So-net無料ブログ作成

インドの鉄人 [本/Biz経済]


インドの鉄人 世界をのみ込んだ最後の買収劇

インドの鉄人 世界をのみ込んだ最後の買収劇

  • 作者: ティム・ブーケイ バイロン・ウジー
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2010/01/30
  • メディア: 単行本


ミッタルスチールは、2006年の世界最大規模のM&Aによりアルセロールミッタルとなり、
新日鉄の3倍の規模の会社になりました。

国内大手鉄鋼メーカーは、浮き足立ち、経営陣が困惑していたことを思い出します。

会社は株主のものであることを、強烈に考えさせらる本です。
ぼくたち日本人は、世界でもっとも成功した社会主義国と言われ、
ややもすれば、会社は従業員のものという思想です。

こういう黒船のやり方を読み解くのも、日本の経営陣の責務だと思います。
ぼくはいち労働者ですが(笑)



<生い立ち>
世界で5番目の資産家と言われる、ラクシュミミッタルは、
インドのタール砂漠あたりの小さな町の、5人兄弟の長男として1950年に生まれた。

父親はカルカッタの小さな鉄鋼会社の共同経営者で、ミッタルは学校が終わると、
工場で父の使い走りや、郵便集配室で働いたりした。

16歳になったミッタルは、インドの名門校のセントザビエルカレッジに、
ヒンズーの青年でありながら成績が驚嘆すべきレベルであったため入学が許可された。

1969年にカレッジはじまって以来の最高の成績で卒業し、
21歳でインド式見合いで結婚。25歳まで家業に専念する。

25歳になった彼は、融資を引き出し、インドネシアに新鋭の製鋼所を建設し、
その後はM&Aを繰り返し、現在にいたる。



<概要>
アルセロールとミッタルの敵対的買収の、壮絶なバトルを描いてます。
約400pで字が小さいので、読むのに1WEEKかかりました。

金融と関係国家の法律を駆使したバトルです。
広報戦略も重要です。盗聴も尾行も当たり前のようです。

ミッタル陣営:
ゴールドマンサックス、クレディスイス、シティ他

アルセロール陣営:
モルガンスタンレー、メリルリンチ、ドイツ銀行他

一番印象に残ったのは、ミッタル陣営の中心的役割のゴールドマンの司令塔と、
アルセロール陣営の同じ役割のモルガンの司令塔は、
ザオウイ兄弟(兄がアルセ側)だったことです。
石原兄弟か、藤巻兄弟みたいな優秀な兄弟なんでしょうね。。



<読後感>
世の中の物事には、流れがありそれに逆らったら、だめだということです。
共通の想念があれば、それにむかって流れていく。
アルセ側には錦の御旗がなかったのでしょう。

アルセのCEOは、肝心の場面で、忍耐と配慮ある沈黙が抜けていたようです。

一方のミッタルは、コンピュータのような頭脳と、
人の話をしかっり聞く寛容さを持ち合わせていたようです。



曲のほうは、トイレの神様♪
3月10日発売予定で、キングレコード曰く10年に一度の名曲です。
有線の問い合わせチャートの1位だそうです。
朝からこの曲で、2回ほど涙腺が決壊しました。



(広告)




nice!(0)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 18

シュリンパー

本の表紙はアルセロールのCEO?
テレビでこんな顔を見た記憶が・・・
しかし─
この絵(?)は、見れば見るほど、入江雅人[嬉しい顔]

いつも表面的な感想ですみません
by シュリンパー (2010-03-06 18:39) 

よたろう

こういう曲は久々にしみるなぁ~。[温泉]
by よたろう (2010-03-06 21:01) 

人間国宝

don様
どこを掃除すれば、笑いの女神様に逢えますか?
by 人間国宝 (2010-03-06 21:47) 

don

シュリンパーさんこんばんは!
絵の人は、鉄鋼王のラクシュミミッタル氏です。

入江雅人?はじつは見たことがありません。[悲しい顔]
by don (2010-03-06 23:30) 

don

よたろうさんこんばんは!
さだまさしの、親父の一番長い日を思い出しますよね~。
by don (2010-03-06 23:47) 

don

国宝様
おたからの掃除はいかがでしょうか?
ギャランドゥのおていれも忘れずに[犬]
by don (2010-03-06 23:48) 

人間国宝

お宝の掃除は欠かしてません!
by 人間国宝 (2010-03-07 00:00) 

ゆうてん

=====
限りなく透明にちかいブルー
=====
村上龍を思い出しました。[嬉しい顔]

そういえば、第一生命も株式会社になりますね。
by ゆうてん (2010-03-07 01:41) 

don

国宝さん、おはようございます。
じゃあ、ぴかぴかですね[嬉しい顔]
by don (2010-03-07 09:12) 

don

ゆうさんおはようございます。
はは、主人公がリュウのやつですよね。

「経営陣は株主のサーバントである」という一節が
この本にありましたが、ほんとは相互会社のままで
いたいんでしょうね。[犬]
by don (2010-03-07 09:24) 

バックグランド

トイレの神様。
久しぶりにフォーク・ソングを聞いた気がしますわ。
中々泣かしおりますな~[嬉しい顔]
by バックグランド (2010-03-07 10:23) 

don

バックグランドさんこんにちは!
泣ける歌はいいですね。[嬉しい顔]
by don (2010-03-07 14:33) 

rhythm♭

この本面白そうです!
久しぶりに読書してみようかな 笑

この歌はいけませんw
はじめて聴いたとき顔が涙でぐじゃぐじゃになりました 笑
by rhythm♭ (2010-03-08 22:46) 

don

rhythm♭さんこんばんは!
=====
涙でぐじゃぐじゃになりました 
=====
やっぱりそうですか。すっきり泣けると気持ちいいですよね。

この本でもうひとつ心に残ったのは、家族経営の
ミッタルは、No2の財務担当の息子が、まるで
一卵性のように、CEOの父親と信頼関係で結ばれて
いたことです。内紛、利権のからんだ不信のかたまり
のアルセとは、大きな差があったのは確かです。
by don (2010-03-08 23:11) 

抹茶

「トイレの神様」琴線に触れる曲、参りました!
しかし、この子、ピカピカのトイレよりもベッピンさんです[揺れるハート]
by 抹茶 (2010-03-16 19:21) 

don

さすが抹茶さんです。
なんかコメントみただけで僕もうれしいです[嬉しい顔][嬉しい顔]
by don (2010-03-17 00:18) 

pinoko

初めまして[嬉しい顔]
植村花菜さん、私も応援しています。
今年の紅白は、間違い無いですよね(^-^)[ひらめき]
by pinoko (2010-03-19 13:08) 

don

PINOKOさんはじめまして!
紅白は、10分の歌はかけれないので、
どうやって短くするのか、いまから心配です[嬉しい顔]
by don (2010-03-20 16:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました