So-net無料ブログ作成

池上彰と考える、仏教って何ですか [本/宗教哲学]


池上彰と考える、仏教って何ですか?

池上彰と考える、仏教って何ですか?

  • 作者: 池上彰
  • 出版社/メーカー: 飛鳥新社
  • 発売日: 2012/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【池上彰と考える、仏教って何ですか/池上彰/12年8月初版】
ブログのコメント欄で、教えてもらった本。ダライラマと池上彰氏の対談本です。

ソネットブログのいい所は、こんな素人ブログでもコメントを頂けるところです。
そういうシステムは魅力的です。十人十色の考えがあって、いろんな「教え」や「気付き」があります。
コメントして頂くみなさま、ありがとうございます<_ _>

▼広告▼




仏教関連は司馬さんの「空海の風景」で興味を持って、自分なりにいろんな本を読んできました。
それなりに理解したつもりになってるので、最近はあんまり読んでませんでした。

この本で池上氏はダライラマに、東日本大震災、原発エネルギー問題、
など様々な事について意見を求めています。読んだ印象としては、「答えは自分の中にある」です。

池上氏自身が、ある種の悟りを得たような聡明な人なので、そういう問答になったのかもしれません。

本は半分ぐらいが、「仏教って何ですか」の池上解説です。やっぱりわかりやすいです^^。
だいたいの流れが網羅されてるので、この本だけで仏教のベースが身につきます。
一点気になったのは、「般若心経」を玄奘三蔵が翻訳したとしているところ。
これは偽経が米欧の定説になっています。

=========
過去記事(お釈迦さまの脳科学/苫米地英人)より抜粋
<般若心経はにせもの>
漢語でつくられた偽経、中国人自身がつくった経は複数あります。
有名な般若心経もその可能性が高いものです。般若心経が偽経というのは、
アメリカやヨーロッパの学会では定説だそうです。

中国人が作った後に、サンスクリットの原典が存在しないのはおかしいという隠蔽工作のために、
8世紀頃にわざわざサンスクリット語の原典を逆訳しています。

仏教の経典は、すべて如是我聞という、私がお釈迦様から聞いた話ではというフレーズから入ります。

ところが般若心経だけは、観自在菩薩から始まります。菩薩という悟りを求める修行者が、
釈迦の十大弟子のサーリプッタに「サーリプッタよ、空について教えてあげよう」という経です。

サーリプッタは悟りを開いた阿羅漢(ブッダ)です。先生をつかまえて、弟子が空をとくという、
ありえない展開の話なのです。

さらに般若心経には、呪文のギャーテーギャーテーの部分があります。釈迦は呪文を禁止していました。
意味がわからないけど暗記して唱えるといいことがあるという呪文(マントラ)は、
思考停止により、宗教の権威を高めるだけの意味しかないからです。
==========

以下に読書メモを。

▼広告▼




<四十九日の供養だけなぜ盛大に執り行うのか>
お経に書かれてるストーリーによると、人は亡くなると七日目には三途の川に到達し、
その後七日ごとに裁判を受けるとされています。

だから七日ごとに法事を営み、よい裁きが得られるよう供養するのです。
閻魔大王は五回目の裁判を担当する裁判官です。七回目の四十九日は最後の裁判です。
浄土に行けるのか、あるいは次にどんな肉体を得るのか、この日の裁判で決まります。
ですから四十九日の法要は盛大に行い、傍聴席からお経を読んで声援を送るのです。




<ダライラマのインタビューより>
私たちチベット人のことについて少しお話しましょうか。私たちは祖国を失いました。
私は十六歳のとき自由を失い、二十五歳のときに祖国を失ったのです。
しかし、希望と決意を失ったことは一度もありません。
自由と祖国を失った時からすでに五十年、六十年の月日が経ちましたが、
今もなお、私は完全な情熱と自信をもってこの問題に立ち向かっています。

⇒いつの日か、チベットが独立できることを祈念します。
非暴力で祈るだけでは国は守れません。この話から何を得るか。
後悔しないためにも、早期の9条改正と、抑止力としての日本の核武装をするべきだと思います。




<輪廻転生について>
人の死について、私はこうとらえています。私が死んだ後、おそらく火葬にされるでしょう。
分子や原子レベルに還元されます。
そして、いずれ原子と原子がまた結びついて、新たな物質の一部になります。
私を構成していたものは消滅することなく、形を変えて残ることになります。
土葬になったら土に還ってまた新たな何かになるのでしょう。

命あるものになるかどうかはともかく、原子・分子のレベルでは、私は残るのです。永遠に。
いつか生き物の一部になることがあるかもしれません。
これが私にとっての輪廻転生だと理屈の上では納得しています。




<ブッダでさえ煩悩を振り払えない>
煩悩の炎を吹き消せば、私たちは心のやすらぎを得ることができ、涅槃(ニルヴァーナ)、
すなわち悟りに至ることができるのです。ブッダは実際に、涅槃の境地に到達しました。

ブッダは涅槃の境地に至り、悟りを開いた後も気をつけていました。
たとえばブッダは一ヶ所に長くとどまることなく、一生旅を続けました。
居場所をもうけてしまうと、その場所や人間関係にとらわれて、離れがたくなったりします。
持ち物が増えれば、それを守りたくなったり、別のものが欲しくなったりしがちです。

そうした欲が頭をもたげるのを防ぐため、信者から寄進された寺に長居せず、布教の旅を続けたのです。
すでに煩悩の姿を見極めたブッダでさえ、油断するとまたからめとられてしまう。
煩悩とはそれほど人間にとって根源的なものなのです。
当初の仏教が俗世間から離れる出家を勧めたのも、
普通の生活をしていては煩悩を断ち切ることはできないからです。


ニルヴァーナのカートコバーンは、人気絶頂の27歳に銃で自分を打ち抜き、涅槃へ旅立ちました。
彼の遺書は、ブッダへ、で始まります。
(遺書全訳参考サイト)

銃に弾を込めろ[るんるん]

輝かしいメジャーデビューアルバムの1曲目の冒頭の歌詞です。因縁を感じます。




Nevermind

Nevermind

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Geffen Records
  • 発売日: 2011/09/22
  • メディア: CD



▼広告▼



nice!(25)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 25

コメント 22

mino

ニルヴァーナ、カートコバーン。
中学、高校の頃、良く聞きました。

アンプラグドもサイコーでした。

カートコバーンがこんな遺書を遺していたのは、知りませんでした。。。

煩悩に捉われた人、カートコバーン。ロックの神様の一人として、ご冥福をお祈りしています。


by mino (2013-04-10 00:18) 

hanamura

チベットが独立と平和を取り戻すように・・・チベットのような国が増えないように・・・。ダライラマと池上彰氏の対談本、これは読まなければ!
by hanamura (2013-04-10 07:05) 

獏

答えは自分の中にあり 輪廻とは原子レベルで
残って他の物質や生き物を組成する・・・・
改めて様々なことを考えさせられますが
仏教は我々の生活や気持ちに歴史的に深く根ざしていて
そのエッセンスが仏教徒ではなくとも感情や考え方の
一部に組み込まれているようにも思えますので
分かりやすいかもしれませんね。。。

by 獏 (2013-04-10 07:30) 

don

minoさんこんばんは~
ありがとうございます。アンプラグド、聞いてなかったので
今しがたディスカスで予約しました。
来月早々には聞いてみます[__るんるん]
by don (2013-04-10 21:58) 

don

hanamura さんこんばんは~
中国の反日教育を考えると、いつ暴発するかわかりません。
備えあれば憂いなし。後悔はしたくないです[__犬]
by don (2013-04-10 22:03) 

don

獏さんこんばんは~
>改めて様々なことを考えさせられますが

そうなんです。輪廻に関しては、言ってることは「葉っぱのフレディ」
と同じだけど、改めて考えさせられました。

答えは自分の中も、みんなが思ってることだと思います。
答えは自分の中です[__犬]
by don (2013-04-10 22:08) 

song4u

ソネットブログの凄いところは、更新頻度が比較的高い上に
こんなに質の高いブログが、いとも簡単に見つかることです。
これは実に恐るべきことです。

>輪廻転生

手塚治虫「火の鳥」の壮大なテーマですね。
原子・分子レベルでは、ぼくたちの欠片は残る。
逆に言えば、ぼくたちは誰かと誰かの欠片で出来ている。
つまりぼくたちは、ぼくたちであって、ぼくたちではない――
・・・ということを言いたいわけではありませんので。念のため。(笑)
by song4u (2013-04-10 22:29) 

銀狼

仏教に限らず、私の周りで宗教論を語る方がいるのですが、
そういう時は必ず「最終的には自分の中の問題」だと言って
かわすようにしちゃってます・・・^^;
by 銀狼 (2013-04-10 23:22) 

mignon

輪廻転生の理屈が分かりすっきりしました。
煩悩は一生断ち切れそうにありませ~ん。
by mignon (2013-04-11 00:11) 

DEBDYLAN

ニルヴァーナのコノ曲、カッコいいですよね♪
ギターがアルペジオになる部分、ぞくぞくします^^。
あのスカスカっぷりがイイんだなぁw

by DEBDYLAN (2013-04-11 00:42) 

みかん

ニルヴァーナとは、「涅槃」という意味だったのですね[__ひらめき]。

今、私は日本のテレビが見られないので、どのくらいメディアに池上氏
が露出しているか知らないのですが、著作だけでも相当ありますよね!
すごいなぁ~。 ウィキペディアで読んだのですが、池上さんの座右の銘は、
「両側から燃え尽きるロウソクでありたい」だそうです[__かわいい]

祖国を失うなんて、とてつもない体験ですよね。。。 
ただ生きて、死ぬ。 というのが人間だとしても、我が祖国ニッポンで
死にたいものです。。。[__ふらふら]
by みかん (2013-04-11 00:51) 

yukky_z

カートも27歳で亡くなったんですよね。やはり彼のいないNirvana なんて、
有り得ませんねぇ,,, 先日彼の亡くなった場所(自宅)や、シーツに包まれた
自身の遺体の写真が公開されてましたぁ...
by yukky_z (2013-04-11 01:48) 

heroherosr

般若心経は大乗仏教が上座部仏教を皮肉っているお経だと昔なにかの本で読んだことがありますが、そうなると当然に後から作られたお経なんでしょうね。
煩悩のかたまりの私は1回死んだぐらいでは涅槃にたどり着けそうもありません(´・ω・`)
by heroherosr (2013-04-11 17:39) 

don

song4uさんこんばんは〜
火の鳥ですか。なんとか編っていうのがたくさんあって、
読みきれてないのですが、輪廻転生がテーマですか。
最近はレンタル漫画を借りてませんが、また読みたく
なりました。ご紹介ありがとうございます。

僕のブログの質ついてはさておき、丁寧な記事を書く事は
心がけています。一期一会なので、たまたま読んだ記事
が粗悪だったら、二度と読んでもらえません。
「おっ」と思ってもらえたら、また読んでもらえます。

やっぱりたくさんの人に読んでもらいたいですよね。
単なる自己顕示欲なんでしょうけど[__犬]
by don (2013-04-12 21:31) 

don

銀狼さんこんばんは〜
宗教観は人によって違いますからねぇ。もめると
戦争にまでなっちゃいます。まぁ宗教に限らず、
自分の考えを人に押し付けるのは、良くないの
でしょうね。気をつけたいです。 [__犬]


by don (2013-04-12 21:33) 

don

mignonさんこんばんは〜
すっきりされましたか^^
お釈迦様でさえ、普通に暮らすと煩悩を断ち切れない
のですから、いわんや我々には…。
最近はあきらめて、煩悩と戯れるようにしています。 [__犬]



by don (2013-04-12 21:33) 

don

DEBDYLANさんこんばんは〜
このアルバムはかっこいいですよね、当時中古盤で
買いました。そんなに聞き込んではないですが、
たまにシャッフルでニルヴァーナがかかると、
お、かっこいいな〜と思います♪[__犬]
by don (2013-04-12 21:34) 

don

みかんさんこんばんは〜
「両側から燃え尽きるロウソクでありたい」
かっこいいですね〜。
「両側からちびていく鉛筆でありたい」
ふと思いつきましたが、ショボショボでした。

ふるさとを離れてだいぶ長いですが、たまに戻りたくなります。
子供のころの見慣れた風景の中で、暮らしたいという欲求は
自分の中で、徐々に大きくなっていきます。 [__犬]
by don (2013-04-12 21:34) 

don

yukky_zさんこんばんは〜
27歳、若いですよね。繊細な人だったのでしょう。
今も人気があるからかもしれませんが、そんな写真を公開
しなくても、と思ってしまいます。

ファンの欲求が強いのかなぁ。 [__犬]
by don (2013-04-12 21:35) 

don

heroherosrさんこんばんは〜
大乗が小乗を皮肉る経ですか。いろんな見方があるんですね。
そういえばむかし、「涅槃で待つ」とかいうセリフがありましたね。
ふと思い出しました。 [__犬]
by don (2013-04-12 21:36) 

ミスカラス

坊さんのお経よりも今東光の説法の方が好きです。



http://youtu.be/ycdeFgpRQCA
by ミスカラス (2013-04-12 21:41) 

don

ミスカラスさんこんばんは~
拝見しました。談志師匠みたいですね。
上方とはちがう、毒舌というか。

「これでいいのだ」と思います。[__犬]
by don (2013-04-12 22:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました