So-net無料ブログ作成

電気自動車はいつから普及する?~【大局を読む/長谷川慶太郎】より [本/Biz経済]


2018長谷川慶太郎の大局を読む

2018長谷川慶太郎の大局を読む

  • 作者: 長谷川 慶太郎
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/10/12
  • メディア: 単行本


【大局を読む/長谷川慶太郎/17年10月初版】


長谷川慶太郎の本は好きです。
だいたい3カ月に一冊ぐらい新刊が出る。政治、経済、世界情勢の解説本です。
世の中のことがよくわかる面白い本。いつも読書メモでいっぱいになる。

今回は読書メモが少なかった。
トランプの政策、安倍政権、欧州の金融、中国の今後について書いてある。
本なので当たりハズレはありますが、それにしてもいつもの読みごたえがない。
北朝鮮がらみの安全保障の話が多かったから、つまらなかったのか。

1990年代半ば。ぼくは司馬さんのファンで、毎月1回の連載を楽しみにしていました。
95年の後半頃から、司馬さんの連載が面白くなくなった。そういうのって読者は感じます。
体力の衰えがあったのだと思う。情報が足で稼げなくなったのかもしれない。
新鮮かつ独自な情報がなくなり、分析とか思いだけになった。

長谷川先生は1927年生まれの90歳。執筆は口述で誰かが記述する。
体力的には大丈夫だろうか。この人の本はまだまだ読んでいたい。
長く健康でいて欲しい。心の底からそう思う。


今回は以下3つの読書メモを。
・なぜ憲法9条に3項追加を提唱するのか?
・なぜトランプは公約の「中国を為替操作国に認定」できないのか?
・自動車EV化の時期はいつごろか?


▼広告▼





なぜ憲法9条に3項追加を提唱するのか?


自衛隊員がPKOで武装集団に襲撃され発砲し、誤って民間人を傷つけたらどうなるのか?

PKOは国家の指示で行われているにもかかわらず、
自衛隊には軍法がないため、自衛隊員は刑法によって個人の犯罪として裁かれてしまう。
つまり軍法があれば罪が軽減されるのに、自衛隊員にはそれが適用されない。

また軍隊の隊員は海外で捕虜になっても、
捕虜の扱いを規定しているジュネーブ条約によって、一定の権利が保障される。
しかし自衛隊員はジュネーブ条約の捕虜として扱われない。
不当な扱いを受ける恐れがある。

また危険に身をさらしてPKOや災害救助活動を行っても、勲章がもらえない。
これも自衛隊が軍隊ではないからだ。

憲法9条に三項が加えられて自衛隊が軍隊として認められれば、
併せて軍法もつくられることになるだろう。

「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と総理は5月3日に発言した。
「憲法9条の1項と2項を残しつつ自衛隊を明文で書き込む」

「戦争放棄」の1項と「戦力の不保持」の2項に、
さらに3項として「自衛隊の存在」を書き加えるというもの。
これについては3項を「前項の規定に関わらず自衛のための自衛隊を置く」とすれば、
自衛隊に対する憲法違反という批判は防げるとの意見も出ている。


▼広告▼





なぜトランプは公約の「中国を為替操作国に認定」できないのか?


トランプは選挙中から、
「中国は為替を操作して米国に損害を与えている。
中国からの輸入品には45%の関税を課すべきだ」と主張してきた。
なぜ実現しないのか?

米国財務省の認定基準の問題。
「巨額の対米貿易黒字」「大幅な経常収支黒字」「外国為替市場で持続的かつ一方的な介入」
という3つの基準すべてに該当する国を為替操作国に認定し、
2つに該当する国を監視対象国に指定する。
中国は「巨額の対米貿易黒字」にしか該当しない。

基準の2つに該当する国は、日本、ドイツ、韓国、スイス。
もし中国を為替操作国に認定したいなら、その前にこの4カ国を認定する必要がある。
他の国をまとめて認定するのは政治的にやはり無理なので、中国を認定できない。




自動車EV化の時期はいつごろか?


パリ協定が2016年に発効した。
これをうけて英仏は2040年までに、インドは2030年までに、
ノルウェーとオランダは2025年までに、それぞれエンジン車の国内販売を禁じる。
ドイツは上院で2030年までにエンジン車の国内販売を禁止する決議が下った。
各国がエンジン車を禁止するので、自動車メーカーとしては対応するのが当然。

2016年に走行しているたEVの台数は200万台。1%に満たない。
しかし今後は急増していく。(世界の四輪車は約13億台、うち乗用車は8億台)

IEA(国際エネルギー機関)の予測。
2020年には2000万台、2025年には7000万台に達すると。
100年以上続いたエンジン車の時代が終わるのは意外に早い。

EV開発は4陣営を中心に進む。
トヨタ、VW、アメリカのGM、日産(ルノー&三菱含む)。
スバルやホンダもEVではトヨタか日産のどちらかの陣営に入るだろう。
4陣営のうち開発が一番進んでいるのは三菱を擁する日産だ。





サチモスの新曲で、808♪ 2月15日リリース。
ホンダのCMソングです。今回はyoutubeにフル動画はない。

アマゾン・ミュージック・アンリミテッドでさっそく配信されてました。
プライム会員は年額7800円(650円/月)で4000万曲DLし放題。おトクです。
中田ヤスタカの新作も出てた。

クリスアンダーソンが2009年に「フリー」で予言した通り、
デジタルでオンラインのものは、すべからく無料に近づいていく。
最近は一線を超えてきた。漫画村はマンガを破壊し、avgleはAVを破壊する。




ワンオクとかシシャモとか、邦楽も品ぞろえが増えてきました。



(関連記事)
【ユーロから始まる世界経済の大崩壊/スティグリッツ】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-11-15

【世界大激変/長谷川慶太朗】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-11-01

【マイナス金利の標的/長谷川慶太郎、田村秀男】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26

トヨタ近代史~【トヨトミの野望】書評と要約
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-10-31


▼広告▼



nice!(16)  コメント(8) 
共通テーマ: