So-net無料ブログ作成

「世界の経営学者はいま何を考えているのか」書評と要約 [本/Biz経済]






世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア

  • 作者: 入山 章栄
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2012/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【世界の経営学者はいま何を考えているのか/入山章栄/12年11月初版】
経営学って岡目八目だと思います。リーマンショック前までは景気も良かったので、会社でもいろんな研修がありました。人材教育会社の講義を聴いたり、有名大学の教授を呼んだり、企画部あたりが趣味でやってたような感じはありましたが、たくさんの経営学の話が聴けました。

だいたい課題をグループ討議なんかして、模造紙で発表。先生方が寸評するのですが、いい言葉でうまく表現はしてくれるんですが、評論家なんです。責任がないので好きなことを言う。だったらあなたがやってみればとも言えないし。

経営学に詳しいわけではないですが、前にヘンリーミンツバーグの「戦略サファリ」を読んで感じたことは、やってみないとわからない。ということでした。ホンダの世界の自動車産業への参入は、経営戦略論的にはあきらかに間違いです。1977年の米国のMBA試験でも、ホンダは世界の自動車産業に参入するべきと回答すると、落第点となったようです。

・既に市場は飽和状態であった。
・優れた競争相手が、すでに日本、米国、欧州にいた。
・ホンダは、自動車に関する経験が皆無に等しかった。
・ホンダは、自動車の流通チャネルを持っていなかった。

グーグルだって最初から広告のビジネスモデルを事業計画に取り入れてませんでした。彼らは検索技術をインターネットポータルなどに供与する商売を考えていたのです。やってみないとわからない。佐治敬三じゃないけど「やってみなはれ」なんでしょうね。こういう考え方を「学習主義」と言うようです。一方の「計画主義」はPDCAサイクルを繰り返すことです。だけど不確実性の時代には、綿密な計画を事前に立てるのは至難の業です。計画そのものが立てられず、事業が始まらない。

最近の経営学では計画主義と学習主義の中庸である「リアルオプション」という事業計画法が注目されてるようです。「段階的な投資」です。当たり前の話なんですが…。


以下に読書メモを。


<アメリカの経営学者はドラッカーを読まない>
ドラッカーの言葉は名言ではあっても科学ではない。それらの言葉はけっして社会科学的な意味で理論的に構築されたものではなく、また科学的な手法で検証されたものではない。米国の経営学者は、自分の経験や思いつきだけで、たとえそれが名言のように聞こえても、それをビジネススクールの教育に反映させることをよしとしない。それらは科学的に構築・検証されたものではないので、「真理に近くない」可能性が大いにあるからだ。



<日本の経営学と海外の経営学の違い>
経営学とはケーススタディではない。
欧米型:理論仮説をたて、それを統計的な手法で検証する。演繹的なアプローチ
日本型:一社か数社をたんねんに観察するケーススタディ。帰納的なアプローチ
    ケーススタディから得られた定性的な情報から、経営の法則を引き出す。
(演繹と帰納の理解のための参考サイト:http://fk-plaza.jp/Solution/solu_suiron.htm

経営戦略論の代表的な学術誌「ストラテジック・マネジメント・ジャーナル」に2011年に掲載された57本の実証研究のうち、52本は統計分析。いわゆるケーススタディを用いた論文は5本。

(広告)




<そもそも経営学とは>
アメリカのビジネススクールの学科はおおよそ以下。
・会計学
・ビジネス経済学と公共政策
・ファイナンス
・ヘルスケア経営
・法学とビジネス倫理
・経営学
・マーケティング
・オペレーションと情報経営
・不動産学
・統計学

経営学はさらに細分化される。
130202_1502~01.JPG
まずおおまかにマクロとミクロに分かれる。ミクロ分野は、企業内部の組織設計や人間関係を分析する研究領域で、「組織行動論」と呼ばれる。たとえば企業内の人事制度、上司部下の関係、企業内の効率的なグループ編成、リーダーシップのあり方が研究トピック。

マクロ分野は、企業を一つの単位としてとらえ、その行動や他企業との競争関係、協調関係、組織構造のあり方を分析する分野。その代表は「経営戦略論」。経営戦略論とは、企業がライバル企業との競争の中でどのような行動をとれば、優れたパフォーマンスを実現できるか考える学問。マイケルポーターがこの分野を確立した第一人者。ファイブフォースやバリューチェーンは企業研修等でも有名。

さらにこれらの分野を横断する研究分野がある。多国籍企業を研究する国際経営論、ベンチャーや起業家を研究するアントレプレナーシップ論、イノベーションや製品開発を分析する技術経営論など。



<マイケルポーターの戦略>
ポーターの競争戦略とは「どうやって競合他社との競争を避けるか」「競争しない戦略」のことである。なるべく競争の少ない産業を選び、ライバルよりもユニークなポジションをとれば、他社とガチンコで競争しないですむから、結果として安定した収益を得られる。すなわち持続的な競争優位が得られるという主張。もう少し詳しく。

そもそも企業の究極の目的とは何か。競争戦略論では「持続的な競争優位」を獲得する事とされている。ポイントは持続的なというところ。持続的な競争優位を実現するために企業はどうすべきか。それを説明するうえで代表的なのがポーターの考え。経営学では「structure構造、conduct遂行、performance業績」の頭文字をとってSCPパラダイムと呼ばれる。

SCPを一言で表せば「ポジショニング」につきる。企業は優れたポジショニングをとることで、持続的な競争優位を獲得できるということ。ポジショニングには2種類ある。1つは事業を行なう上で適切な産業を選ぶという意味でのポジショニング。SCPでは「企業のあいだの競合度が低く、新規参入が難しく、価格競争が起きにくい産業が望ましい」とされる。とはいえ急に産業は変えられない。

2つめは、今自社がいる産業の中でできるだけユニークなポジションをとりなさい、という。業界内で競合他社と異なるユニークな商品やサービスを提供することができれば、それだけライバルとの直接の競争を避けられる。したがってポーターのSCPでは、いわゆる「差別化戦略」が重視される。



<持続的な競争優位なるものが本当に存在するのか>
ウィギンズとルフエリの衝撃的論文。2人は1972年から1997年までの米国の40産業にわたる6772社の投資利益率などの時系列データを用いて、企業が10年続けて同じ業界のライバルよりも高い業績を残した場合を「持続的な競争優位」をもっているとみなした。そしてそのような企業はどのくらいあるものか、分析した。結果は以下の3点。

①アメリカでは「持続的な競争優位」を実現する企業はたしかに存在するが、その数はすべてのうちの 2~5%にすぎない。

②近年になればなるほど、企業が競争優位を実現できる期間は短くなっている。

③他方でいったん競争優位を失って、ふたたび競争優位を獲得する企業が増加している。すなわち現在 の優れた企業とは、長い間安定して競争優位を保っているのではなく、一時的な優位をくさりのよう につないで、結果として長期的に高い業績を得ているようにみえている。



<トランザクティブメモリー>
組織の記憶力に重要なことは、組織全体が何を覚えているかではなく、組織の各メンバーが他メンバーの「誰が何を知っているか」を知っておくことである。これは近年の組織学習研究においてきわめて重要な考え方となっている。


ランディニューマンでthe world isn't fair [るんるん] 胸を打つ歌です。

カールマルクス少年はすべてを読んだ♪
搾取がなく 公平な世界を築くために♪

だけど金持ちはさらに金持ちになり♪
貧しいものはさらに貧しくなる♪

あぁカール 世界はフェアじゃない♪
これからもそうだろう♪




(広告)



nice!(19)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 19

コメント 18

hanamura

算数できないのに某検定のため統計を学習中です。とても刺激をうけました。
「企業の目的は顧客の創造である。」
科学的ではない?根性論?現在の経営「学者」で、経営者でなければ、将来の経営者(起業家)でもない・・・が考えていること?(発想)なのかな?
by hanamura (2013-02-06 05:49) 

獏

お早う御座います^^)
経営とは理論とけいけんに基づいて最適な判断を下すこと・・・
でしょうか(^w^)
理屈は分からずともしっかりと出来ている経営者もいるでしょうし
様々な理論武装をしていい判断をしている人もいるでしょうね!
起業した時と全く違う業種業態になって成功している会社を
知っているのですがカメレオンのように変わり身が早かったのも
最適な判断を下し続けてきたからなんだろうなぁと思っています。。。
スイマセン 話がソレました・・・(@@;)


by 獏 (2013-02-06 06:12) 

haku

そう言えば昔は経営の研修って良く受講させられました
マネーゲームみたいなものをやったり... ^^;
ほとんど身についてませんが (><)
がっちりマンデーに取り上げられるような、
新手のユニークな会社もいろいろ出て来てますが、
経営学でそれを存続できるかどうかが問題なんですね?
今の世の中、あまり普遍性って無いような気もしますが ^^;
by haku (2013-02-06 08:04) 

heroherosr

ホンダの世界の自動車産業に参入で、1977年に既に市場が飽和状態であったというのはアメリカ市場のことなんでしょうね、世界市場が飽和状態という訳ないですよね。
経営に限らず何事もやってみなければわからないですね。
by heroherosr (2013-02-06 17:09) 

銀狼

一応、大学時代にこの手の講義を受けてきたはずなのですが・・・
改めて記事を読ませて頂いて「あぁ、そういえば・・・」と思う事ばかり^^;
現在は、とにかく安価で提供するという事に重きが置かれがちな世の中に
なってしまいましたが、商品力なり企画力などで他社との差別化を
図れる企業が本当に少なくなってきたように感じますね。。。
by 銀狼 (2013-02-06 19:33) 

DEBDYLAN

全く解かりましぇん^^;
そんなアホな僕が思う偉い人ってのは・・・
僕みたいな野郎にも解かるように話してくれる人なんだなぁ。
勉強しろって?
机上の理論だけじゃ信用できないっすw
現場っすよ現場。
まぁ現場もソレを理解して応用できる人がいないとアレなんだけど^^;

ランディ・ニューマンの曲、良かったです^^♪

by DEBDYLAN (2013-02-06 23:07) 

川島

こんばんは^^

フォーブスの表紙を飾り続けた経営者は殆どいないと聞いたことがありますw
栄枯盛衰、中小零細企業の社長さんは誰もが何らかの伝説(黄金期等w)と並み以上の能力を持ってます、それでも会社が伸びているのはほんの「ひとつまみ」あるかないかです。

まわりにいるひとつまみの方をみると、
時代に合わせた変化対応能力が優れているか、
時代を動かし創るイノベーションパワーがハンパないかですねw

by 川島 (2013-02-07 00:45) 

seawind335

単純な話なのですが、経営ってどの選択肢を選ぶかより、どれだけ選んだ選択肢を全社一丸となってやり切れるか、が成否を分けるような気もします。(^_^;)
by seawind335 (2013-02-07 01:27) 

mignon

donさんこんにちは!
そう言えば、昔経営コンサルタントの方がおっしゃってましたが、
会社を上手く動かすように話してはいるけれど、本当のところ自分が喋ったことで社員どうしがちょっと揉めるくらいがいいそうです。
なぜなら会社が上手くいってしまうと自分の仕事がなくなるから!!
だそうです。。
by mignon (2013-02-07 11:12) 

don

獏さんこんばんは~
>経営とは理論とけいけんに基づいて最適な判断を下すこと・・・

最適な判断を積み重ねて、変化を恐れずまい進できる人は
強いですよね。なかなか凡人にはマネできません。

ぼくなんかは新しい風が吹くと、固まってますもん[__犬]
by don (2013-02-07 23:02) 

don

haku さんこんばんは~
研修ってほんと身につかないですよね^^;
ほとんどの事は、忘れてしまいます。

おっしゃるように、今の世の中普遍性はないんでしょう。
読み難い時代です[__犬]
by don (2013-02-07 23:05) 

don

heroherosr さんこんばんは~
アメリカというか、当時の西側先進国のことでしょう。

中国なんか文化大革命なんかしてる時代ですし、
BRICSが伸びる(ロシアは別問題)なんて、想像も
できない時代だったと思います。その時点の市場は
飽和と表現してもいいような気がします。

おっしゃるように何事もやってみないとわからないですね[__犬]
by don (2013-02-07 23:10) 

don

銀狼さんこんばんは~
情報の伝達が早いですからね~。
新技術もすぐに模倣されますし。

高い価格を維持するのは、難しいんでしょうね[__犬]
by don (2013-02-07 23:13) 

don

DEBDYLAN さんこんばんは~
またまたご謙遜を^^

>現場もソレを理解して応用できる人がいないとアレなんだけど
そうなんですよね。司令塔がいないと烏合の衆になります。

そういう意味では、教育やすぐれた経験は必要なんだと思います。

ランディニューマンの歌は、派手さはないですが一味違います。
なにか惹かれるものがあります[__犬]
by don (2013-02-07 23:18) 

don

川島さんこんばんは~
継続は力なり。ですよね。ほんと難しい。

中小の社長さんの黄金期話好きです。やっぱり経営者と言うのは、
サラリーマンと違って、独特の視点があって話してると感銘を受ける
ことが多いです。

ある社長さんは、全盛期(30年ほど前)に、家で寝てると大丸の
外商がやってきて、足の寸法を図って、履をたくさん置いていった。
とか、イメルダ夫人のようなことを飲んだ時に言ってました。

そういう小ネタをいくつか持っといて、人をびっくりさせるのが
好きなんでしょうね[__犬]
by don (2013-02-07 23:24) 

don

seawind335さんこんばんは~
ナルホド。たしかにベクトルを合わせるのは大事でしょうね。
拡散波動砲じゃなくて、一点に集中すれば白色彗星も倒せる。

ただ古代進のターゲットスコープの狙いが外れると、
ズオーダー大帝の勝ちになります[__犬]
by don (2013-02-07 23:27) 

don

mignon さんこんばんは~
商売なんですね^^;

医者のようですね。名医はすぐに治してしまうけど儲からない。
適当にダラダラ通ってもらって、診療継続するほうが儲かる。

名医の評判がたてば、千客万来でもっと儲かるような気もしますが、
そんなに多くの顧客はいない市場なのでしょうか[__犬]
by don (2013-02-07 23:32) 

don

hanamuraさんこんばんは~
統計の学習お疲れさまです。
>「企業の目的は顧客の創造である。」
ドラッカーの言葉ですよね。

「未来を予測する最良の方法は、未来を創造することである」
名言がたくさんありますよね。

学者は理屈っぽいんでしょう [__犬]

by don (2013-02-08 22:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました