So-net無料ブログ作成
検索選択

【フィナンシャルタイムズの実力】要約まとめ [本/Biz経済]


フィナンシャル・タイムズの実力

フィナンシャル・タイムズの実力

  • 作者: 小林 恭子
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2016/01/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【フィナンシャルタイムズの実力/小林恭子/16年2月初版】
なるほどねぇ、と納得した一冊。
新聞の未来、メディアの未来、果ては週末ブロガーやSNSで情報発信してる人まで、
いろいろと参考になる本だと思う。

2015年7月の、日経新聞によるフィナンシャルタイムズの買収。
びっくりしましたよね。ちょっと価格が高くない?

・欧州系メディアの株価は通常、営業利益の12倍前後で取引される
・フィナンシャルタイムズ(以下FT)の買収額1600億円は、営業利益の35倍
・アマゾンのジェフベゾスが、ワシントンポスト買収で支払った金額の2倍

今後FTの家賃(ロンドンは賃料が高く、年間40億円)も負担する羽目になるかもしれない。
日経が高額(日経の年間売上とほぼ同じ)でFTを買えたのは、上場企業ではないから。
一般の企業であれば、投資に対するリターンが不明確なため、株主に説明できない。

91[1].jpg

フィナンシャルタイムズとは何か?
富裕層向けの新聞です。
FT読者の平均世帯年収は約2900万円。
読者の62%が経営幹部、71%が国際企業に勤務、79%が海外主張に出かける。
英国で一般人がFTを手に取ることはほとんどなく、購読者の大部分が英国外に住んでいる。
世界中の富裕層、エリート層に向けた新聞がFT。

一方の日経を読む人。会社員55%、主婦14%、無職9%、学生6%・・・
個人年収の平均が664万円、世帯年収で924万円。ほかの全国紙より読者年収がはるかに高い。
とはいえFTとは大きな差がある。

日経が得意なのは事実発見、FTの得意は分析&論評。
交流のある日経記者とFT記者のやりとり。
「なんで取材に行かないの?」 by日経記者
「それは通信社の仕事では?」 byFT記者
少なくともFTでは速報ニュースの処理を求められてない。
必要なら通信社電(ロイター通信やAP通信)をつかえば済む。

(広告)




フィナンシャルタイムズの課題。
いかに若い層の読者に読んでもらうか?
金融情報の端末市場を牛耳るロイターやブルームバーグがある一方で、
新興メディア「ビジネスインサイダー」や「クオーツ」があり、
紛争現場から生の情報を伝えるメディアも次々と勃興している。
こうした情報の荒波の中で、いかに目を留めて読んでもらえるか。
メディアとしてどんな個性を出してゆくのか?



編集権の独立を維持できるのか?
オリンパス事件を最初に報道したのはFT。日経は無視し、最初の1週間はオリンパスの代弁者だった。
東芝の粉飾決算。日本ではこうした犯罪は犠牲者がいないと考えられるが、
米英では株主の権利が強いため、株主が犠牲になったと考える。
FTは株主の権利に比重を置いた姿勢であり、日経がそうであるかは疑わしい。



FT記者の買収決定時のツイッターでの感想。
わりと牧歌的。記者名は省略。
・1日中ドイツ語の勉強してたのに。(直前までドイツ企業が買収すると報道されていた) 
・きざな同僚が日本語でメールを送ってきたわよ。
・日本語は大学でちょっとやっただけだな。
・日本って完全に僕の大好きな国さ。
・レックスコラムを、今からすぐにアニメで書くよ。
・名刺は両手で受け取るんだよ、みな覚えておくように。
・営業利益の35倍か、これはすごい。尊敬するよ。
・グループの中でFTだけに絞ったら、70倍になるんじゃないか
・人員削減はないのか。
・編集方針に変更はあるのか。
・日本に移動ということもあるのかな。
・オフィスが売却対象になってないということは、どこかほかの場所に移るのかな。



まあ、いろいろと不安ですよね。FTの人たちは。
以下にその他の読書メモを。

(広告)




<イギリスの紙の新聞の発行部数推移>
日刊全国紙(イギリス)の発行部数推移は以下。
2005年1200万部、2010年1000万部、2015年684万部。
10年間で510万部の下落。つるべ落とし。




<広告ブロック>
日本ではまだ大きな問題になっていないが、
ネット広告の提示を遮断する「広告ブロック」も悩みの種だ。
世界でこのサービスを使ってる人は1億9800万人ほど。
過去1年で利用者は前年比41%増加した。

米国では2015年6月までの1年間で4500万人が利用し前年比48%増。
英国では1200万人で82%増。
ネット利用者の割合でみると欧米で多い傾向にあるが、日本はまだ2%と低い。




<デジタル参加率の低い日本>
調査対象の12カ国で日本が12位なのは「デジタル参加」。
ニュース記事を、電子メールやSNSを通じてシェアする人はわずか14%。
レポートの日本分析は以下。
・オンライン参加率が低いのは、政治や社会問題を公に語ることを日本人は避けるから。
・日本ではネット上で匿名性を好む。
・デジタル参加者でも、75%がツイッターアカウントで匿名を使っていた。
・匿名は米、英、仏、韓、シンガポールでは31~45%程度。
・日本でフェイスブックが普及しないのは、匿名性が原因。




<FTの不正防止策>
かつては賄賂を受け取って記事を書いたり、癒着などがあった。
現在では、担当分野の株を持つことは禁止されており、
同じ分野を長期的に担当するのではなく、3~4年ごとに交代して癒着を未然に防いでいる。




<ジャーナリズム>
アングロサクソン系のメディアは「何物にも敬意を表しない」
ジャーナリストは「聞いてなんぼ」であり、聞かれる方もそれを認識している。

インタビューは真剣勝負のスポーツの試合のようだ。
ジャーナリストは本音を引き出すために工夫をする。
互いに最後まで言い終わらないうちに話し始めたり、同じ質問を繰り返したり、
相手を遮ったり、答えたくない質問には別のことを語り時間を費やしたり。

15年9月にはロバートデニーロが、「質問が失礼だ」といってBBCのスタジオを途中で出て行った。
15年4月にはロバートダウニーJrも、インタビューを途中でとりやめた。
英ジャーナリストは、ドル箱俳優でも遠慮しない。こんな例はきりがない。

⇒共存共栄、三方よしの精神を尊ぶ日本と、
ケルト人やインディアンを駆逐したアングロサクソンとでは、そもそものメンタルが違う。
東芝にしてもオリンパスにしても、つぶれてしまえば従業員や家族が路頭に迷う。
一緒になって解決策まで考えるのが、日本的ジャーナリズムでしょう。
どっちのジャーナリズムがいいとかの問題じゃなくて、思考のベースとなる民族の歴史が違う。
宗教も文化も食い物も違う。読者である日本人の求めてるジャーナリズムも違う、ということ。
とはいえ、「文春」的なジャーナリズムも求められてますが。




<メーター制を取りやめ、トライアル制を開始>
こつこつと電子版有料購読者を増やしてきたFTだが、
2015年3月からは成功のカギといわれたメーター制をとりやめ、廉価のトライアル制を導入した。
非購読者がFTコムにアクセスすると、1か月のトライアル制を勧められる。
料金は1ポンド(182円)だけ。

メーター制(月に数本の記事が無料)からの移行理由は以下。
読者は多彩なプラットフォームで、様々な記事を断片的に消費している。
読者と特定の媒体が結びつかなくなった。
そこでFTの記事を読むことをいかに習慣にするかが課題になった。
「月に数本が無料で読めるというメーター制では、習慣になりにくい」
「廉価トライアル制を導入してから、毎週新たに1000人以上が有料購読者に転換している」




<英国の階級制度のおおざっぱなくくり>
(上流/アッパークラス)
貴族、紳士階級、土地所有者など、先祖代々の資産を受け継ぎ、国内で最も富裕な層。

(上中流/アッパーミドル)
教育程度の高い家庭出身で自分自身も良い教育を受けた層。
弁護士、医者、軍隊幹部、学者、官僚、株式ブローカーなどで、文化的リーダーシップをとる。

(中中級/ミドルミドル)
上の階級よりは教育程度がやや低いブルジョアジー。
地元企業の経営者、大企業の中間管理職など。

(下中流/ロウワーミドル)
ホワイトカラーに従事するが、大学には行かなかった場合が多い。

(労働者階級/ワーキングクラス)
主としてブルーカラーの職に就き、教育程度はあまり高くない。

ここ数十年で、かつて中流以上が占めていた大学進学が、労働者階級に広がった。
ブルーカラーの両親の子どもが大学に進学し、ホワイトに就くことが珍しくなくなった。
人々の生活水準が上がり、教育程度、職種、富裕度で階級を定義付けることが困難になっている。
ミドル層の幅は、今では大きく広がった。




もし君が上流階級になりたいなら♪
笑って人をころせるようにならないと♪

労働者階級は生まれた時から搾取される♪
宗教やテレビで酔わされながら♪
労働者階級のヒーローになるのは大変さ♪



ジョンレノンでワーキングクラスヒーロー♪
動画探してると、カヴァーしてる人が多かった。デビットボウイ、オジーオズボーン、
マリリンマンソン、グリーンデイ、オールマンブラザース、シンディローパー・・。
みんなが歌いたくなる歌ということか。1970年ジョンの魂から。




大人のロック! 特別編集 ジョン・レノン 魂のサウンド (日経BPムック)

大人のロック! 特別編集 ジョン・レノン 魂のサウンド (日経BPムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2010/11/17
  • メディア: 雑誌



(関連記事)
【5年後、メディアは稼げるか/佐々木紀彦/13年8月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-10-15

【本当のことを伝えない日本の新聞/12年7月初版/マーティンファクラー】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-02-09


煎茶と玄米茶はどっちが体にいいのかな。朝からずっと調べてます。またね♪





nice!(26)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 26

コメント 6

heroherosr

イギリスでの発行部数は10年で半分になっているんですか
日本はどうなんだろう、まあ減っているのはまちがいありませんが
by heroherosr (2016-03-20 15:24) 

DEBDYLAN

WORKING CLASS HERO。
憧れちゃいます^^;

by DEBDYLAN (2016-03-20 20:58) 

みかん

donさん、おはようございます。

ブロガーにも参考になる・・読んでみたいですね^^
買収時のFT記者のつぶやき、けっこうホッコリしてますね(笑)

>思考のベースとなる民族の歴史が違う。
まことにそうですね~。

民族の文化背景の違い、最近よく感じます。
やはりアングロサクソンの皆さんは主張が強い。

義理妹がドイツ人ですが、ひとくちに「国際結婚」
というけれど色々大変ですね(^^;)
旧東ドイツの方なので。。そう思うと色々腑に落ちます。

煎茶、最近飲まなくなって珈琲ばかりです[__あせあせ]
玄米茶や麦茶、ほうじ茶など、香ばしい系は結構好きで、
たまに飲みます[__猫]
by みかん (2016-03-20 23:10) 

don

heroherosrさんこんばんは~
2005年53百万部⇒2015年44百万部
だそうです。日本は八掛けですね。

日本は宅配システムが大きいです。
イギリスは宅配じゃなくて、みんな駅や店で買うそうです。
日本の雑誌みたいな感覚だと。
宅配だと、宅配料金が大幅に上乗せされるらしい。

新聞配達制度に守られた日本の新聞は、
減り方のスピードがゆっくりです。徐々に衰退。
時間はあるので、今のうちに手を打つべきです。
とはいえ、正直打つ手は思い浮かばないのですが。[__犬]
by don (2016-03-21 21:28) 

don

DEBDYLAN さんこんばんは~
カッコイイ歌ですよね。[__犬]
by don (2016-03-21 21:29) 

don

みかんさんこんばんは~
国際結婚、大変ですかぁ。
ベルリンの壁崩壊後ですよね。ものごころついたのは。
どんな「考え方の相違」があるのか、興味あります。
ま、身内のことは、心のうちにしまっておくのがいいとは思いますが。

いまぼくもコーヒー飲んでます。ワイン2合飲んだ後です。
残り少ないので、明日は帰りにスタバで豆買って帰ろう。
オリジナルブレンドか、ちょっと変わったのか。
どっちにしようかなぁ[__喫茶店]
by don (2016-03-21 21:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました