So-net無料ブログ作成

1Q84 BooK3/村上春樹 [本/文学芸術]


1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/05/28
  • メディア: 文庫


まあ一言でいえば、アラサーのファンタジー純愛小説かな~。
ジャクソンブラウンのレイトフォーザスカイのような、印象的な末文でした。


「だってあなた、ここのところ立ったまま寝ている馬みたいな顔してるわよ」
どんな顔やねん。。あいかわらずの春樹節です。

「牛河が目の前のきつい苦痛に耐えられるのは、
それよりも更にきつい苦痛が世の中に存在することを身をもって学んできたからだ」
そーなんですよね~、だからみんな逃げずに自分の持ち場を死守するんでしょう。。


あと、NHKと宗教団体を、忌み嫌うものの象徴として扱ってるような気がします。
どちらも不条理だからかな。もちろん肯定してる部分もあります。
世の中には絶対的な正邪はないですから。


もともと真理をずばずばと突いてくる人ですが、61歳になりさらに円熟してきました。
人生を言葉で描ききれてます。

牛河が秀逸なキャラです。だれしも共感する人の暗部を抱え込んでいながらにして、
人の直感(第六感)はこうして磨くべしというモデルになっています。

この前読んだナポレオンヒルの本と同じやりかたで、
牛河は幼少期にみずからの第六感を磨いてました。
村上氏も世界のベストセラーをよんで、モディファイ引用したか、経験から獲得したか。。

なぞもクリアになり、きれいにFINしてますが(一部未回収)、
Book4やBook0の話も持ちあっがってます。

北斗の拳のラオウ編以降のような蛇足になるので、やめてほしいけど、
Book4はこの人の人生経験のなかにない部分になるので、
想像だけで中身あるものを描ききれるか、興味はあります。



BooK1~3を通してのテーマです。ヤナーチェクのシンフォニエッタ♪



(広告)



nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 12

nilp

1Q84って4章もあるんですね[ひらめき]
上下かと思ってました。
第六感なんちゃらとか興味あります[ダッシュ]
by nilp (2010-05-09 19:31) 

don

nilpさんこんばんは!
BooK4は未定ですよ~。ネット上ではいろいろ
言われてますが。[犬]
by don (2010-05-09 22:33) 

ゆうてん

読みたい気持ちはありますが、今の私には分厚過ぎるます。
いい枕になりそうです。[眠い]
by ゆうてん (2010-05-10 18:48) 

シュリンパー

村上龍は何冊か読んだことがありますが
村上春樹はまったくない・・あるけどギブった・・
ものすごい話題になっているこの本もまったく読む気にならないからなー。でも、シンフォニエッタを盛んに引き合いに出されて、テーマだテーマだと言われると、ものすごーく気になります。でも、─。
音楽は聴くに限るな[音楽]
音楽をネタにブログ書いてるけどね〜[手(チョキ)]
by シュリンパー (2010-05-10 21:23) 

人間国宝

小説はあまり読んだ事がないんですが、読みたいと思っている本です。
でも読むのに時間がかかる上、本日、別の実用書を注文したばかりで...いつ恋愛小説を読む余裕が生まれるやら...です。
by 人間国宝 (2010-05-10 23:14) 

don

ゆうさんまいどです!
枕には若干ひくいです。

このまえニトリの低反発枕980円に
ごっつい興味がわきました。
いい夢みれそう~[犬]
by don (2010-05-10 23:51) 

don

シュリンパーさんまいどです~。
=====
音楽は聴くに限るな[音楽]
=====
今日新幹線のなかで、ぼくもそ~思いました。
ぼくはナガラが多いのですが、耳に集中すると
今までキャッチできなかったものが、聴こえました。
ナガラ=聴いてない。と気付きました[犬]
by don (2010-05-10 23:57) 

don

国宝さんこんばんは!
実用書。。
なんでしょう。。昼下がりの四十八手でしょうか。

得意技は。。まんのじ固めですか[犬]
by don (2010-05-11 00:04) 

よたろう

=====
ジャクソンブラウンのレイトフォーザスカイのような
=====
何となく納得できる比喩です。[温泉]
by よたろう (2010-05-12 22:10) 

don

よたろうさんこんばんは!
自分なりの視点で、物事をかたった時に、
共感いただけると、すんごいうれしいです。
ありがとうございます[犬]
by don (2010-05-12 23:40) 

松本ポン太

ボクはハードカバーをじっくり読めないので、村上春樹は初めて「海辺のカフカ」を文庫版で読んでいるところです。
「海辺のカフカ」でも音楽ネタ出てきますね。
「1Q84」ではジョージ・セルのヤナーチェックのCDが大ヒットしたそうですが。
by 松本ポン太 (2010-05-15 10:19) 

don

ポン太さんこんにちは!
そ~なんですよね、かれの本にはいつも音楽ネタ
がでてきます。かれのエッセイを読むと、収集レコードは
ジャズ7割、クラシックが残りで、ロックは少々とありました。
初期の作品は、ジャズ、ロック系、近年はクラシック
ねたが多いですね[嬉しい顔]
by don (2010-05-15 14:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました