So-net無料ブログ作成

【サザンオールスターズ1978-1985/スージー鈴木】要約まとめ [音楽]


サザンオールスターズ 1978-1985 (新潮新書)

サザンオールスターズ 1978-1985 (新潮新書)

  • 作者: スージー 鈴木
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/07/13
  • メディア: 新書


【サザンオールスターズ1978-1985/スージー鈴木/17年7月初版】


サザンお好きですか?
東京五輪開会式で歌ってほしい人、2位がサザンでした。
1位は、「芸能人にパフォーマンスしてほしくない」

40年も一線で生き残ってますからねえ。大学生の息子でも知ってますもん。
このまえカラオケでサザン歌ったら、「おとうがサザン歌うとは思わんかった」と。
桑田さんも還暦。むかしでいう三波春夫みたいな存在かもしれませんが。


▼広告▼





みなさんがカラオケで歌うサザンの歌はなんでしょう?
ぼくはマイクハナサーズの「いとしの海岸物語」、初期メドレーです。

若いころの持ちネタで、3回ぐらいヒネリます。
股まで開くジルバ、カラオケはクラリオン、エリーでレイチャールズのモノマネ。

あとはやっぱ真夏の果実、希望のわだち、いつか何処かで、あたりかなぁ。

本書は1978-1985までのサザン。
KUWATA BANDで休止するまでのデビュー&黄金期。
トリビア満載でおもしろいです。

知らなかったですが、桑田のボーカルスタイル、
一般的には、リトルフィートのローウェルジョージの影響が指摘されてるそうです。
桑田がこよなく愛したバンドがリトルフィートで、影響はあからさまだそうで。
ちなみにサザンのデビュー作には「いとしのフィート」という曲があり、
当時のサザンとリトルフィートは、人数、楽器とも同じ編成。

あと尊敬してたのは宇崎竜童。
デビュー後に宇崎を訪問し、事務所に入れてくれとお願いしたことがあると。
「Hey Ryudo」は宇崎のことを歌ったもの。

ミッキー吉野は、桑田から柳ジョージを紹介してほしいと頼まれたそう。

「吉田拓郎の唄」があるぐらいだから、吉田拓郎にも影響受けてる。
「吉田拓郎を聴いて、音楽で金を稼ぐって、すげぇいいなと思ったんです」

キャロルの歌は、「鼻についちゃったんだよね」とあからさまに否定。
とはいえ「日本語をロックに乗せるパイオニア」の歴史にはつながってます。

本書によると以下。
萩原健一(ザ・テンプターズ)⇒矢沢永吉、ジョニー大倉⇒桑田⇒佐野元春⇒岡村靖幸。
はっぴいえんど・大瀧詠一や、ジャックス・早川義夫は、セールス面から上の流れから、
一段劣ると。


興味深かったのが、83年ごろNYで「綺麗」をボブクリアマウンテンに聴かせたという話。
NYで聴いた「綺麗」の音は「けっこうみじめな音」をしていて、ショックを受けたという。
そのうえ、なぜ音が貧弱なのかその理由について、ボブクリアマウンテンから、
「やっぱりセンス」「血ですな」といわれ、さらに落ち込んだという。

ふーむ・・

80年代前半の、ブライアンアダムスやホールアンドオーツ、ブルーススプリングスティーン、
なんかの音作ってた人です。名エンジニア。

当時は洋楽ブームでした。
やっぱあきらかにミキシングが劣ってました。邦楽は。
テレビで音楽番組見ても、俊ちゃん、マッチ、シブがき隊が日本では売れてる。
むこうはホール&オーツとか。音楽シーンを比べると情けなくなって。

当時、サウンドで対抗できたのは山下達郎と佐野元春ぐらいじゃないですか?
ああ、あと大瀧詠一とYMOか。

サザンも柳ジョージも尾崎豊も、LPの音はペラペラでした。
さだまさしに代表されるフォーク勢は、詩は素晴らしいけどサウンドは語るべくもなく。
なんでブライアンアダムスと音がこんなに違うんだろう、と不思議でした。
やっぱエンジニアかなあと。

以下にその他の読書メモを。


▼広告▼





サザンがはじめてザ・ベストテンに出た日


1978年8月31日、サザンは「今週のスポットライト」で、新宿ロフトから生出演。
「勝手にシンドバット」を弾けるように演奏。一夜にして歴史が変わった。

黒柳徹子「そこは、どういう場所なんですか。歌声喫茶みたいなところですか」
桑田「古いですね、黒柳さん」
黒柳「どんな人がいらっしゃるんですか」
桑田「酒を飲む人・・」ライブハウスがどっと沸く。
黒柳「急上昇で有名におなりですが、あなたたちはアーティストになりたいんですか」
桑田「いえ、目立ちたがり屋の芸人で~す」
最後のフレーズは事前に台本に書かれていたフレーズらしい。

この発言の影響か、その後しばらくサザンはコミックバンドとして扱われる。

サザンのデビューシングル「勝手にシンドバッド」は、10月12日に4位に輝く。
その日のベストテンは以下。

1位:世良公則&ツイスト 銃爪(ひきがね)
2位:堀内孝雄 君の瞳は1万ボルト
3位:山口百恵 絶体絶命
4位:サザンオールスターズ 勝手にシンドバッド
5位:西城秀樹 ブルースカイブルー
6位:野口五郎 グッド・ラック
7位:沢田研二 LOVE(抱きしめたい)
8位:ピンクレディ 透明人間
9位:アリス ジョニーの子守唄
10位:郷ひろみ ハリウッド・スキャンダル

なんていうか、こんな時代からいるんですね。サザン^^




いとしのエリーとは誰なのか?


通せつでは4歳上の姉、えり子さんのことを指す。
ビートルズが好きで、インド哲学にハマって、部屋でお香をたいて、外国人の友達も多かった。

もう1つの説として、原由子のことを指すという証拠もある。
桑田の本「ブルー・ノート・スケール」と原由子「娘心にブルースを」に詳しい。

・デビュー前、桑田は原由子にプロポーズし、原はそれを受ける。
・しかし桑田は偶然に再会した、小中学校の同級生Bさんと恋に落ちる。
・Bさんは桑田に結婚を強く迫っていて、桑田は戸惑っていた。
・79年1月下旬の夜、「好きな人ができた」と桑田は原に告げ、一瞬2人は別れる。
・しかし翌日、まぶたをはらした桑田が、原に結婚しようと再プロポーズ。
・2月のある晩、曲ができたといって、桑田が原に電話越しで「いとしのエリー」を聴かせる。
・3年後の82年、桑田と原は結婚する。

桑田はえり子さんについて、異母姉だったことを告白している。
いくつかのインタビューによると、えり子さんの影響はとても大きかった。
シュラバ・ラ・バンバ(92年)では、「大好きなえり子」と歌っている。
岩本えり子、旧姓桑田えり子、08年没、享年56歳。




1979年の明星の表紙


1979年はサザンの第一期黄金期。
いとしのエリーがオリコン2位、ザベストテン1位。
いとしのエリーで、コミックバンドイメージが払しょくされた。

サザンは時代の寵児となった。
芸能雑誌の代表格「月刊明星」79年の12冊の表紙のうち、サザンが3回も登場している。
4月号はサザン+榊原郁恵、9月号はサザン+大場久美子、12月号は何とサザン+山口百恵!

この年サザンは初めて紅白に出演する。
ツイスト「燃えろいい女」と、さだまさし「関白宣言」の間に、サザン「いとしのエリー」
サザンと組み合わされた紅組の歌手は大橋純子。




はっぴいえんど中心史観


音楽ジャーナリズムにおいて、はっぴいえんど「風街ろまん」は奉られすぎ。
逆にサザンとキャロルは低く見積もられ過ぎ。

レコードコレクターズ2010年の特集、日本のロック(フォーク)アルバムベスト100。
1位:はっぴいえんど「風街ろまん」
2位:ジャックス「ジャックスの世界」
3位:シュガーベイブ「SONGS」
4位:細野晴臣「泰安洋行」
5位:サディスティックミカバンド「黒船」

48位:サザン「熱い胸さわぎ」

上記のうち3位は大瀧詠一プロデュース、4位も細野なので、上位5位まで3つはっぴいえんど人脈。
なぜこんな極端な結果になるのか?1つには「日本語ロックの始祖」というレッテル効果。
すべてをはっぴいえんど起点で考える、「はっぴいえんど中心史観」の音楽ライターが多すぎる。
日本語とロックの融合にチャレンジしたのは、テンプターズやフォーク・クルセイダーズもいる。
そして、その日本語ロックを完成させたのは、いうまでもなくサザンオールスターズ。

でははっぴいえんどの功績は何か?
主に大瀧によるロック的な日本語発音の推進や、革新的なコード進行の実践。
松本の文学的な言葉遣い、細野の高度なベース演奏、徹底されたアートワークなど、
いくつもの要素が組み合わされた「数え満貫」。

はっぴいえんどといえば、どことなく知的で、陰鬱で、短命だった。
サザンはすべてその逆。だから前者の方が格上で、サザンが格下。
そんなねじれが音楽ジャーナリズムにはいまだに存在する。





きみのお父さんは 素晴らしい男だった♪
お父さんは亡くなり お母さんは1人になったけど♪
家族みんなで お母さんを支えてほしい♪
お父さんの死は きみの新しい誕生でもあるんだ♪
きみは お父さんに似ている♪
彼はいつも きみの中にいる♪


麻薬中毒で34歳で亡くなったリトル・フィートのローウェル・ジョージ。
その時残された5歳の娘に、ジャクソン・ブラウンはこの歌を贈りました。
ジョージはJBの3つ上の友人で、曲つくりでも協力していました。
ちなみにこの曲の印税は、ローウェル・ジョージの娘にわたります。
ジャクソン・ブラウンで、オブ・ミッシング・パーソンズ♪



桑田の17年8月発売ニューアルバム♪

がらくた (初回生産限定盤A)

がらくた (初回生産限定盤A)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2017/08/23
  • メディア: CD




(関連記事)
【ラストソング 人生の最期に聴く音楽/佐藤由美子/14年12月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-03-10

無人島セレクション~無人島に1つだけ持っていく本、音楽、映画
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2014-10-11

【私を構成する9枚のアルバム】作ってみました
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-03-05


▼広告▼



nice!(15)  コメント(13) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 13

ヒサ

donさん、こんばんは〜
ベストテン見て、サザンで育った僕が来ましたよ〜♪(笑)
しかもniceを一番でつけたのは初めてかもしれません。
何かください(笑)

サザンは全部が好きなワケではないのですけど、「ふぞろいの林檎たち」にBGMで使われていた曲は全部好きです。「C調言葉にご用心」「思い過ごしも恋のうち」「YaYa」今聴いてもグッと来ます。

一番好きなのは「真夏の果実」ですね。沁みます・・・

洋楽に対抗できたのは山下達郎と佐野元春というのは同感ですけど、さりげなくユーミンもあの頃は最前線の音造りだったと思います。

彼女はフォークだとばっかり思って一切聞かなかったのですけど、「Voyger」というアルバムを最初に聞いた衝撃は・・・それまでの固定観念が吹き飛ばされて「バカバカバカ、俺のバカ」と豆腐を頭にぶつけていました。19歳くらいの時です(笑)

脈絡がない文章で大変申し訳ありませんでした!
今日はiTunesでサザン&Kuwata大会で夜が更けそうです(笑)

by ヒサ (2017-08-08 22:48) 

song4u

カラオケは嫌いじゃないけど、サザンを歌ったことがないなあ。
サザンの歌は難しいという勝手な思い込みがあります。
強いて言えば、やっぱり「真夏の果実」かなあ?
正直な話、有名な曲しか知らないのでお話になりません^^;
by song4u (2017-08-09 08:54) 

青山実花

サザンの曲で、
カラオケで必ず歌うのは、
「私はピアノ」です。
女性の側からの失恋の気持ちを、
男性の桑田佳祐さんが、
あれほど的確に描けるとは、
本当に凄い事だと思います。




by 青山実花 (2017-08-09 09:55) 

don

ヒサさんこんにちは~
近くにいれば、ジントニックの1杯でもおごりたい気分です^^
ありがとうございます<_ _>

ユーミンですか。
本書でもJPOP最重要人物として、3人の名前があがってました。
山下達郎、ユーミン、桑田圭介です。

じつはユーミンのアルバム、聞いたことないんです。
家に帰ったら、豆腐のカドに頭ぶつけてみます。
あのオバチャン声がどうもねえ。

やっぱ松田聖子とか、今井美樹のような美声がいいです。
聴いてるだけでとろけるような。

やっぱ「真夏の果実」ですか。
歌詞というより、あのメロディですかね。
ぼくも好きです。キーは2つ下げて歌ってますが。

サザン聴くと、若いころ彼女といった、海やプールを思い出します。
もういちどピチピチギャルと青春したいなぁ・・
[__犬]
by don (2017-08-09 12:27) 

don

song4u さんこんにちは~
そうなんですか。サザンは歌わないですか。
そういえば会社の先輩方も、あんまりサザン歌わなかったなぁ。
こんどカラオケで、サザンの練習してみてはいかがでしょうか。
「一人カラオケ」で練習したらいいかも。
今の時代カラオケ、めっちゃ安いですよ。
[__犬]
by don (2017-08-09 12:30) 

don

青山実花 さん、こんにちは~
「私はピアノ」ですか。原由子の歌ですよね。
原由子の歌、けっこういい曲多いです♪
女性曲だったら、研ナオコの「夏をあきらめて」が好きです。
[__犬]
by don (2017-08-09 12:37) 

みかん

donさん、こんばんは^^

今日の川崎市は37℃ですっ(''◇'')ゞ くらくら・・・[__温泉]

サザンいいですね~。 私の十八番(笑)は、
「C調言葉にご用心」「海」
「夏をあきらめて」(これは原曲が研ナオコでしょうか?!)
ですー[__猫] いま、聴きたくなってしまったので、
CD棚からCDを持ってきました[__るんるん]

ヤマタツはCD6枚くらい持っています。
メロディが、色褪せないですね。時代が変わっても
良きものは変わらない~!

by みかん (2017-08-09 18:34) 

Speakeasy

桑田圭祐のボーカルは、ローウェル・ジョージの影響下にあったんですね!勉強になります!
レオン・ラッセルが亡くなった時に、桑田さんがレオン・ラッセルの歌い方を参考にしたとか何とかブログのコメントに書いてしまいました(汗)
ま、間違えた!何時も何時も適当過ぎだ(笑)
矢野晶子もリトル・フィートが大好きで、一緒に録音までしていますよね。

残念ながら私はサザンに関して不感症でして・・・一方、はっぴいえんどは同じアルバムを何枚も買ってしまう程の大ファンです。日本の音楽ジャーナリズム万歳!!!(笑)

ユーミンの声ですか・・・私の姉がユーミンの声が嫌いで、私が「超音波みたいだよね。」と評したら、妙に納得していました。
私自身はユーミンとても好きですよ!

by Speakeasy (2017-08-09 19:35) 

Speakeasy

連投ごめんなすって!

訂正します!
×桑田圭祐→○桑田佳祐
×矢野晶子→○矢野顕子
でした・・・わははははは(笑ってごまかす!)

by Speakeasy (2017-08-09 21:02) 

ぼんぼちぼちぼち

正直なところサザンは嫌いでやす。
どうも生理的に合いやせん。
高校の修学旅行で泊まったホテルに秋のツアーの最中のサザンも泊まってて
同窓生たちが大騒ぎしてやした(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2017-08-09 21:06) 

don

みかんさん、こんにちは~
今日から夏休みで、のんびり過ごしてます。
昨日はスパークリングワイン2日目にチャレンジ。
サランラップでふたをしてたのですが、けっこう飲めます。
ふつうの白ワインより美味かったです。

「C調言葉」はいいですよね。
ぼくもよく歌います。中島みゆきの「時代」に匹敵する名曲。

サザンの古い音はイマイチなんですが、
達郎は古くてもカッコイイんですよねぇ・・
やっぱり「日本一かっこいい落ち武者」だけある。
[__犬]
by don (2017-08-10 11:32) 

don

Speakeasy さん、こんにちは~
こちらこそフレッシュな音楽ネタを、いつも勉強させて頂いてます。
社交辞令じゃなくて本音です。

あの、すいませんぼくも書き間違えてます。
見直すと2か所も書き間違えてました。
ジャクソンブラウンと書くとこを、リトルフィートと書いたり。
かなりいい加減です。人の記憶は書き換えられるし、
思い込みもありますしね。
まあいまの時代、すぐに間違いが露見しますが^^

はっぴいえんどお好きなんですね。
ぼくはぜんぜん聞いたことなくて。
YMO,大瀧詠一、松本隆作品は数多くふれてるのですが、
原点はスルーしてました。

このたび聴いてみると、
イーグルスが出る前の、
キャッチ―じゃないアメリカンロックという感じでした。
なんか初期のPOCOとか、NGDBを聴いてるような気になる。

wikiみるとバッファロースプリングフィールドの影響下だとか。
ああ、リッチー・フューレイ、スティーヴン・スティルス、
ニール・ヤング、ジム・メッシーナの香りがするわけだ。
[__犬]
by don (2017-08-10 11:53) 

don

ぼんぼちぼちぼちさん、こんにちは~
サザンは合いませんか。
けっこうそんな人多いと思います。
とはいえ長く君臨してるので、なんだかんだでみんな慣れてきた^^
[__犬]
by don (2017-08-10 11:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。