So-net無料ブログ作成

アドラーの名言15選  「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」より [本/健康心理]


アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉

  • 作者: 小倉 広
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/02/28
  • メディア: 単行本


【アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉/小倉広/14年2月初版】
フロイト、ユング、アドラーは深層心理学の3巨匠です。
フロイト50歳、アドラー36歳、ユング31歳の当時は、一緒に研究していました。
フロイトの学説と対立して、アドラー、ユングともにフロイトと距離をおきます。
過去記事からのコピーですが、ざっくり言うと3人の特徴は以下です。

(フロイト)
なんでも性にむすびつける。現在の問題は幼少期に原因があると考える。
男性優位。無神論。ユダヤ人。合理主義。

(アドラー)
劣等感が人間心理を読み解く鍵。権力欲。貧しい人の治療。女性優位。社会主義。ユダヤ人

(ユング)
現在の問題は目的の面で考える。箱庭療法。オカルト。ゲルマン系スイス人。東洋思想。


じつはアドラーに関する本を読むのは初めてです。フロイトやユングほど華がないというか^^;
なぜか最近はアドラーブームですよね。なんでだろ。

DP72111[1].jpg
▼広告▼




本書の構成は右ページにアドラーの言葉、左ページに著者がそれに関する解説を書くというスタイルです。
全部で100のアドラーの言葉をのせてます。通読するとなんとなくアドラーのエッセンスがわかるという。

100の言葉のうち、心に残った15の項目を以下に。


「世話好きな人は、単に優しい人なのではない。
相手を自分に依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ」
さらなる高等戦術として、自分を責め自分を傷つけるという方法もある。
自分を責めることで家族や周囲の人間を責めている。そして周囲からの謝罪や同情を手にする。
人はあらゆる手を使い、自分が重要な人物であることを証明しようとする。



かまってほしい場合の4つの行動パターン
1.注目を集める:注意を引いたり、要求したりする。
2.力を示す:かんしゃくを起したり、怒りをぶつけたり、泣いたりする。
3.復讐:問題行動を起し、相手に不快感を与える。家事放棄や非行に走ったりする。
4.回避:あきらめて努力しなくなる。課題から逃れたり、自分の弱さや落ち込みや病気をひけらかす。



「悲しいから涙を流すのではない。相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ」
感情が人を突き動かすのではなく、人は目的のために感情を使用する。
0[1].jpg



「カッときて自分を見失い怒鳴ったのではない。相手を支配するために、
怒りという感情を創り出し利用したのだ」
アドラー以前のフロイトなどの心理学では、目的論とは別の原因論が主流だった。
人は無意識下の感情に突き動かされるという。
この場合怒鳴ったのは無意識の怒りが原因であり、本人は悪くないという結論になる。
アドラーの場合は、相手を操作し支配するための目的があって怒鳴ったと考える。



「子供は感情でしか大人を支配できない。
大人になってからも感情を使って人を動かそうとするのは、幼稚である」
感情だけがものごとを達成する唯一の方法ではない。
大人になってからも泣いたり怒ったりという感情表現で人を動かそうとするのは、内面的に幼稚な人である。



「人はライフスタイル(=性格)を10歳くらいまでに、自分で決めて完成させる。
そして、それを一生使い続けるのだ」



「幸福な人生を歩む人のライフスタイル(=性格)は、
必ずコモンセンス(=共通感覚)と一致している。
歪んだ私的論理に基づく性格では、幸せになることはできないだろう」
コモンセンスとは、組織や家庭などにとっても、共に受け入れられるような考え方。



『子供にとって家族は「世界そのもの」であり、親から愛されなければ生きていけない。
そのための命がけの戦略が、そのまま性格の形成につながるのだ』

▼広告▼





「叱られたり、ほめられたりして育った人は、叱られたり、ほめられたりしないと行動しなくなる。
そして、評価してくれない相手を、敵だと思うようになるのだ」
いまだにアメとムチで人を育てることが正しいと信じてる人が多くいる。それは明らかな間違いである。
自分の意志で行動しなくなるので、一生アメとムチをやり続けなくてはならなくなる。
私たちは相手をコントロールしようとしてはいけない。それは教育ではない。



『「よくできたね」とほめるのではない。「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝えるのだ。
感謝される喜びを体験すれば、自ら進んで貢献を繰り返すだろう』
ほめるのは上から目線。感謝は横から目線。新入社員が社長をほめることはない。



「判断に迷った時は、より大きな集団の利益を優先することだ。自分よりも仲間たち。
仲間たちよりも社会全体。そうすれば判断を間違うことはないだろう」



『行動に問題があるとしても、その背後にある動機や目的は、必ずや「善」である』
母親が出かけるとき、子供が一緒に行きたいという。しかし母親は「お姉ちゃんとお留守番しててね」という。
子供はかんしゃくを起し、おもちゃを投げつけ、食器棚のガラスが割れてしまう。母親は子供を叱る。
この子供の動機は「母親と一緒にいたい」というもの。この動機は悪ではなく善である。
行動は問題であるが、動機は善だ。そんなとき私たちは、善に着目して相手を勇気づけることができる。
「お母さんもほんとは一緒にいたいんだよ」と伝える。
その後に間違った行動ではなく、他の方法を選択できる可能性について話し合う。



「すべての悩みは対人関係の課題である。
仙人のような世捨て人でさえも、実は他人の目を気にしているのだ」



『人生には3つの課題がある。1つ目は「仕事の課題」。2つ目は「交友の課題」。
3つ目は「愛の課題」である。そして後の方になるほど解決は難しくなる』
あらゆる人生の課題は、対人関係に集約され、それはわずか3つに分類される、とアドラーは言った。
商談よりも、雑談や異性とのつきあいのほうがよほど難しい。
20120915_22947[1].jpg



「愛の課題とは、異性とのつきあいや夫婦関係のことである。
人生で一番困難な課題であるがゆえに、解決できれば深いやすらぎが訪れるだろう」



ぼくの課題はあなたです♪
あなたを待っている♪

ジャクソンブラウンでMy problem is you♪
この頃のジャクソンブラウンは、大阪のフェスティバルホールだったかなぁ。見に行きました。
もう20年以上前になるのか・・・あの子は今、どうしてるのだろう。








(関連図書)

【超訳ショーペンハウアーの言葉/白取晴彦/13年3月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06

【超訳ニーチェの言葉Ⅱ/フリードリヒニーチェ・白取晴彦/12年8月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2012-10-13

【超訳ニーチェの言葉/白鳥春彦/10年1月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2010-05-29

【超訳ヴィトゲンシュタインの言葉/ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン、白取春彦編訳/14年8月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2014-11-01

【心訳 空海の言葉/松永修岳/13年5月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2014-03-01

【ビジネスマンの父より息子への30通の手紙/キングスレイウオード】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2010-04-24

▼広告▼



nice!(28)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 28

コメント 20

獏

フロイトとユングは知っていてもアドラーを知らないという
日本人は多いでしょうね^^)
獏は大学一年のときに一般教養の心理学の単位を落としてから
心理学にはちょっとした苦手感覚があるのですが(汗)
今回のご解説の⑤~⑫はかなりの部分で賛同したくなります☆
そして最大の課題は⑭と⑮ですね。。。
これは一生かけても解けない難題でしょう(断言)☆

by (2014-05-27 21:07) 

hanamura

幼児幼児幼児幼児幼児教育には学ぶべき心理学(?)
幼児が社会人まで成長するために、長い道程があります。
教育者:地域:そして家庭・・・だれかでなくて、私!そう、あなた!
(意味不明コメントでスミマセン・・・。だははは)
by hanamura (2014-05-27 21:10) 

vega

「よくできたね」とほめるのではない。
「ありがとう、助かったよ」と感謝を伝える。
なかなか出来ないですけれど、心がけています。
by vega (2014-05-27 21:58) 

song4u

⑭と⑮の間に貼られている写真、何とも言えませんねえ。

肩を抱かれている子は、違う子と手をつないでいる・・・
うーむ、何と言えば良いのだろう?
ひとつだけ言えるとすれば、3人とも不満ではないということでしょうか。
by song4u (2014-05-27 22:04) 

みかん

donさん、こんにちは~^^

うーむ。 綾瀬はるかは可愛いけど、③「注目を引くため・・」と思うと
可愛く見えない、この泣き顔(爆) 

⑮そうですね、安らぎ・・・ 訪れたかと思うと、また新たな課題が
降ってわいたり。 人間関係と人生は切り離せませんねぇ~。
アドラー、面白そうですね。
by みかん (2014-05-28 03:39) 

銀狼

もしかしたら、大学のときの心理学の教本か何かで
アドラーの読んだような気が。。。
でも、真面目に取り組んでいなかったせいか
ハッキリ思い出せずにおります^^;

子を持つ親の立場として⑨と⑩は改めて肝に銘じておかなければ・・・
と感じさせられました。
by 銀狼 (2014-05-28 21:19) 

川島

donさんこんにちは^^
すべて勉強になりますが
9相手をコントロールしようとしてはいけない。それは教育ではない。←子どもも大人も大切なことですね。

by 川島 (2014-05-29 18:39) 

扶侶夢

友人にフロイトの信奉者がいたりして、若い頃はユングやフロイトの心理学に一目置いていた時代もありましたが…今改めて読み返してみるとやはり偏りを感じますね。時代性もあるかも知れませんが。
by 扶侶夢 (2014-05-30 11:40) 

heroherosr

いいかっこしぃの私は⑬に共感しました。
⑩もいいですね、私のお客さんの社長に話してみます。
by heroherosr (2014-05-30 17:20) 

don

獏さんこんばんは~
エライですよね。大学時代の講義を覚えておられる。
まじめに講義を聴いてなかったぼくは、何をパンキョーで
受講したかすら覚えていません^^;
by don (2014-05-30 17:47) 

don

hanamuraさんこんばんは~
飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで~♪
まわってまわってまわってまわる~♪
なぜか円ひろしを思い出しました[__犬]
by don (2014-05-30 17:49) 

don

vegaさんこんばんは~
「ありがとう」という概念が、僕にはあまりなかったのですが、
結婚して、奥さんに叩き込まれました^^;

いまでは「ありがとう」を乱発してます。
それもどうかとは思いますが[__犬]
by don (2014-05-30 17:51) 

don

song4u さんこんばんは~
つよい印象が残るフォトですよね。
秘すれば花、知らぬが仏です[__犬]
by don (2014-05-30 17:53) 

don

みかんさんこんばんは~
今日は雑用があって有休でした。
家族も遅くまで帰って来ないので、今から散歩して
惣菜を魚に白ワインでも頂きます。
今日のメニューは、バッテラ、とりから、冷奴、ポテサラです。

綾瀬はるか、理想のナントカでこの前また1位になってました。
ほかの上位はガッキーや石原さとみや長澤まさみあたりです。

安らぎ、長続きしないですよね~。みんな同じです。[__犬]

by don (2014-05-30 18:03) 

don

銀狼さんこんばんは~
まだいいですよ。僕なんかパンキョーで「心理学」を受講したか
どうかさえ、思い出せないんです。ナサケナヤ~

子供にはついアメとムチしちゃうような気がします。
いや、ムチなんかしたことないなぁ・・・
同レベルなんで^^;[__犬]
by don (2014-05-30 18:08) 

don

川島さんこんばんは~
今読んでる本にも、相手をコントロールしてはいけないとか
書いてました。職圧で支配的に接しようとする上司は、
時代遅れとなりつつあります。まだいますけどね[__犬]
by don (2014-05-30 18:11) 

don

扶侶夢さんこんばんは~
時代性でしょうか。なんか少し前までフロイトやユングを
ありがたがってましたから。

過去記事からのコピーですが、今の評価はこうなのでしょう。
「フロイトは早いうちから、神経学、神経病理学、麻酔学の分野で素晴らしい貢献を果たした。塩化金を使った神経組織の染色法を導入し、脳幹にある延髄と小脳との神経相互接続の研究をおこなったのもその一つだ。この点ではフロイトは時代のはるか先を進んでおり、のちに科学者たちが脳の連結性の重要さに気づき、それを研究するために必要な道具を開発するまでに、それから何十年もかかっている。

しかしフロイトは、その研究を長くは続けず、代わりに臨床診療に興味を持つようになる。そして患者を治療する中で、患者の行動のほとんどは本人が気づいてない精神的プロセスに支配されているという正しい結論に達した。ところがその考えを科学的に探求するための技術的道具がなかったため、患者と話をして、患者の心のもっと奥底で何が起こっているのかを引き出し、患者を観察して、妥当と思われる推測を片っ端から行なっていった。だがそのような方法はあてにならないし、無意識のプロセスの多くは、意識的な心ではうかがい知れない脳の領域で起こっているため、治療による内省ではけっして直接明るみに出ない。結果としてフロイトはほとんどの点で見当違いをしていた。

いまでは心理科学で無意識の重要性が認められるようになったが、フロイトの主張した、男の子は自分の母親と結婚するために父親を殺したいという衝動を持つとか、女性は男性の性器をうらやましく思うといった、いわゆる内的衝動とはほとんど関連性がない。」
by don (2014-05-30 18:16) 

don

heroherosrさんこんばんは~
仙人の話は面白いです。
人里が見下ろせる山に一人で住んでた仙人。
人里が全員移住したときに、仙人まで近くの同じような距離感の
山を見つけて移り住んだそうです。

[__犬]
by don (2014-05-30 18:21) 

DEBDYLAN

『I'M ALIVE』結構好きなアルバムです^^♪

by DEBDYLAN (2014-06-01 22:50) 

don

DEBDYLANさんこんばんは~
90年代以降では、「時の征者」と「I'M ALIVE」
が双璧でしょう[__犬]
by don (2014-06-02 20:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました