So-net無料ブログ作成

【読んでいない本について堂々と語る方法】要約まとめ [本/ハウツー]


読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: ピエール バイヤール
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2016/10/06
  • メディア: 文庫


【読んでいない本について堂々と語る方法/ピエール・バイヤール/16年10月文庫版初版】
タイトルに惹かれました。読書ブログやってるんで^^
ふつうは読んでない本について、語りませんよね。ウソついてる気分になる。
著者は大学の先生。

同僚の教授の書いた献本、読んでないとは言いにくい。
生徒たちに、知らない、読んでないとも言えない。職業柄そうなんでしょう。
みずからの存在意義にもかかわってくる。本読むのが仕事だし。

読んでない本には、以下の種類があるそうです。
・ぜんぜん読んだことのない本
・ざっと流し読みしたことがある本
・人から聞いたことがある本
・読んだことはあるが、忘れてしまった本

まあ、やろうと思えばできますよね。
たとえば映画。予告編で映像美とかを確認する。あらすじを誰かに聞く。
それで過去に見た映画と対比させたり、自説や自分の経験談をとうとうと述べたり。
なんというか、ハッタリといえば言いすぎか。


▼広告▼





どんな状況でコメントするか、ケーススタディです。

①大勢の目の前で
グレアムグリーンの小説では、主人公の作家が、満場のファンの前で、
自分が読んだこともない本について、熱心に意見を求められるという悪夢のような状況に直面する。

②教師の面前で
ティブ族の例が示すように、ある本をまったく読んでなくても、
それについてまっとうな意見を述べることができる。

③作家を前にして
それを書いた作家の前で話さなければならないときは、言葉に気をつけるべし。

④愛する人の前で
ある人を、その人の愛読書だが読んだことがない本の話をして誘惑するにはどうしたらいいか。
その場合の理想的な方法は、時間を止めることだと教える。

コメントする場合の心がまえ。

①気後れしない
デイヴィッド・ロッジの小説にもあるように、読んでない本について語るための第一条件は、
気後れしないことだという話。

②自分の考え(自説)をおしつける
バルザックが示してるように、書物というのは不断に変化する対象であり、
書物について自分の観点を押しつけるのは簡単だという話。

③本をでっちあげる
漱石の「吾輩は猫である」から、お互いが大ぼらを吹くさまを観察する。

④自分自身について語る
オスカー・ワイルドとともに、1冊の本を読むのに適した時間は10分だと結論する。
これを守らなければ、本との出会いはなによりも自伝を書くための口実である、
ということを忘れかねないからである。

以下に本書から2点の読書メモを。


▼広告▼





オスカー・ワイルドの未読についての考察

まれにみる読書家で博識の人だったオスカー・ワイルド。
ワイルドは、「読むべきか読まざるべきか」の中で、書物全体を3つのカテゴリーに分けるよう提案している。

オスカーワイルド.jpg

第1のカテゴリーは読むべき書物のカテゴリーで、ワイルドはそこに入れるべきものとして、
キケロの「書簡」、スエトニウス、ヴァザーリの「美術家列伝」、ベンヴェヌート・チェッリーニの「チェッリーニ自伝」、
ジョン・マンデヴィル、マルコ・ポーロ、サン・シモンの「回想録」、モムゼン、グロートの「ギリシア史」、
をあげている。

第2のカテゴリーは、再読すべき書物のカテゴリーで、プルトン、キーツを入れている。
「詩の領域ではヘボ詩人ではなく大詩人、哲学の領域では学者ではなく見者」と付言している。

第3のカテゴリーは、読むべからざる書物のカテゴリー。
時間のない現代では、大学の公的使命にしてもいいぐらい重要、としている。
残念ながらワイルドは、「悪書リスト」は提示していない。

ちなみにワイルドのいう10分でいいというのは、批評家はその教養のおかげで、
本の本質を素早く察知することができる。非読は専門家のみにできることだと。




吾輩は猫である、からの非読の言い訳

先生は美学者に質問する。
「そんなでたらめをいって、もし相手が読んでたらどうするつもりだ」
「なに、その時は別の本と間違えたとかいうのさ」




ちなみに本書は2007年フランスで初版。
NYタイムスで2007年のベスト100冊に、フランス人の本としては唯一挙げられています。
大学の先生だけじゃなくて、プライドが邪魔して、読んでないと言えない人が多いということか。

ところで、ごめんなさい。この本ちゃんと読んでないです。
ふとんの中で、寝る前に10分だけ読みました。目次と、興味深い章だけ拾い読み。
それで翌朝、10分ほどぱらぱらとネタ探ししてから書きました。

いや、いつもはちゃんと読んでますよ。
ちょっとタイトルに挑戦受けた感じがして。寝ながら考えました。やってみようかなと^^

本は読んでも忘れます。
付箋貼ってなかったら、1冊読み終わる前にさえ、テクストを忘れ去ってしまう。
まんぜんと読んでたら、感想文というかブログ記事すらかけない。
で、数日たったらどの本に書いてあったかさえ忘れる。
いつの間にやら、自説になってたりして^^

なので漱石の一言は、心を軽くしてくれました。
それを遠いフランス人が感銘していたことも、時空を超えてすごいことです。
やっぱり本は、いいなあ。水野晴郎みたいですが。




ところで、サチモスの新作が1月25日に発売されます。2ndアルバム。
そこからのリード曲が1月10日にyoutubeに公開。J-WAVEでは2曲連続1位になってましたが、今回はどうかな。
あまりキャッチ―じゃない。ある意味攻めてる。

ボーカルの服について。今回はオールブラックのアディダストラックトップジャージ着てる。
歌詞「波打つ心臓」のところで、同じカラーの葉っぱマークが見える。見たことないトラックトップ。
アディダス2017年新作の「XBYO TRACK TOP」に若干似てる。ひょっとして自作で、染めてたりして^^
Suchmos "A.G.I.T."




THE KIDS(DVD付)

THE KIDS(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: CD



2017年新作、ちょっとこれに似てる。




(関連記事)
【ぼくの交遊録的読書術/嵐山光三郎/15年2月】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-05-05

【大人のための読書の全技術/斎藤孝/14年7月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2014-10-21

【いい文章には型がある/吉岡友治/13年3月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-05-04

【文章読本/谷崎潤一郎/1934年初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-12-14


▼広告▼



nice!(22)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 22

コメント 10

ヒサ

donさん、こんにちは〜
あまり読書をしない方なのですが、ここ最近、donさんの影響を受けまして、ぼちぼち読んでいます(笑)
どちらかというと音楽や映画などの感覚的に訴えるものが個人的には好きなのですけど、いろいろなことを「言葉」にすることの大切さを実感してまずは本を読んでいるという感じです。

一冊まるごと記憶するのは不可能ですから、一冊について一文でも「これは」と思う箇所が見つかればラッキーと思っているヘタレです(笑)

実はそれでも忘れがちになるのですけど、去年読んだ中では将棋の羽生善治さんの決断力という本の中の「夢は目指した時から目標に変わる」が自分の中に一番残っています。 何かを思うところから、やると決めることが大事なんだと、思い起こさせてくれました。
ヨーダの教えに通じるところもありますし(笑)

他は全て忘れました。すみません(笑)
by ヒサ (2017-01-14 15:08) 

don

ヒサさん、こんにちは~
拝読しながら、同じだなあ、と思いました。
1日生きてると、ハッとする表現とか、感動することって、1つ2つあります。
でも、それを書き留めたりしない。すると翌日には忘れてます。

お互いサラリーマンなので、やっぱ書き残す時間ってないですよね。
特にぼくは自堕落なので、夜は酒飲んでボーっとしてること多いし。
週末にがっつり書いたりしてます。
スマホのメモに感動したことをキーワードで残すようにしてるのですが、
翌日見ると、なんじゃこれ?と思ったり。

>「夢は目指した時から目標に変わる」、いい言葉ですね。
ぼくは目標じゃなくて、単なる自己満足の願望が多いですけど。
利己的な願望って、あまりかなわないですよね。

でも、ぼくは欲深いので神社にお願いしてます。
たぶん神さまは、呆れてると思う[__犬]

by don (2017-01-14 15:19) 

seawind335

しかし、読書ブログって結構大変ですよね。
音楽と違って、「ながら」はできませんから。
by seawind335 (2017-01-14 23:47) 

みかん

donさん、こんにちは^^

オスカー・ワイルド、面長ですね!

漱石の一文は、いろいろなことに通ずるような、
心を軽くしてくれる言葉ですね~[__温泉]

読書も、英語の勉強も、読んでは忘れ、
どんどん忘れます(~_~;) 
気に行った一文は手帳に書き留めているのですが、
今年はもっと読書をしたいですー[__本]

サチモス、以前紹介して下さったときから
たまにyoutubeで見ています[__猫]
by みかん (2017-01-15 02:36) 

don

seawind335さんこんにちは~
手間はかかりますが、ネタはつきないです^^
[__犬]
by don (2017-01-15 11:10) 

don

みかんさん、こんにちは~
オスカーワイルド、今回wikiで調べてみたのですが、
男色家というかバイだったみたいです。
派手で、洒落てますよね。

1800年代に、けっこう面白語録を残してます。
「男は愛する女の最初の男になる事を願い、女は愛する男の最後の女になる事を願う」
「男の顔はその人の自伝であり、女の顔はその人の創作である」
「紳士とは決して知らずに人を傷つけない人である」
「流行とは、見るに堪えられないほど醜い外貌をしているので、六ヶ月ごとに変えなければならないのだ」
「外見で人を判断しないのは愚か者である」
「うわさになるより悪いのは、うわさされないことだけである」
「知る価値があることで人に教わることができるものはひとつもない」
[__犬]
by don (2017-01-15 11:20) 

みかん

donさん、たびたび、お邪魔んが山田君です~。

オスカーワイルドの語録、面白いですね。
今から150年ぐらい前の世相を反映しているのでしょうか、
今と、まったく変わらないですね^^

この週末に内田樹の「ぼくの住まい論」を読みました。
2011年に、神戸市東灘区に道場兼自宅、を建てたそうで、
日本の林業のことなども、考えさせられる内容でした。
by みかん (2017-01-17 00:30) 

don

みかんさん、こんにちは~
「ぼくの住まい論」ですか。
お金がたくさんあったら、もう1回家を建てたいです。
まだローンが残ってるので、今は無理ですが。

500坪ぐらいの豪邸を、
日本のビバリーヒルズ、芦屋の六麓荘に建ててみたい。
芝生の庭には、桜もあったり、高麗芝のグリーンもあったり。
そこで家族でバーベキューするんですよ。

家の風呂は銭湯みたいにデカくて総檜。しかも温泉。
滝やらジェットやらサウナもついてる。
カラオケボックスルームもあったりして。バーカウンターもある。
そんなとこで老後を送りたいです。

グリーンジャンボの発売日、まだかなぁ・・
[__犬]
by don (2017-01-17 12:39) 

DEBDYLAN

ご無沙汰しております^^;
旧年中はありがとうございましたm(__)m
今年も宜しくお願いします!!

読んでない本、聴いてないCDやレコード・・・
手元にガッツリありますw

by DEBDYLAN (2017-01-17 21:19) 

don

DEBDYLANさんこんばんは~
ご無沙汰してます。お元気でしたでしょうか?
こちらこそ、本年もお願い致します。
[__犬]
by don (2017-01-17 22:33) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました