So-net無料ブログ作成

村上春樹/走ることについて語るときに僕の語ること [本/文学芸術]


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: ペーパーバック


ぼくが村上春樹をはじめて読んだのは、
デュランデュランとホール&オーツが全盛の時代です。

大森一樹監督で映画化された「風の歌を聴け」。
ジェイズバーを撮影した店(ハーフタイム/三宮)も、
87年の頃にはファンが高じてしばらく通ってました。

この本は自叙伝です。(2007年刊、ランナー視点)
エッセイでもここまでは語ってないですね。
特に大学を卒業して店を始めて、小説家になるまでのところが面白い。
それなりの苦労話もあります。

奥さんに関する描写も、40代前後の刊では、
女はたまらんなという論調が多かったですが、
この本ではリスペクトして書かれています。
そういう意味では品位がある。

肉体と精神は一致するかも、とのくだりは、
短距離タイプの自分から考えて妙に納得しました。

村上春樹は1回/年フルマラソンと1回/年トライアスロンをやってる、
相当にストイックなおっさんです。
趣味は英語の翻訳だし、ぼくにない資質ばかりでうらやましいです。

中古LPレコード収集のマニアで、平気で1日レコード屋にいるようですが、
購入ジャンルは、ジャズ7割、クラシックが残りでロックは少々とのこと。

走りながら聞く曲についての描写要約は以下。
「ストーンズのベガーズバンケットを聞きながら走った。
その前日は、クラプトンのレプタイルを聞きながら走った。
どちらもけちのつけようのない音楽だ。
心にしみるし何度聞いても飽きない。」

トライアスロンに関する曲は、
バイクにブライアンアダムスの「死ぬまで18歳」とかいてるそうです。
バイクはきついらしくてハードな時は、死ぬまで18歳のリフを口ずさみながらこいでるそうです。

ブライアンアダムスで死ぬまで18歳♪



(広告)



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

kaz papa

[嬉しい顔]

そうなかなか深いい話の本ですよね。
  ↓
http://playlog.jp/kazpapa/blog/2007-10-31

1Q84 BOOK3が楽しみですね[嬉しい顔]。
by kaz papa (2010-01-10 21:40) 

don

kazpapaさんこんばんは!
すでに読まれてましたか[嬉しい顔]
book3楽しみです。
by don (2010-01-10 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました