So-net無料ブログ作成

俵万智3・11短歌集あれから [本/文学芸術]






あれから―俵万智3・11短歌集

あれから―俵万智3・11短歌集

  • 作者: 俵 万智
  • 出版社/メーカー: 今人舎
  • 発売日: 2012/03
  • メディア: 単行本


【俵万智3・11短歌集あれから/俵万智/12年3月初版】


・子を連れて西へ西へと逃げてゆく 愚かな母と言うならば言え



120908_1602~01.JPG

仙台に住んでいたシングルマザーの俵万智は、3・11のあとに7歳の息子を連れて、
沖縄の石垣島へ引っ越しました。どこに住んでいても仕事のできる作家なら、
そういう選択はありなんでしょう。思わずグッとくる歌です。



280万部売れたサラダ記念日は、今の40代以上は多くの人が読んでると思います。
口語短歌が多くの人の共感を呼びました。

・この曲と決めて海岸沿いの道とばす君なり「ホテル・カリフォルニア」

・「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの

・ひところは「世界で一番強かった」父の磁石がうずくまる棚

彼女のお父さんは希土類の世界的な学者で、
一時期世界で一番強い磁石を作ったそうです。
前に読んだ「理工系のための明日への教科書」に、
彼女のお父さんの偉大さが書かれていました。
ところで娘さんは歌人でとか続いて、え、そうなの~という展開だったような。




彼女は30代で不倫をし、その気持ちをチョコレート革命で歌っています。

・水蜜桃(すいみつ)の汁吸うごとく愛されて 前世も我は女と思う

・一枚の膜を隔てて愛しあう 君の理性をときに寂しむ

・抱かれることから始まる一日は 泳ぎ疲れた海に似ている

芸術家には、不倫も芸の肥やしになりますね。

(広告)




「3・11短歌集あれから」から他に気に入った歌を。

・空腹を訴える子と手をつなぐ 百円あれどおにぎりあらず

・ゆきずりの人に貰いしゆでたまご 子よ忘れるなそのゆでたまご

・まだ恋も知らぬ我が子と思うとき 「直ちには」とは意味なき言葉

・世話になる人に頭を深々と 下げる七歳板につきたり

・「家」という漢字を使う例文に 「じぶんの家に早くかえりたい」

・近海もの国産ものを避けながら 寂しき母の午後の買い物

・今のおまえをとっておきたい 海からの風を卵のように丸めて

・「オレが今マリオなんだよ」島に来て 子はゲーム機に触れなくなりぬ




NOTES: 僕を知らない僕 1981-1992

NOTES: 僕を知らない僕 1981-1992

  • 作者: 尾崎 豊
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2012/04/06
  • メディア: 単行本



この前尾崎豊の「NOTES 僕を知らない僕」という、
尾崎の膨大な創作ノートの本を読みましたが、
芸術家と言うのは日常を感性というフィルターを通して、
芸術(この場合は詩)に昇華させることができるんですよね。






俵万智の場合も、青春、不倫、子育て、災害を芸術へ昇華させています。

彼女のあとがきから
「あの日以来、多くの人が考えたことだろう。
自分にとって、一番大切なものは何なのかと。
母親である私には、少しでも安全な場所へ子供を連れていきたいということしかなかった」



ペットショップボーイズでGO WEST♪
西へ行こう そこは平和な土地
西へ行こう そこは自由な雰囲気
西へ行こう 君と僕とで
西へ行こう それが僕たちの運命

原曲はヴィレッジピープルで、ゲイムーブメントのさなか、
西とはサンフランシスコを指しています。

p.s.この前カラオケで歌ったらエライ盛り上がりました。ゲイじゃないけど^^




(広告)



nice!(30)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 30

コメント 22

mignon

俵万智ってシングルマザーだったんですか!!
イメージと違いますね。
西へ西へかあ~。なんとなくそれとなく西方向にはいいことがある気がしますね。
by mignon (2012-09-11 22:55) 

song4u

うーむ、そうですか・・・
と言う以外に手がありませんね、ぼくには。
俗世間の汚れに、まみれ過ぎてしまってますから。(笑)

それにしても石垣は大人気ですね。
これから1ヶ月弱は台風シーズンで大変じゃないかなあ?
by song4u (2012-09-11 23:01) 

don

mignon さんこんばんは!
ひとりで産んだみたいですよ。潔いと言うか、経済力が
あれば男なんかいらないのかも^^;

ぼくも西へ行くほうが、なんとなく気が楽で好きです[__犬]
by don (2012-09-11 23:20) 

don

song4u さんこんばんは!
詩を書くひとは、感受性豊かというか、繊細なのでしょう。
タフになって鈍感力を発揮しだすと、詩なんてかけないかも。

あ、この短歌集にも台風のこと詠んだものがありました。[__犬]
by don (2012-09-11 23:24) 

rtfk

お早う御座います^^)
東へ来ちゃってますが(汗)
西へ西へ・・・感動します。。。
そういえば自宅に彼女の俳句がかけてあったような・・・(汗)
どんな意味なのかなぁ(^w^)


by rtfk (2012-09-12 06:58) 

vega

震災直後の3月下旬、迷った末に名古屋・大阪に向かいました。
新幹線の車中で、もし大きな余震が起きたら…
東京に戻れないかも知れない…と思いました。

こんな状況で、今東京を離れるのか…と家族や友人から…
大阪名古屋の友人からも、今離れて大丈夫なのか…?と…。

でも、行かないわけには行かない…
今ついて行かなければ、一生後悔するだろう…と…。
新幹線の中で抱いた想い、忘れません。

by vega (2012-09-12 21:44) 

don

rtfkさんこんばんは!
お~、彼女の俳句ですか。相田みつおはカレンダーなんかで
よく見かけますが、俵万智のは珍しいですね^^
by don (2012-09-12 23:05) 

don

vegaさんこんばんは!
なにか命がけですね^^

当時はいろんな人が、覚悟をもって動いていたと思います。
あの時期でしか感じられないような思いですね[__犬]
by don (2012-09-12 23:09) 

DEBDYLAN

冒頭の短歌。
母親としての強い意志を感じました。
愚かだなんて言えないっすよ・・・

by DEBDYLAN (2012-09-12 23:50) 

銀狼

今こうして、家族と離れて単身で生活をするようになり、
親として子供をどうしたら守っていけるのか・・・
という自問自答を繰り返しております。
そんな中で、冒頭の歌にはグッとくるものを感じますね。。。
感性も乏しく才能もない私としては、感嘆してしまう歌ばかりです。。。
by 銀狼 (2012-09-13 00:47) 

haku

俵万智さんと「サラダ記念日」って、
名前しか知らず、本を読んだことも無かったんですが、
ナイーブな気持ちを、物凄い表現力で詩に描いているんですね!
いまさらながら、驚きました ^^;
by haku (2012-09-13 08:13) 

heroherosr

愚かだとは思いませんが、感心もできませんね。
by heroherosr (2012-09-13 18:19) 

don

DEBDYLAN さんこんばんは!
言えないですよね。子をもつ親としては。[__犬]
by don (2012-09-13 22:33) 

don

銀狼さんこんばんは!
お~、感じられましたか。ぼくもぐっときました。
精神状態がピュアなときなら、少し涙ぐむぐらいの詩です。

やはりここまで名の知れた歌人と言うのは、
伊達じゃないですね[__犬]
by don (2012-09-13 22:38) 

don

hakuさんこんばんは!
そうなんですよ、表現力がすごい。

思うに、素人とはいえブログなんか書いてると、
適切な言葉とは何かと、いつも考えるじゃないですか。
だから俵万智の言葉の感性が身に沁みるのだと思います。[__犬]
by don (2012-09-13 22:41) 

don

heroherosrさんこんばんは!
冷静ですね^^;
残った人の気持を考えれば、そのとおりなんですけどね。
ま、芸術家ですから[__犬]
by don (2012-09-13 22:43) 

青山実花

こちらの記事とは全く関係のない話で
申し訳ないのですが、
以前、残念な事に削除されてしまっていた、
西村賢太氏の「笑っていいとも」出演時の映像が、
またYOUTUBEにアップされています。

“(放送事故) 西村賢太”と検索すると出てきます。
本当に放送事故のような発言の連発で、
donさんならきっと爆笑できるかと思います(笑)。
お時間とご興味がありましたら、見てみてくださいね。
(もう見られていたら、ごめんなさい)

by 青山実花 (2012-09-17 22:52) 

don

青山実花さんこんばんは!
ありがとうございます。いま拝見しました。

動画増えてますね。NHKの生放送もあったのでついでに
見ました。そこはさすがに抑えてました。TPOを考えてます。

見て思いました。やっぱり人間は正直が一番です。
本音と建前を使い分ける人間が多い中で、誰もいえない
本音をズバリと言う。
それが西村氏の爽快感なんだと思います。
しがみついてない。

偉大です。[__犬]
by don (2012-09-18 22:35) 

みかん

donさん、少々ご無沙汰しておりました^^ 
サラダ記念日、亡くなった母方の祖母がくれて、読んだことがありました。

>「嫁さんになれよ」だなんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの

この歌は、初めて読んだのは結婚するだいぶ前なのですが、
とっても共感できたのをよく覚えています。
村上春樹さんの新エッセイ、私も読みたいなぁ!
追って、ほかの記事も読ませていただきますね(^^)/

by みかん (2012-09-24 09:35) 

don

みかんさんこんばんは!お元気でしたか[__わーい]

ポップなおばあちゃんですね。若いですよ。
たぶんあのころはチューハイライムがはやってた時代だと
思います。居酒屋でチューハイばかり飲んでいました。[__ビール]
掛け声とともに[__るんるん]

今回の春樹氏のエッセイは、すごくリラックスしてます。
なんとなくですが[__犬]

by don (2012-09-25 21:55) 

su-nya

私も母親として、俵万智さんの選択を支持します。私もどこででも暮らせる経済的地盤があったら、西へ西へ、外国へでも行きたいです。
震災直後はパニクって関西へ避難しました。
でも人間の運命わからないもので、たとえば避難先で台風とか、避難途中で飛行機墜落、とか客死することはありえますよね…

一部、「自分さえよければいいのか!」と
フクシマからさえ避難する人を非難する声があると聞きます。
私は、政府も他人も誰も自分を守ってくれない、
自分の子は自分の力で守るしかないと思うのです。

俵さんは単純な言葉でドキッとするような短歌を
作られます。
サラダが流行った当初はふん、と
(嫉妬半分)思っていましたが、
チョコレートとかトライアングルとかいやーすごい人だなぁ、
カワイイ顔してやるなぁとどんどんひれ伏すようになりました(-_-;)
新宿ゴールデン街での一日チーママとか私もやりたい♪

でも彼女の父君が磁石界ですごい方だったとは知りませんでした!
やっぱりね…と
自分の才能のなさを棚に上げて、やっぱり名を上げる人は
代々非凡な家系なんだなぁ。と羨望。
by su-nya (2012-11-18 03:48) 

don

su-nya さんこんばんは!
運命を受け入れるかどうかでしょうね。
ぼくはどちらかというと、受け入れるタイプです。
今までの人生、受身で(なぜか)うまくまわってきたので。
うまくか、まずいか、これも主観、イメージです。
人からみたら最悪の人生かもしれないし^^;

動くか動かないか、その判断の積み重ねが、その人の
人生をこれまで形作ってきていると。

su-nya さんは積極的なタイプなんでしょうね。
相当なパワーがあるのでしょう。ぼくにもそんなパワーが
欲しいです。[__犬]
by don (2012-11-19 22:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました