに、あのホテルを見に行きました^^
どうしても見たかったので[__わーい]


by don (2012-06-28 22:47) 

don

hakuさんこんばんは!
歴史はほんとに面白いです。子供の頃は
なんとも思わなかったのですが。。

ホテルカリフォルニア、名盤ですよね♪
by don (2012-06-28 22:49) 

don

vegaさんこんばんは!
イーグルスはぼくのアイドルでした。
解散前のオリジナル6枚は、どれも大好きな
アルバムです[__犬]
by don (2012-06-28 22:52) 

don

yukky_zさんこんばんは!
たしかに政治的なモノは、ん?と首をかしげるものもありますよね。
くじらを救えとか言われても^^;
そういう意味では、ラブソングは普遍的でいいですねぇ[__るんるん]
by don (2012-06-28 22:58) 

don

mignon さんこんばんは!
なんか深~い歌詞ですよね。
自国の歴史が、原住民の土地を奪ったというのは、
なんか複雑なものがあります。

日本に生まれて良かった^^
by don (2012-06-28 23:01) 

don

みかんさんこんばんは!
そういう楽しげな授業いいですね~。
結局そういう自慢史観的なモノは、本を読んで
溜飲さげるしかないんですよね。

そうか~、ぼくが英語苦手なのは、ワザと覚えにくい
教え方だったからか、と自分の努力不足は棚に上げときます[__犬]
by don (2012-06-28 23:05) 

don

heroherosr さんこんばんは!
元々朝鮮出兵は信長の案だったから、彼が生きてれば、
成功したかもしれませんね。水軍でうまく勝って。


by don (2012-06-28 23:11) 

hanamura

(あれぇ?サラセンの謎に反応でしょうか?)妄想・・・自意識過剰?
私が、梅雨6/30の今朝、図書館で借りた本は、
「キリスト教は戦争好きか」土井健司 朝日新聞出版
サブタイトルが、キリスト教的思考入門!
by hanamura (2012-06-30 15:56) 

don

hanamura さんこんばんは!
お、今日図書館に行かれたのですね^^

ぼくは明日図書館に行くつもりですが、
期限が来て読めてない本があるので、
今から特急でよまなくちゃ~♪

内田樹なんで読むのに時間かかりそうです^^
by don (2012-06-30 21:11) 

伊閣蝶

ラスカサスのこの著作、私も随分以前、ちょうどロバート・デ・ニーロ主演の「ミッション」を映画で観た頃に読んだような記憶があります。
淡々と事実のみが書かれていた故に、空恐ろしい迫力をもって迫ってきました。
しかし、日本がなぜ西欧列強に侵略されなかったかという点について、きちんと考察したことがなかったので、「鉄砲を捨てた日本人」は是非とも読んでみたいと思います。
by 伊閣蝶 (2012-07-01 22:23) 

don

伊閣蝶さんこんばんは!

ミッション見た記憶がありません。調べてみるとトップガンの
頃ですね。内容がまさにこの本のような内容なんですね。

読み物としては面白くもないのですが、史料としての歴史的価値は
尋常ならざるものがあります。アンチスペインとして周辺国に利用された
という経緯があるので、スペインでは永らく禁書だったそうです。

無邪気に自国の批判をすると、周辺国に揚げ足を摂られる見本のような
話だと思いました。この場合は、日本と違ってほんとにエゲツナイ行為
だったようですけど。

そういえば今日の石原慎太郎のコラム「日本よ」の内容が
ちょっとシンクロしてました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120702/plc12070203350002-n1.htm

少しうれしかったです^^
by don (2012-07-02 22:50) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました