So-net無料ブログ作成

「あんぽん孫正義伝」書評と要約 [本/ルポ社会]


あんぽん 孫正義伝

あんぽん 孫正義伝

  • 作者: 佐野 眞一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2012/01/10
  • メディア: 単行本


【あんぽん孫正義伝/佐野眞一/12年1月初版】
豚の糞尿と密造酒の臭いが充満した、佐賀県鳥栖駅前に生まれ、
かつて石を投げられて差別された少年は、いまや日本の命運を握る存在にまでなりました。
祖母が子守をし、祖母のリヤカーに乗って豚の飯、駅前の食堂の残飯を回収して育った幼年時代。
リヤカーは臭くてぬるぬるしていたそうです。あんぽんとは孫一家の通名の安本からきています。

父の孫三憲は商才があり、サラ金、パチンコで大きな富を築き上げます。
パチンコでは九州一のチェーン店になった。
正義が小学校の時に北九州に引越しして豪邸に住んでいます。
在日朝鮮人はまともな職に就けない時代だったので、リスクの高い起業をして、
当たった人は金持ちになっています。ちゃんとリスクテイクしている。

カリスマ(中内功)の佐野眞一が描くこの本は、丹念な取材を重ねています。
争点となってる物事を、両方の言い分、第三者の言い分と複数の取材をすると、
なんとなく全体感が読めてきます。やっぱりいろんな人の意見をたくさん聞くべきだなあ。
その人のフィルターによって物事の見え方は全然変わるものです。


以下に、この本から目についた部分を。


<父親の教育>(数回豪快な父親にインタビューしてる。博多弁丸出しで話が面白い)
父親似で頭がよかった。
小学校の同級生へのインタビューでは、とにかく金持ちの子というイメージで上品で、
頭も学年1~2位レベルで良かったと。ちなみに正義の弟(四男)はホリエモンと同級生の東大卒。

この本に一貫してるのは、父と息子の物語ということ。孫正義をつくったのは父。
在日二世として苦労してのし上がった父親が、孫に英才教育をした。
幼稚園の時に正義の根性を見抜き、5桁の計算を暗算でさせると、
全部正解し(長男はできなかった)、それ以来おまえは天才だ天才だと、
父親いわく一種のマインドコントロールをしながら育てたそうだ。

孫の回顧によると、父親は孫が小さい頃から何でも相談相手にしていた。
実地教育を子供の頃から受けてきた正義からすると、
ハーバードのビジネススクールも東大も幼稚で低脳だそうだ。



<塾のスカウト>
高校1年のときに、中学校の3年時の担任をファミレスに呼び出し、
自分の考えた塾のカリキュラムがここにある、自分は高校生だから経営者ができない、
先生にこの塾の責任者をやってほしいと頼み込んだそうだ。
インタビューに答えた中学教師河東いわく、すごいしっかりしたカリキュラムだったそうです。
父親の仕事はパチンコと金貸しで家には怖い人が出入りし、その仕事に親近感がわかない。
自分は塾がやりたいと訴えたとの事。



<アメリカ行き>
高校1年の2学期に、担任の阿部にアメリカに行きたいと告げる。
阿部はせめて高校を出てからにしろと勧めるが、それでは遅い、僕には時間がないと答える。
そのとき孫は阿部に韓国籍であることを告白し、大学に進んでも韓国籍では教師になれない。
成績のまま東大に進んでも官僚にもなれない。
たとえ韓国籍であってもアメリカの大学を出ていれば日本人はぼくをもっと評価してくれる。
阿部は必死になって高校までは日本にいることを説得したが、孫は折れない。
阿部は校長先生に相談するから待ってというと「もう校長先生には話しておきました」と。
阿部はもう本丸を落としていたのかと、驚愕したそうだ。


(広告)





<25歳からの3年半の入院で3000冊の本>
日本ソフトバンクを立ち上げてからわずか2年ほどで、
慢性肝炎で3年半入院(年表とは合わないが?)した。
その間孫いわく3000冊の本を読んだそうだ。ざっと計算して1ヶ月70冊=1日2冊ですか。
彼の老成した雰囲気は、この間に養われたのだと思う。
ちなみに彼が大きく影響を受けた1冊は「竜馬が行く」



<名前のこと>
日本国籍取得には時間がかかった。まずは親戚が反対。これは説得した。
つぎに法務省から、帰化申請を出すたびに孫という韓国名は使えないと言われた。
孫は通名の安本は堂々としてないと感じ、使いたくなかった。

孫を認めさせるのにトリックを使った。日本人の奥さんの苗字をまず韓国名の孫に変える。
裁判所でなぜ孫にしたいかを聞かれた妻は、それが夫の姓だからと答える。
日本人で韓国姓に変更したいと言われたのは、あなたがはじめてだと裁判所で言われる。

孫は再度法務省へ行き、日本人に孫と言う名前の先例はほんとにないか調べてくれという。
係官は調べ、一人いるあなたの奥さんだ。
こうして通名安本正義は、韓国姓の孫のままで日本に帰化することができた。



<ソフトバンクホークス>
父親の三憲は、昔から西鉄ライオンズの大ファンで、自分のパチンコ屋にもライオンズとつけるほどだった。
三憲は正義にダイエーホークスを買うことを何度か提案したが、
その度に、ソフトバンクではまだ早いと言っていた。
しかしダイエーが産業再生機構に入ったとたん正義は動いた。親孝行ですね。



とにかく面白い1冊でした。本は複数併読することが多いのですが、
今回はフォレストガンプを併読してました。
あの面白いフォレストよりもこちらのほうに手がのびる。
ぐいぐい読ませます。中内のカリスマでは佐野氏は2億円の訴訟を起こされてます。
最近のユニクロの柳井氏も、2億2千万の訴訟を文藝春秋(作者ではなく)を相手にやってます。
カリスマ的な経営者はプライドが高い。

本書も御用ライターが食うためにやる伝記とは、一線を画しています。
ここまで血と骨について書かれても、孫は佐野氏を訴えないと思います。
なんとなく孫正義のファンになってしまいました。
たぶんコンプレックスを推進力にがんばってきた、孫正義の人間味を感じることができたからかな。


♪♪♪
ピンクフロイドで「翼をもった豚」でも貼って韻を踏もうかと思いましたが、
今週のスペシャTVのパワープッシュの楽曲が、なかなか良かったのでこちらにします。
3月15日に大阪でライブしてる、ルーマニアのアレクサンドラスタンでミスターサクソビート♪
この曲のOVのYOUTUBEビューが1億回を突破しています。
分散してるのを合算すると2億超えてそうです。世界中で大人気のようですね。

ボケーっとMTVなんかをみてると、半年に1回くらいこれはブレイクするやろ!
とおもう楽曲があります。この曲も思わず引き込まれました。
今の時代すぐにパソコンで調べられるのが、便利でいいですね。
今後楽曲に恵まれればマドンナクラスになるかも^^
Alexandra Stan - Mr Saxobeat




(広告)



nice!(41)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 41

コメント 18

yukky_z

Alexandra Stan ですね。よく覚えておきます^^
しかし エロカワの上に、歌声も結構イイですね^^v
by yukky_z (2012-03-17 17:39) 

rtfk

この本はぜひ読んでみたいと思っているのです(^m^)
最近仕事で九州一円に行くのですが
地元の人々と話をしても
彼の話題はほとんど出てきません。。。
その謎を解きたいと思っています。。。

by rtfk (2012-03-17 18:45) 

song4u

こんにちは。
一代でこれほどの財を成した人です、叩けばきっとホコリは出るでしょう。
小さな悪事のひとつひとつを並べ立てる人がいますが、少なくとも孫さんの
場合、そういう検証方法では測れない対象だとぼくは感じています。

実はぼくは、孫さんと同じ中学校です。年齢が3つ違いなので、同じ中学校
で学んだ事実はないのですが、それを知った時はビックリしました。
rtfkさんが地元で孫さんの話が出ないと言ってますが、まったくその通り。
彼の痕跡は、雑餉隈などの準地元にはほとんど残っていないようです。

自分のブログには書いておりますが、ぼく的には福岡ダイエーホークスを
救ってくれた時点で、孫正義の名前は「あり」の側に永久に刻まれました。
ソフトバンクの商売のやり方は必ずしも好きではありませんが、そんなことは
取るに足らないことです。率直に言って、実に大した男だと思います。
by song4u (2012-03-17 19:25) 

don

yukky_zさんこんばんは!
なるほど、エロカワですね。なんか幸田來未みたいです^^
by don (2012-03-17 19:49) 

don

rtfkさんこんばんは!
ネタばれ、すいませんでした。
出張時の新幹線のなかででも、ぜひ読んでください。

ちなみにぼくも、日帰りでの小倉行きの出張時に読みました。
(たまたまですが)

by don (2012-03-17 19:52) 

seawind335

やはり、子供の頃から凄かったのですね!
やはり凄い人は凄い!
人の凄いところは、素直に認めて学べばよいと思います。学ぶ必要のないところ、批判すべきところは、それとして。
360度完璧な人間はいないはずですから・・・・
by seawind335 (2012-03-17 20:43) 

mignon

こういう話を読むとつくづく自分の中途半端さが切なくなりますねえ。
by mignon (2012-03-17 23:12) 

paddies

おはようございます。
読んでみたい1冊です。
特に最近は、ネット上での世論に疑問を感じています。
自分の考えをきちんと整理するためにも・・・
もっと本を読まないといけませんね(反省)
by paddies (2012-03-18 06:54) 

don

song4uさんおはようございます!
>取るに足らないことです。率直に言って、実に大した男だと思います。
ぼくも同感です。

この本を読むまでは、ネットに溢れる在日コリアン叩きの延長線上で、
孫&ソフトバンクには、一種の嫌悪感を抱いていましたが、読み終わると、
逆の感情になります。

日本人に帰化してるし、もう許してあげたらいい。
彼ほど猛スピードで生きてる人間は、あまりいないと思います。

彼は高1からアメリカへ行くので、10歳くらいまでは鳥栖、
10~16くらいまでが北九州、それ以降はアメリカなので
地元への足跡が希薄なんでしょう。


by don (2012-03-18 08:45) 

don

seawind335さんおはようございます!
そうですね、素直に認めるべきなんでしょうね。

彼のような偉人は別格として、身近なライバルなんかは
すんなり認めることが難しかったりしますが、素直に
YESといえる、広い心を持ちたいと願います^^
by don (2012-03-18 08:51) 

don

mignonさんおはようございます!
何事もほどほどが一番、中庸がいいと言いますね。
アリストテレスも孔子も言ってます。

どうしても人間は極端に走るので、中間点を見つけることが
大事です。ちなみに卑下と自慢の中間は、誠実です。
追従と無愛想の中間は好意。

中途半端も中庸の一種だと、僕は思っています^^
by don (2012-03-18 08:59) 

don

paddiesさんおはようございます!
>特に最近は、ネット上での世論に疑問を感じています
そうなんですよね、玉石混交ですよね。

おなじ活字を読むなら、時間という費用対効果なら、
本のほうが、一日の長があると思います。もちろん
本にも、当たりはずれがありますが。[__犬]
by don (2012-03-18 09:03) 

heroherosr

今の私はこの人に対して良いイメージを持てないでいますが、本を読めばdonさんのように変われるかもしれませんね。
by heroherosr (2012-03-18 17:29) 

青山実花

めちゃくちゃ興味深い本ですね。
donさんの書かれている全ての内容が。

私は今まで、孫正義という人に、
特に関心を寄せた事はありませんでした。
(ホリエモンの方が分かりやすく、
 マスコミ的な受けも良かったので、
 そちらの方に目がいっていたのかもしれません)
でも、俄然興味が湧いてきました。
図書館で予約します。

 
by 青山実花 (2012-03-18 21:27) 

伊閣蝶

佐野眞一氏は、誠に以てすごいライターだと思います。
私が氏の著作を最初に読んだのは、なんと「原色怪獣怪人大百科」でしたが、当時中学生だった私ですらも、かなり感動したものです。
その後も、極めて丹念な取材を重ねて本質をえぐり出したような本を次々に出し、その都度、うならされました。
しかし、中内氏と柳井氏が佐野氏を訴えたのに、孫氏はそんなことをしなかったというのも、人物の真価を問うにはなかなか面白いエピソードだと思います。
ここのところ本を読むことがだんだん少なくなってきましたが、donさんのブログを拝見すると、読みたい本がたくさん出てきて収拾がつかなくなりそうです。
時間を見つけて読みたいと痛切に感じています。
by 伊閣蝶 (2012-03-19 10:42) 

don

heroherosrさんこんばんは!
SBや孫さんには反感持った人がぼくのまわりにも
たくさんいます。あえて変える必要もないし、
そのままでいいと思いますよ^^
by don (2012-03-20 22:23) 

don

青山実花さんこんばんは!
かいた記事から興味をもって頂きありがとうございます。

ほりえもんは、メルマガが1ヶ月800円くらいで、1万人
に売れているので、それだけで1億円ぐらいの年収が
あるそうですね。彼自身がパンダとなってライブドアの
企業価値を高める戦略をとっていましたが、孫さんは
商売センスというか、先見性が高い。

とてもマネができるタイプの人じゃあないです。
興味の尽きない人です。



by don (2012-03-20 22:32) 

don

伊閣蝶さんこんばんは!
中学生ですか!ファン歴が長いですね。
カリスマといい本作といい、素晴らしいできの本です。

少しぼくの表現がまずく、間違った理解を与えてしまいましたが、
ユニクロのほうの作者は横田氏です。近年のカリスマ経営者が
訴訟を起こしたという括りです。

また孫さんも現時点では訴訟をおこしてませんが、お父さんの
三憲さんからは、相当な抗議が佐野氏にあったようです。
読後感が孫さん贔屓になることと、苦労人の孫さんだから訴え
ないと、ぼくが勝手に予想してるだけです。

もともと読書家の伊閣蝶さんだから、また時間に余裕ができれば
かなりの量を読まれるとおもいます。ぼくの読書メモから読書欲
が出てきたとのこと、とても幸甚です。ありがとうございます^^
by don (2012-03-20 22:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました