So-net無料ブログ作成

苦役列車/西村賢太 [本/文学芸術]






苦役列車 (新潮文庫)

苦役列車 (新潮文庫)

  • 作者: 西村 賢太
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/04/19
  • メディア: 文庫


<苦役列車/西村賢太/11年1月初版>
前田敦子、森山未來で12年7月からロードショー予定の原作本です。
2011年の芥川賞受賞作で、中卒の芥川賞作家として、また受賞時のコメント、
「そろそろ風俗に行こうかなと思っていた」が話題を呼び、異例の売上げとなりました。

ふだんあんまりフィクションは読まないのですが、
ソネブロの映画ブログで珠玉の記事を書かれてる青山実花さんが、
西村賢太にハマッテおられるとのこと。
ふと興味をもち読んでみました。⇒http://aomikamica.blog.so-net.ne.jp/

ぼくは水戸黄門が好きな底の浅い人間で、主人公が不幸になっていくと、
こちらまでドキドキしてきます。つい重ねてしまうんです。だからつらい本は読みたくない。
つらいことは現実だけでいいじゃないですか(笑)ちなみにこの本は全然つらくない。
だからじっくりと考えながら読むことができます。

ひさびさに聞いた日本のブルーズでした。読めば色々と思うことがあります。
文体は、著者が趣味としてる古本めぐりからか古色蒼然。目についたのは、
原因のことを、因と何度も書いてることです。因なんて仏語ですよねぇ。
よく司馬さんが、誰が→たれが、みたいなもので目につきます。
ついまねしちゃいそうです(ウフフ)。

著者がテレビでも公言してて、コンプレックスを見事に克服してるので書きますが、
性犯罪者の息子として中卒で労働に従事し、
社会の底辺からものを見てるからこそ書けることがあります。
いったいたれがそんなことが、今の日本の文壇で書けるでしょうか。
「なんとなくクリスタル」の正反対にいる、地に足のついた偽善のない青春小説です。

私小説ということで、作者に大いにかぶるところがあります。
ひさびさに大笑いした(最近笑ったことが少ない人は、ぜひ大笑いしてください)、
以下の動画と本で書いてることが同じなんです。いわゆるフュージョンです。
動画で大笑いしたあとにこの本を読むと、そのフュージョン具合にニヤリとします。
https://www.youtube.com/watch?v=nLL8X_0QC6Q

主人公の北町貫多(著者は西村賢太)が飲む酒は40代でも宝焼酎です。
あれは4Lで2000円なんです。トリス4Lの2800円と双璧の、アルコール単価が最安値ゾーンです。
飲む酒からしてブルーズ臭がびんびんです。

そういえばブルーススプリングスティーンが、
「キャデラックに乗ってたら、ブルーズは歌えないよ」と、
たしか80年代くらいに言ってましたが、その後のスプリングティーンは別として(笑)、
西村賢太はどうなるのでしょうか、今後が楽しみです。


スプリングスティーンの歌では、心に沁みるハイウエイパトロールマンです。
粗暴な弟をなんとか更正させようとしていた兄が、
たぶん殺人をおかしてしまった弟を職務で国境まで追いかけます。
兄はカナダの国境5マイルのところで、ハイウエイの横に車をよせ、
watched his tail-lights disappear する歌です。


(広告)



nice!(31)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 31

コメント 18

song4u

ぼくは素浪人 月影兵庫が好きな上げ底人間なので、
やっぱりいつでも笑いが欲しい。
だから、ツライばっかりの話は、正直、苦手です。
古色蒼然たる文体? いいかも!^^;

この人、面白すぎ。(爆)
by song4u (2012-05-01 21:52) 

DEBDYLAN

大好きなアルバムです。
心に沁みる曲が目白押しですね!!

by DEBDYLAN (2012-05-01 22:04) 

don

song4uさんこんばんは!
>素浪人 月影兵庫が好きな上げ底人間。

上げ底人間という表現を知らなかったので、ぐぐりました。
土光さんの言葉ですね。勉強になりました。ありがとうございますг○

「土産物店などで、“上げ底”がよく問題になるが、人間もそれと同じで底辺を知らぬ「上げ底人間」は総じて弱い。叩かれ踏まれた体験がないものだから、僕らがなんとも思わぬことでも、何か問題が起きたとき、その対応に右往左往する。しっかりと受け止めて、冷静に対処することができない。」

西村さん面白すぎですよね。こんな動画みたら小説が読みたくなるのが
人情です[__犬]
by don (2012-05-01 22:50) 

don

DEBDYLANさんこんばんは!
お~、やっぱりお好きですか^^

ネブラスカは学生時代に友人にさかんに薦められた1枚でした。
日本の音楽シーンのアイドル歌謡と比べて、
なんと深い詩なんだと驚愕したのが、ついこの前のことの
ようです。おっさんになりました^^光陰矢の如し[__犬]
by don (2012-05-01 22:55) 

mignon

ほんと面白い人
ですねえ。
読みたくなりました。水戸黄門お好きですか?
私も好きです。一時間でばっさり終わるのがしかし放送
打ち切りになって悲しいかぎりです。
by mignon (2012-05-02 04:30) 

rtfk

話題になりましたね♫
私小説は好きなので読みたいと思っています^^)

by rtfk (2012-05-02 10:59) 

yukky_z

本には興味がありますが、前田あっちゃんの映画にはね...^^;
by yukky_z (2012-05-02 12:06) 

heroherosr

今年受賞の田中慎弥さんも面白かったけど、この人も強烈ですよね。
by heroherosr (2012-05-02 17:24) 

don

mignonさんこんばんは!
あんまり面白いので、ぼくも図書館で借りてみました^^
水戸黄門、民放時代劇最期の砦だったのですが。。
もう地上波で時代劇を定期的に見ようとする人は、少なくなった
のでしょうね[__犬]
by don (2012-05-02 21:44) 

don

rtfkさんこんばんは!
自叙伝ならわかるのですが、私小説と言う表現自体、
西村氏ではじめて知りました[__犬]
by don (2012-05-02 21:48) 

don

yukky_zさんこんばんは!
前田のあっちゃん、AKBで人気の子ですよね。

むかしモーニング娘にも人気の子がいましたよね。
名前忘れましたが、弟が銅線盗んだりした。。
誰だったかな。[__犬]
by don (2012-05-02 21:51) 

don

heroherosrさんこんばんは!
お~そういえば今年の人も印象深いですよね。
たしか都知事閣下がどうたら。。石原さんが小説家はなんたら
とか答えたやつですよね。忘れましたけど[__犬]
by don (2012-05-02 21:54) 

月夜のうずのしゅげ

西村賢太氏の小説については同感です。1年前の5月に、<疼痛で仕方なく踊り転げるようなおかしみがある>などと感想をブログに投稿してから、時々読んでいます。
by 月夜のうずのしゅげ (2012-05-03 07:28) 

seawind335

確かに「経験」に裏打ちされた言葉は重いですからね。
by seawind335 (2012-05-03 15:43) 

don

月夜のうずのしゅげさんこんばんは!
時々読まれてますか。ということはわりと癖になるのですね。
また機会があれば読んでみたいと思います^^
by don (2012-05-03 22:41) 

don

seawind335さんこんばんは!
「経験」からでた言葉には逆らえないですよね。
だれもそんなこと経験してない場合は特に[__犬]
by don (2012-05-03 22:44) 

青山実花

私の駄ブログをご紹介くださり、ありがとうございます。
拙い文章から、一人の作家さんにご興味を持たれた事を、
嬉しく思います。

西村氏の凄さは、
デフォルメされているにせよ、
自分を飾らず、ご自身の体験をそのまま表現されている事だと
思います。
西村氏の事を書き始めたら、物凄く長くなりそうなので、
切り上げますが、
シリーズともいえる、貫多と秋恵の同棲生活も
ぜひ読んでほしいです。

今、彼の「寒灯」を借りているのですが、
お恥ずかしいようですが、
毎日毎日、最近の読書といえば、
この本しかないというくらい、繰り返し読んでいます。
最低なんですよ、貫多の秋恵に対する仕打ちが。
大嫌いなんです。
それでも読まずにいられないって、中毒ですかね(笑)。
早く返却しないとヤバそう(笑)。

by 青山実花 (2012-05-04 21:24) 

don

青山実花さんこんにちは!
こちらこそありがとうございます。
読書の幅が広がりました。

「寒灯」ですか。なんかつらそうな同棲生活ですね。
シリーズということは、順番に読んだほうがよさそう。
機会があれば読んでみたいとおもいます。

しかし西村賢太はなぜ青山実花さんを惹きつけるのでしょう。
そこのところは、謎です^^
by don (2012-05-05 11:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました