So-net無料ブログ作成

ぶり返す世界恐慌と軍事衝突/副島隆彦 [本/歴史地政]






ぶり返す世界恐慌と軍事衝突

ぶり返す世界恐慌と軍事衝突

  • 作者: 副島隆彦
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2012/11/01
  • メディア: 単行本


【ぶり返す世界恐慌と軍事衝突/副島隆彦/12年11月初版】
副島本はやっぱり面白かったです。9月に書いて11月初版本で、その後の円高・株安予想は見事にはずれていますが^^衆院選を13年3月と予想してるので、アベノミクスを予想してなかったのでしょう。

こういうマクロ本は、短期で当たりはずれが判明するので、著者は大変です。だけどリスクをとって予測している。ファンダメンタルの見方は外れてないと思います。全般を通して面白い話が多いので、つい読書メモが多くなってしまいました。

いろんなものの見方があるということで何かの参考まで。とくに尖閣問題はこういう見方もある。以下に読書メモを。


<キナ臭い時代>
70~80年に一度は、人類はどこの国でも必ず戦争をしてきた。という冷厳な歴史の事実がある。歴史の法則をバカにはできない。



<オバマの病気>
米国のオバマ大統領はすでに2回倒れている。原因は呼吸器性疾患。この病気は胸が詰まる病気で、黒人男性に多くみられる疾病だ。ネルソンマンデラも2011年にこの病気で入院している。この情報は米国政府内でもかん口令が敷かれている。著者はワシントンから入手した。万一の場合は70歳のバイデン副大統領が大統領となる。その場合はヒラリーが副大統領になる可能性が高い。



<ヒラリーの発言>
12年7月5日、ハーバードでの講演で「中国をこれ以上、経済成長させない。元の貧乏な国に戻す」と発言した。米国務省はpivot to asia「軸足をアジアに移す」の大方針転換を決めて、アジア太平洋での軍事衝突までを視野に入れた行動に出ている。その主眼は、日本を中国にぶつけさせる、という戦略である。



<尖閣問題の著者の考え…かなり中国寄りかもしれませんが>
外務省見解は、1895年(日清戦争終結年)に尖閣諸島が無人島であることと、どの国の支配下にもないことを確認した上で、領有を閣議決定した。その翌年に民間人の商人である古賀氏に対して尖閣諸島5つの島のうち4島を貸与した。だから日本政府も新聞も1895年の閣議決定を根拠に、尖閣が日本の領土であると主張している。しかし閣議決定というのは、「国内でそう決めました」というだけのことだ。

1894年の日清戦争に勝利した日本は、日清講和条約を結んだ。これで日本は清国から台湾と澎湖諸島の割譲を受けた。尖閣諸島は、この台湾の一部だったのだ。沖縄県の一部ではない。

現在の世界体制はヤルタ=ポツダム体制である(連合国がドイツ日本を処分した)。ヤルタ会談では台湾の処理問題も話し合われた。「日本の占領地区である台湾は、中華民国に返還する」と決まった。

日本の外務省は、尖閣諸島は台湾と澎湖諸島には含まれないと主張している。ただ世界的な見方からは、尖閣諸島は台湾諸島の一部と認定されていたようである。

1972年の沖縄返還のとき、南西諸島の一部である尖閣諸島も沖縄とともに「施政権」がアメリカから日本に返還された。この海域は米海軍の管理パトロール下にあった。この施政権が日本に返されたのである。この施政権administration rightというのは主権ではない。主権とは国の所有権の事である。この所有権はどう考えても台湾に帰属している。中国は台湾のことを「台湾省」だと考えている。

尖閣諸島の棚上げについて。1972年に日中共同声明が調印された。外務省の公表した会談記録には、

田中総理:「尖閣諸島についてどう思うか。私にいろいろ言ってくる人がいる。」
周恩来:「今これを話すのはよくない。石油が出るとわかったから、これが問題になった。石油が出なければ台湾も米国も問題にしない。」

1978年の日中平和条約(じつは平和条約を結んでようやく両国の戦争状態は終わる)の時、来日した鄧小平は記者会見で以下のように答えている。「72年の日中国交正常化の際に、双方はこの問題に触れないということを約束した。今回、日中平和友好条約を交渉した際もやはり同じく、この問題に触れないということで一致した。こういう問題は一時棚上げしてもかまわないと思う。我々の世代は知恵が足りない。だが次の世代は、きっと我々より賢くなるだろう。その時は必ず、お互いに皆が受け入れられる、良い方法を見つけることができるだろう」



<最後の余剰生産物>
いくら安くしても売れないものは、大量に廃却処分される。最後に残された余剰生産物は何か?それは人間である。働く気がある人たちを企業が雇い続けることができなければ、失業者となってあふれ出す。作りすぎた工業製品や農産物なら廃却処分してしまえばいい。この問題をどう考えるか。従来はこのような余剰労働力は駆り集められて、兵隊にして戦争という公共事業ならぬ、公共破壊事業で処理、処分されてきた。だから今のアメリカ帝国は戦争をするのだ。みてると5年に一度は戦争をしないともたないのである。

(広告)




<アメリカの住宅ローン事情>
米国の住宅ローン残高は、すべてで12兆ドル(1000兆円)ぐらいである。8000万人ぐらいが借りている。(米人口は2.8億人)アメリカのGDP(13兆ドル。12年実質推計値)とほぼ同じだ。本当はそのうちの半分の6兆ドル(500兆円)ぐらいが、すでに返済不能の腐った住宅ローンになっている。

アメリカの住宅ローンは、ローンで買ったその家を手放して、賃貸アパートに引っ越せば、その家に付いていた住宅ローンごと投げ捨てることができる。これで実質的な損を銀行に押し付けることができるのだ。それでアメリカの銀行の資産の劣化がどんどん膨らんでいった。日本では住宅ローンは、どんなに値下がりしようとも、ローンの支払い放棄はできない。

オバマ政権は、さらに新たな住宅ローンを上層サラリーマン層に組ませて、それを住宅市場の回復と呼んでいる。アメリカのミドルクラスは、1人で3軒から4軒の住宅を持っている。サラリーマン層でも住宅ローンを3つも4つも借りられるのだ。自分の持ってる家でいちばん値下がりの激しい、かつローン残高の大きい物件を、市場で投売りするのではなくて、銀行の住宅ローンごと投げ捨てることで、家ごと銀行に渡してしまう。そうやって借金地獄からいったん逃げて、さらに別個の1個建て(投資用)の住宅ローンを新規に組み立てる。



<欧州の失業>
スペインの25歳未満の失業率が50%を超えている。ポルトガル人はブラジルへ、スペイン人は南米各国へ、すでに100万人単位で職を求めて移住している。旧宗主国だから言葉と文化の壁がないので、移民は受け入れられやすい。



<メガバンクの今後>
日本のメガバンクは今や3つである。①三菱東京UFJ②三井住友銀行③みずほ銀行、である。りそなは2兆円の国家からの借入金で生き延びている。事実上の国家管理銀行である。

だからりそなを、三菱東京UFJに合併させようとして、金融庁や財務省が動いている。そして、みずほ銀行を破綻させて、三井住友銀行と合体させる計画が今も秘かに進行中である。

今や三井住友銀行が非常に財務体質が強い。三菱東京は、アメリカの金融崩れの煽りで、ソロモンブラザースなどの大借金を押し付けられて青色吐息である。社長の永易と元会長の畔柳は今ものたうちまわっている。

幕末明治初年以来の、三菱=ロックフェラーとの150年に及ぶ執念の闘いに、今三井住友=ロスチャイルドが勝利しようとしている。



<野村證券の危機>
野村はどうせ解体処分される。国内営業店舗網だけは、うまみのある資産を持っているから、三菱UFJに投げ渡される。リーマンショックの後、無理やり頼まれて買収したリーマンブラザースのヨーロッパ部門が作ってしまった、国債CDS20兆円ぐらいの「支払い義務」がある。

財務省・金融庁としては、日本政府に打撃が来ないように(日本政府が払えという外国からの動き)、さっさと野村リーマンの跡形を無くしてしまいたい。

ただSBIホールディングスの北尾吉孝(孫とは仲が悪い。ほんとの出資者は雲の上)が、野村證券の株で徹底的に「売り」を仕掛けている。これを日銀ETFが買い支えている。まずSBIに空売りの大失敗を喰わせ先に破綻させた後に、野村を消すという手順になる。



<農林中金の危機>
危機は今も続いている。農林中金は農協(JA)系の大銀行(JAバンクグループの中核銀行)だ。農協全部で125兆円の資金があり、そのうちの50兆円ぐらいを農林中金が運用してきた。この運用部門が激しく傷んでいる。フレディマックとファニーメイ(米国の2大住宅金融公庫)から買ってる債券は、合計で20兆円ぐらいはあるはず。すべて返済されず、パーになるだろう。あと数年の命だ。



<ロボットトレーディング>
超高速トレーディング=HFTは、全取引量の8割を占める。売り持ち、買い持ちのポジションも時間的にごく短い。ポジションは1銘柄あたり最長で9秒。9秒以内に売ったものを買い戻すか、買ったものを売るか決める。さらにHFTは売買速度を1000分の1秒から100万分の1秒へ高速化させている。プライシングは1銭きざみ。100円の銘柄を100円で買い、100.01円で売る。0.01円の差益。

HFTはコモディティ市場にも入っている。ここで使われるのは、ブルームバーグやロイターなどのニュース情報。例えばコンピュータに「JAPAN」と入力して検索をかける。ここで「JAPAN」のヒット件数が多いときは、日本市場に「何かある」ことがわかる。こうやってコンピュータは、その「日本で起きてる何か」いち早く自分で見つけ、それが自分にとってプラス材料なのか、マイナス材料なのかを判断する。そしてプラスであれば関連する銘柄を買い、マイナスならば売る。



<金融工学は役に立たないか>
リスク管理には決定的な問題がある。近い将来に変動が起きる確率を正確に求めることで、リスク管理を行なう。この確率と分布が問題。数千年に一度のはずなのに、100年の間に2回も起きてしまった。金融工学のモデルを使った取引と言うのは、「バックミラーを7つぐらい付けて、バックミラーしか見えないのに、真っ暗の前方に向かって走る車の運転」みたいなもの。

フロントグラスは真っ暗で何も見えない。でもこれまで自分がこれまで走ってきた直前までの光景は、バックミラー越しにものすごくよく見える。だからドライバーは「今は砂地だ」とか「ここは水溜りだ」と認識できる。しかし、このままずっと砂地や水溜りが続く保証はどこにもない。もしかしたら1メートル先は、崖かもしれない。



<バリュー投資>
金融工学がインチキだとバレたのは、リーマンショックのあとのここ数年。おかげで市場が死にかけた。そのなかでウォーレンバフェットやジムロジャースといった、高等数学を使ったバクチ理論とは無縁の投資家が生き残っている。かれらがやってるのは「バリュー投資」という手法。


・バリュー投資の計算式:以下の場合は買い。要は「株式時価総額」が、「正味流動資産(現金同等物)」よりも小さければ買いということ。

 流動資産 - 負債(流動負債+固定負債) = 純流動資産
 純流動資産 ÷ 発行済株式数 = 1株あたりの正味流動資産(解散価値)
 1株あたりの正味流動資産(解散価値) > 株価

バリュー投資の「バリュー」とは、その企業に積み上がっているキャッシュのこと。売上やブランドはバリューではない。今後の成長や将来性も冷酷に無視する。

徹底した安物買いのことで、身も蓋もない言い方をすれば「処分価格」、「企業の解散価値」。日本ではバブル崩壊後、自分が持ってる土地などの固定資産を減損でバサバサ切って売却して、しっかりお金(流動資産)を貯めこんで生き残ってる企業はある。



<サハリンの天然ガス>
LNG天然ガスは運搬賃がパイプラインの2倍になる。それでも価格は原油より安価である。本当はロシア樺太の「サハリン2」の天然ガスを日本までパイプラインを引いて買うべき。

ところが北方四島の一括返還を、日本政府が強行に主張するようアメリカが強要・画策している。だからロシアとの外交交渉がうまくいかない。そのため安価な天然ガスを日本は買えない。このことの日本国内での議論は、厳しくタブーになっている。



<次の日銀総裁>
財務省のドンの武藤敏郎(大和総研理事長)が、4月に次の日銀総裁になり「米国債の大量直接買取」をやる。



(広告)



nice!(22)  コメント(24)  トラックバック(0) 

nice! 22

コメント 24

川島

こんばんは^^

最後の余剰生産物
従来はこのような余剰労働力は駆り集められて、兵隊にして戦争という公共事業ならぬ、公共破壊事業で処理、処分されてきた。

・・・の件は、ぞぞっとしますね(・∀・i)
しかしこれだけの記事整理して書くのに
どれくらいかかります?←興味あり^^w
by 川島 (2013-01-15 22:52) 

don

川島さんこんばんは!
おっしゃるように、ぞっとする話ですね^^;

ところで僕の一人で自由にできる時間は、1週間で
だいたい20時間ほどです。10時間で2~3冊の本を読み、
残りの10時間で記事を2つ書いて、ナイス&コメント返し
をします。一つの記事に3時間+その記事の返礼が2時間
ぐらいだと思います。

そういう意味では、読書ブログというのは、一つの記事に10時間
ぐらいかかってるわけです。しかも文章というのは推敲すれば
するほど良くなる。とても非効率なブログ形態ですね^^;

ぼくの場合は好きでやってるのですが、もう少し本を読みたいので、
ブログに関わる時間を減らすべきか、たまに迷います[__犬]

迷い道 くねくね[__るんるん]
by don (2013-01-15 23:43) 

DEBDYLAN

こういう本は大好きです。
ココでみなさんのように内容について語るほど知識も常識もないけど^^;

それにしても・・・
若い頃のボブもカッコいいっす!!
声に艶と張りがあるのなんのって。
聴き惚れちゃいました♪

by DEBDYLAN (2013-01-16 00:28) 

獏

お早う御座います^^)
書評とあらすじを拝読すると
この本にはけっこうエキセントリックな印象も
持ちますが一部には信ぴょう性もかなり感じます。。。
特に日本を中国にぶちあてようとしているという
米国の思惑は当たっているのではと・・・。
平和憲法があるからと安心するのは米中という
自分たちが法律だ!という国とやってゆくにはあまりに
脆弱な思想だと思われてなりません。。。。

by 獏 (2013-01-16 05:35) 

hanamura

妙でなくて、ミョ~な感想を述べます。
SF的なパラレル・ワールドが現実に存在すると思います。生活している速度、思考の速度、意志決定の速度、行動する速度、時間のズレが様々な不具合(自分・自国に不都合)を発生させている?
昔読んだSFパラレル・ワールドって、平和な未来と、破滅の対比で、私は好きじゃないのですがぁ・・・ミョ~な感想でした。
by hanamura (2013-01-16 07:37) 

川島

おはようございます^^

詳細に回答して頂きありがとうございます。
やっぱり手間かかってますね~!
好きこそでもえらいですね☆
迷い道 くねくね←ウケましたw
by 川島 (2013-01-16 09:48) 

mignon

こんばんは!!
アメリカの住宅ローンってそんなシステムだったんですね。
なんてずさんなシステム。

キナ臭い話も怖いです。
日本が巻き込まれませんように(T_T)
by mignon (2013-01-16 21:27) 

yukky_z

読書ブログって、大変なんですね~?
まぁ 焦らず、マイペースでやっておくんなさい(^^;)!
by yukky_z (2013-01-16 23:38) 

みかん

donさん、おは羊羹[__猫]
迷い道~[__長音2]いやはや、これだけの内容なので時間
かかってるだろうなぁ。。。と漠然と思っていましたが、
そんなにかかってるんですね。 ますます、ありがたく拝読しなくては!

・・・日本を中国にぶつける、なんて、あなおそろしや~[__もうやだ~]
by みかん (2013-01-17 00:09) 

銀狼

尖閣の件、興味深く読ませて頂きました。
>我々の世代は知恵が足りない。
だが 次の世代は、きっと我々より賢くなるだろう。

今の状況を考えると、賢くなっていないようですよね(汗)
by 銀狼 (2013-01-17 00:23) 

haku

とっても興味深いですねぇ
アメリカって戦争を経済活動と位置付けてる部分
大いに感じられますよね ^^;
by haku (2013-01-17 17:46) 

heroherosr

パイプラインを引いてサハリンから天然ガスを引くのは、適度であれば問題ありませんが、あまり依存しすぎるといざというときに大変なことになるのはウクライナを見ればよく分かります。
パイプラインを引くコストを考えると、あまり現実的でないというだけではないでしょうか。
by heroherosr (2013-01-17 20:39) 

don

DEBDYLAN さんこんばんは!
またご謙遜を^^

ボブディランの曲を貼るときは、ついDEBDYLANさんのことが、
頭に浮かびます。ディランはほんとに、若いときから完成して
ますよねぇ[__犬]
by don (2013-01-17 21:02) 

don

獏さんこんばんは!
おっしゃるように、副島氏は言い切ります。
まわりを気にしない、その言論姿勢が爽快です。

氏の見解を聴いてると、あながちウソとは言えないんですよね。
日銀の総裁にしても、9月の時点で予言的に言ってますが、
昨日の新聞では、武藤氏が本命のように書かれていました。

日本は攻撃力がない。抑止力がないので、いいように
やられています。殴ってみろ、殴り返すぞという抑止力が
ほしい。そのうえで平和を維持したいです。

国力に見合う、憲法改正、核武装を早期に実現してほしいと
願います。[__犬]
by don (2013-01-17 21:08) 

don

hanamuraさんこんばんは!

パラレルワールド、1Q84とか世界の終わりとハードボイルド~
なんかがそうですよね。別の世界と行き来ができたら、
なんか楽しそうですね。実際にあったら怖いとおもうけど[__犬]
by don (2013-01-17 21:18) 

don

川島さんこんばんは!

こちらこそ、興味を持っていただいて、ありがとうございます。
たぶん、すごく能力のある人なら、もっとスピーディに処理
できるのだと思います。ちょっと僕が愚鈍なだけかもしれません。

くねくねと、身悶えしています[__犬]
by don (2013-01-17 21:22) 

don

mignonさんこんばんは!
アメリカのシステム、そんなんあり?
と思ってしまいます。借りたお金は、ぜったいに
自分で返すべきものだと思うのですが。

日本が巻き込まれないことを願いますが、思いっきり
当事者なので、いろんな覚悟をしないといけないのかも
しれません。残念ながら[__犬]
by don (2013-01-17 21:25) 

don

yukky_zさんこんばんは!
ありがとうございます。そんなに大変でもないのですが、
時間が足りないですねぇ^^;おっしゃるように、マイペースで
やっていきます[__犬]
by don (2013-01-17 21:29) 

don

みかんさん、こんばんワカメ!
たぶん、できる人ならもっと処理が早いのでしょうが、
ちょっと愚鈍なので^^;

ありがたがられると、恐縮します。だから適当に
読み飛ばしてやってください。素人の要領をえないブログなので。
なにかのお役に立てれば光栄です[__犬]
by don (2013-01-17 21:33) 

don

銀狼さんこんばんは!
そうなんですよ、昔よりかえって悪化しています。
ま、むこうさんが仲良くするつもりがないのが、
最大の要因だと思うのですが。[__犬]
by don (2013-01-17 21:36) 

don

hakuさんこんばんは!
アメリカ、ロシア、中国、フランス、イギリス、
みんな平気で戦争をしますよね。日本人の
戦争アレルギーは異常なのかも。。[__犬]
by don (2013-01-17 21:38) 

don

heroherosr さんこんばんは!
なるほど、そういう見方もありますね。
何事も依存しすぎるのはよくないですね。

やっぱりエネルギー政策は、最大の懸案事項ですね[__犬]
by don (2013-01-17 21:40) 

seawind335

なかなか、ぞっとする内容ですね。。。。

その中で、どう戦略を描いていくかが大切ですね。
by seawind335 (2013-01-20 13:42) 

don

seawind335さんこんばんは!
まぁ極端な意見なので・・・。
穏やかに、生きたいですね[__犬]
by don (2013-01-20 23:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました