So-net無料ブログ作成

ギリシアから来たソフィア/三橋貴明&さかき蓮 [本/文学芸術]


希臘から来たソフィア

希臘から来たソフィア

  • 作者: さかき漣
  • 出版社/メーカー: 株式会社自由社
  • 発売日: 2013/03/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【ギリシアから来たソフィア/三橋貴明&さかき蓮/13年3月初版】
純愛小説。コレキヨの恋文、真冬の向日葵、に続く3部作完結編です。三橋貴明&さかき蓮の共作も3作目となり、パートナーシップが深化したのか、とても読みやすく面白くなりました。小説としては、やっぱり恋愛が絡むと面白いということか。

1作目から読む必要はありません。1作目、2作目の主人公が本作にも登場するので、読んでれば世界観がわかるというメリットはありますが、読みやすい3作目から読んだほうがいいような気もします。 ファーストガンダム見てなくても、Zガンダムが楽しめるようなもんです。

小説なので、ネタバレはしませんが、ふと、ありえるのか?と思ったのは、プラトニックのまま、求婚 できるのか?ということです。今の時代、そういう人はいるのでしょうか。

この本を読んで得られることのひとつは、ギリシャ神話と日本神話の知識です。主人公とヒロインが お互いの国の神々を紹介します。ギリシャも元は多神教でした。ただバルカン半島にあり、何度も周辺国に蹂躙される中で、キリスト教国(正教徒)になっていきます。

神話ってあんまり興味がわかないんですよね。日本神話といえばヤマタノオロチぐらいしか思い浮かばない。(退治したのは、アマテラスオオミカミの弟のスサノオノミコト)保守系の人が書いたものを読むと、よく日本神話がでるのですが、パラパラっと読んでスルーしてました。なにか荒唐無稽で、現実感がない。さらに今の自分の生活に全く関係ない。ギリシア神話もパッと思いつくのは、メドゥーサぐらいです。見たものを石に変える髪が蛇の女。怖いです。

1週間もすれば、神話の知識なんかはるか忘却の彼方となりそうですが、とりあえず一旦書くことで頭の中に整理できてよかったです。よかったのかなぁ…

以下に読書メモを。

<ギリシアの概要>
ビザンチン時代は同じキリスト教徒(カトリック)の十字軍に侵略されて、コンスタンティノープルを落とされてからは、400年も異教徒のトルコ人に支配されて、やっと独立したらトルコやブルガリアと戦争ばかりになって、第二次大戦ではナチスドイツの支配下で何十万人も飢え死にして、戦争が終わったら共産主義者と内戦になって、内戦が収まったらファシスト軍事政権に国家を蹂躙された。

ギリシアには、大手製造業が一つも無い。度重なるクーデターや内戦、軍事独裁など、政変による混乱が続き、企業が安心して投資できる環境に長らくなかった。ある国において製造業を勃興させるには、国内社会の安定が不可欠。だから政治的混乱が断続的に発生している中東やアフリカ諸国において、まともな製造業を持つ国は、南アフリカのみである。


<ギリシア神話>
130420_1324~01.JPG
ギリシア神話の世界はカオスから始まった。そこにオリンポスを持つ大地ガイア、闇の世界タルタロス、愛の神エロスが生まれた。この四神がギリシア神話の原初の神。

やがてガイアが、天であるウラノスと、海であるポントスを独力で産む。その後ガイアは息子であるウラノスと交わり、オケアノスやテミス、クロノスやレアなどティタン十二柱の神々を産んだ。

クロノスはガイアから依頼され、父ウラノスを襲撃する。ウラノスを倒し世界の支配権を握ったクロノスは、姉妹であるレアと結ばれ、女神ヘスティア、女神デメテル、女神ヘラ、冥界の王ハデス、海の王ポセイドンという五柱の神々が生まれた。

ところがクロノスは、王位を奪われることを恐れ、生まれた子供たちを次々に飲み込んでしまう。そこでレアは最後の子供だけでも助けたいと、クレタ島に行き、主神ゼウスを産む。無事に成長を遂げたゼウスは、クロノスの体内から兄弟たちを助け出した

130420_1325~01.JPG
そしてゼウスを筆頭とするオリンポスの神々は、クロノスを長とするティタンの神々と決戦のときを迎える。ゼウスはティタンの神々を打ち負かすことに成功し、オリンポスの神々による支配を確立した。

その後ゼウスは多くの女神や人間の女性と交わり、その結実として、知恵の女神アテネ、音楽の神アポロン、月の女神アルテミス、戦争の神アレス、鍛冶の神ヘーパイストス、豊穣の神ディオニソス、ペルセウスやヘラクレスなどの半神半人の英雄が生まれた。さらにゼウスはフェニキアの王女エウロペとの間にも子をもうけ、それがミノス王、つまりクレタ島で勃興したミノス文明の祖となった。


<日本の神話>
130420_1326~01.JPG
伊勢神宮の内宮は、日本の主神とでもいうべき天照大御神(アマテラスオオミカミ)を祀っている。外宮には食物や穀物をつかさどる豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)が祀られている。二神とも女神である。

天照大御神は自らの孫であるホノニニギノミコトに葦原中国を治めることを命じた。これが天孫降臨。天照の孫が天下ったゆえに、天孫降臨という。舞台は日向の高千穂。ここでホノニギギノミコトは、コノハナサクヤヒメと結ばれ、ヒコホホデノミコトが生まれるヒコホホデノミコトの孫が、日本国の初代天皇、神武である。

アマテラスオオミカミとは、国生み、神生みの神であるイザナキノミコト、イザナミノミコトとの間に生まれた女神である。つまり日本の天皇陛下は、国の生みの親たるイザナキノミコト、イザナミノミコトの子孫ということになるのだ。


<P29.ジョンレノンについての小説の中の一節。祖父である総理の日記より>
昭和48年2月5日。昨晩、人に薦められ、ジョンレノンのイマジンという曲を聴いた。つたない語学力ながらも訳してみる。「想像してみなさい、国などないと。それほど難しくはないだろう。殺す理由も死ぬ理由もなく、そして宗教も存在しないと。想像なさい、皆が平和の内に生きることを」

国がない世界。もしかしたら将来的には本当に、国がない世界が誕生するかもしれないが、残念ながら殺す理由はなくならない。死ぬ理由も消えない。国家という共同体による制御をなくした民衆が、地球上で互いに互いから無限に奪い合う。勝者はすべてを手に入れ、敗者は喪失するのみ。歌詞の示すように想像するならば、そんな未来が私の眼前に現れる。

コミンテルンの世界革命論といい、ジョンレノンのイマジンといい、なぜ人はこうも簡単に国家を否定できるのか。理由は恐らく、彼らが実際に国家を喪失した経験を持たないためなのではなかろうか。国が存在しない世界を、それこそ想像してみたまえ。警察がない、消防がない、軍隊がいない。治安は崩壊し、外国の軍隊の蹂躙に手をこまねいているしかない。そんな状態が、平和の中で生きている、などと、果たして言えるのか。

2年前のニクソンショック以降、アメリカの銀行家たちが、資本の移動制限を緩和するよう、アメリカ政府に圧力をかけているという。愚かしいことだ。戦後何のためにブレトンウッズで、資本の移動の自由を制限したのか。各国の資本面の結びつきが強まった結果、一国の危機が他国に伝播し、世界的な恐慌状態を引き起こしてしまったという反省からではなかったのか。

国家による制限がなければ、個々人の欲望を抑えることは困難になり、金融家たちの独善的な所得拡大の欲求も制御できなくなる。世界的な金の動きの制限を排していくならば、いずれは必ず金融の暴走を招き、新たなる恐慌を生み出すことになるだろう。金融家も結局は、欲にまみれた一人間だ。彼らが自身の欲望を追求するために、国境線を越え、自由にお金を動かすような世界で、経済が健全に成長するとは到底信じ難い。


歌(詩)はいろんな解釈ができます。ぼくはこの歌は社会主義を通り越し、共産主義の歌だと思っています。マルクスの唯物史観によると、究極の進化系が共産主義です。ある意味理想の世界です。理想を歌ってるからこそ、みんなこの歌を聴くと、やさしい気持ちになるのだと思っています。今さらですが名曲です。

過去記事よりマルクスの唯物史観について、ご参考まで。
現在は資本主義(ハイエク)⇔社会主義(ケインズ)を行ったり来たりです。

唯物史観:
経済が歴史を動かすとするマルクスの説。生産力が生産性の向上によって生産関係にそぐわなくなった時、その矛盾を原動力として歴史も次の段階へ進むとする説。具体的には、
原始共産制⇒奴隷制⇒封建制⇒資本主義⇒社会主義⇒共産主義と進展すると主張した。

封建制から資本主義への移行は、工場での生産によって資本の蓄積が生じたことによって起こった。そして資本主義は様々な矛盾を抱え始める。マルクスによると、矛盾に溢れた資本主義は、革命によって壊され、生産力に応じた社会へと移行せざるをえない。次に来るのは能力に応じて働き、働きに応じて分配するという社会主義。あるいは能力に応じて働き、必要に応じて分配を受けると言う共産主義。

注:社会主義と共産主義の違いはググルとすぐに出ますが、簡単にいうと、大きな政府で高福祉型が社会主義、それが高度に発達して国家権力が死滅、無政府状態になり、私有財産がなくなり共有段階まで来たのが共産主義です。ふふっ中国共産党。名前変えたほうがいいと思いますが…。
     
     
(イマジンの和訳についてヤフー知恵袋より拝借)
Imagine there's no heaven, 想像してみよう、天国なんて無いと
It's easy if you try, やってみればたやすいこと
No hell below us, 僕らの足下には地獄なんてなく
Above us only sky, 僕らの頭の上にはただ青い空が広がっているだけ
Imagine all the people 想像してみよう、みんなで
living for today... 僕らは今日という日のために生きていることを

Imagine there's no countries, 想像してみよう、国なんてないと
It isn't hard to do, そんな難しいことじゃない
Nothing to kill or die for, 殺すことも誰かに殺されることもない
No religion too, 宗教もない世界のことを
Imagine all the people 想像してみよう、僕らみんなが
living life in peace. 平和な人生を送っている姿を

Imagine no possesions, 想像してみよう、財産なんてないって
I wonder if you can, 君にできるだろうか
No need for greed or hunger, どん欲も空腹も一切必要がない
A brotherhood of man, 人間の兄弟愛に満ちた社会を
Imagine all the people 想像してみよう、僕らみんなで
Sharing all the world... 世界のすべてを分かち合っていることを

You may say I'm a dreamer, 君は僕を夢想家だと言うだろう
but I'm not the only one, だけど僕はたった独りじゃない
I hope some day you'll join us, いつか、君も僕らといっしょになって
And the world will live as one. 世界がひとつになって共に生きれればいい





(広告)



nice!(28)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 28

コメント 18

hanamura

神話は人間の欲望を表現したのでしょうか。
人類がみんな修行僧のような生活をしたら即滅亡(成仏)は確実
by hanamura (2013-04-24 05:56) 

獏

国家でなくても何らかの集団が存在しないと
人間という生き物は制御できなくなるのではと思います
集団で生活して命を長らえてきた種ですから。。。
そのひとつの形態が国家かと(@@;)))
国家を否定する場合はアンチテーゼとして
別の集団を定義するだけの理論が必要となってくるでしょうね(><)

by 獏 (2013-04-24 06:04) 

heroherosr

神話けっこう面白いですよ。
この他にも、北欧神話、ケルト神話、エジプト神話、それにクトゥルー神話なんかが好きです。
by heroherosr (2013-04-24 20:15) 

mignon

神話って興味があって本で読んだこともあるのですが、
複雑すぎてすぐ忘れちゃうんですよね。
バッカス=ディオニソスはお酒の神でもありますね。
たぶん・・・・・・私の記憶では。
by mignon (2013-04-25 00:05) 

yukky_z

やっぱ、「Imagine」は和訳すると駄目だねぇ(^^;)?
レノンが英語で歌ってるから、いいんじゃないの...
by yukky_z (2013-04-25 00:34) 

DEBDYLAN

神話の世界は門外漢でして^^;
ジョンの世界は大好き♪
もっと深く聴き込みたいっす!!

by DEBDYLAN (2013-04-25 00:40) 

扶侶夢

>なぜ人はこうも簡単に国家を否定できるのか。理由は恐らく、彼らが実際に国家を喪失した経験を持たないためなのではなかろうか

なるほど!と自分自身の経験も含めて納得しましたね。特に日本人は「無政府状態」というものが理解出来ないから、簡単に国家や政治を否定してしまいます。
良い悪いの判断で情緒的に行動しがちな、危険なパターンが多い理由ですね。
by 扶侶夢 (2013-04-25 09:59) 

don

hanamuraさんこんばんは〜
フロイトは性欲、アドラーは権力欲、でしたでしょうか。人間の欲望が
行動を定義づけています。少なくとも性欲がなくなれば滅亡ですね[__犬]
by don (2013-04-25 20:39) 

don

獏さんこんばんは〜
国家のアンチテーゼですか。さしずめ地球市民あたりでしょうけど。
それぞれの小集団(同一言語、同一民族など)の利害がからむと、
総論賛成各論反対になってしまいます。CO2削減なんかが典型例
なんでしょう。宇宙人でもせめて来ない限り、そう簡単に地球連邦
政府は樹立しないでしょうね。EUは壮大な実験ですが[__犬]
by don (2013-04-25 20:40) 

don

heroherosrさんこんばんは〜
こうやって見ると、いろんな神話があるもんですね。クトゥルー神話なんか
はじめて目にしました。ご紹介ありがとうございました[__犬]
by don (2013-04-25 20:40) 

don

mignonさんこんばんは〜
神話好きなんですね。バッカス、ウイスキーボンボンでありますよね。
緑の箱のやつ。最近何度か買いました。酒の神様ですか。
ちょっとネットで調べてみます。面白そうな気がするので[__犬]
by don (2013-04-25 20:41) 

don

yukky_zさんこんばんは〜
ダメっすか。しょぼ〜ん…。美文訳とは言えませんが、内容は表現
できてて、いいと思うのですが[__犬]
by don (2013-04-25 20:41) 

don

DEBDYLANさんこんばんは〜
門外漢ですか。同じですね。ジョンの世界は面白いです。中央図書館
なんかにいくと、たくさんのジョンレノン本があります。ビートルズ本と
あわせると2〜30冊ぐらいあって一通り読んでみました。

そうすると、ますますジョンレノンのことが好きになってしまいました。
なんでかうまく説明できませんが[__犬]
by don (2013-04-25 20:42) 

don

扶侶夢さんこんばんは〜
国家を否定するのは、頭がお花畑の人たちだと思っています。そういう
人が1割ほどいてもいいとは思いますが、長期間にわたり主流派だった
のは、ある意味幸せな国(ポジション)だったのでしょう。

冷戦が終わり、反日教育世代ばかりとなった中韓に貶められる日本。
頭を完全に切り替える必要があります[__犬]
by don (2013-04-25 20:42) 

銀狼

人間という生き物は本来は自らの欲望の赴くままに
生きて行くものだと思っております。
しかし、それを自らの理性や秩序と外部からの制御によって
コントロールしながら生きているのだろうと。

国家という制御がなくなった事を考えると・・・
争うばかりの生き物になってしまうような気が致しますね。。。
by 銀狼 (2013-04-25 21:04) 

don

銀狼さんこんばんは~
そうですね。自分のことを振り返ってみても、
本能⇔理性どちらにふれるか、日によって違いますよね。

回りがヒャッハ~と傍若無人な振る舞いをしてると、自分だけ
理性的にふるまうと、損した気分になると思います。[__犬]
by don (2013-04-25 22:06) 

川島

イマジンの歌詞ってすごいし素晴らしいと感じました^^
何かとってもとっても大きなことに気付いたかのような・・・

by 川島 (2013-05-04 10:03) 

don

川島さんこんにちは~
改めて歌詞を見てみると、素晴らしい歌詞なんですよ。
さすがですよね[__犬]
by don (2013-05-04 15:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました