So-net無料ブログ作成

ドル亡き後の世界 / 副島隆彦 [本/Biz経済]


ドル亡き後の世界

ドル亡き後の世界

  • 作者: 副島 隆彦
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2009/10/30
  • メディア: 単行本


副島隆彦は、場合によっては陰謀論系統に分類されることもあります。
反米親中、反自民親民主なところは、常識的でなく違和感がありますが、
言ってることはわりとまともです。

ガイドナーやボルカー、バーナンキ、サマーズなんかの米国の金融財務関係者を、
顔写真つきでどんな思想や悪行があったか解説してます。

世界の皇帝デビッドロックフェラー94歳(シティバンクの会長)と、
ゴールドマンサックスのデビッドの甥っ子のロックフェラーとの覇権争いなどは初耳でした。


この人の予言(そうなりそうな予感は十分にある)
・2年以内に、1ドル=70円になる。⇒2012年に10円になる
・2年以内に、日経平均株価は一瞬5000円以下になる。
・金価格は、現状3000円/gが4000円/g程度まで上がる。
・オバマさんは任期途中で退任し後任はヒラリー
・米国景気は3月から悪化し夏場に少し戻し秋から恐慌12年が大底

新ドルの話は、吉田繁治氏なんかが1年ほど前から詳細に解説してるので新味はないです。
米国が4000兆円の借金を(ドル建て)返すにはそれしかないという理論上の推測です。
ドルと言う基軸通貨だからできるマジックですよね。

デノミによりドルの価値を10分の1に切り下げて400兆円だけ返済する。
しかし官民あわせて800兆円の米国債が80兆円の価値になる日本はたまったものではないですね。


また、副島氏が購入を薦める、厳選した株式60銘柄の巻末付録がついてます。
日経平均株価が、5000円を割ったボトムで底値買いを薦めています。

230p程度ですが字が大きく、3時間程度でさらっと読めます。
文体も平易なのでおすすめです。



アメリカで、YOU CAN DO MAGIC♪
82年のビルボード年間チャートの42位です。




(広告)




nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

シュリンパー

アメリカは4000兆円もの借金を抱えているのですか[!?]
[サーチ]なるほど、対外債務とかナントかいうのもあるみたいですなぁ・・・
ということはー、世界で一番融資されているのはアメリカだっていうことなのか?

あー経済って????
by シュリンパー (2010-02-20 00:30) 

don

シュリンパーさんこんばんは!
どうもそうみたいですね。
まあGDPは日本の3倍近く1300兆円ほど
ありますが。

アメリカに物を売って、
ドルを得ます。これを円に換えると
円高になるので、できません。
それであまったドルで米国債や米国の債権をドルで
購入し資産とします。

米国は債権の販売で還流したドルで再び消費し。。
これが繰り返しです。基軸通貨の強みです。

この外貨準備を中川昭一氏はIMFに融資したので
自分のものと思ってた米国に抹殺されたとのこと。

恐ろしい世界です。
by don (2010-02-20 01:08) 

ゆうてん

米連邦準備理事会による公定歩合引き上げで、ドル高の局面もありましたが長期的に見ると分かりませんね。

書籍のランキングについてですが、アマゾンでは短期間で売上ランキングが発表されているため、短期間に集中して買えば、人気のない本でも上位にランキングされるそうですね。
by ゆうてん (2010-02-22 20:16) 

don

ゆうさんこんばんは!
ドルキャリーの巻き戻しで、ドル高局面もあるでしょうが、
おっしゃるように長期的には下げトレンドでしょう。

今言われてるのは、為替は不美人競争になってるので、
ユーロが絶賛崩壊中でどっちがより醜いかとの判断
なんでしょう。PIGSはどこがデフォルトしてもおかしく
ないですもん。

アマゾンは参考にはしますが、ほんと猫の目なんで
書店の穏やかなランキングが、心地よいです[嬉しい顔]
by don (2010-02-22 23:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました