So-net無料ブログ作成

【いい文章には型がある】~文章には3つの型がある [本/文学芸術]






いい文章には型がある (PHP新書)

いい文章には型がある (PHP新書)

  • 作者: 吉岡 友治
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2013/02/17
  • メディア: 新書


【いい文章には型がある/吉岡友治/13年3月初版】
文章で人をにっこりと微笑ます。
それができれば最高ですよね。皆さんはどんな文章がお好きですか?

『文章はざっくりと三つの型に分かれる。

論理的な「主張型」の文章では、「問題→解決→根拠」の構成が読者にとって親切であり、
接続詞「そして」は使わないほうがいい。

物語や経過報告は「ストーリー型」に属し、
小説では情景や行動の描写によって人物の心情を示すといった手法が用いられる。

三つ目はエッセイなどの「直感型」。
本書では幸田文の名文などから、個人的体験を普遍的思考につなげる過程を学ぶ。』

文章の型は考えたことがなかったです。特になるほどと思った部分を以下に。




<主張型文章の型>
・問題、解決、理由、説明、例示、結論と進める。

例1
問題:若者の本離れは問題か?

解決:若者が本を読まなくなっても問題はない

理由:本で読む知識はネットでも手に入る

説明:ネットに存在する知識は膨大、無料、簡単

例示:百科事典はwikiに変わった

結論:古いメディアに慣れた人が、新しいメディアを非難するのは間違い。

例2
問題:これから原発をどうすればよいか?

解決:使用しない方がよい

理由:事故が起こると、その後のコストが大きすぎるから

説明:日本では自然災害が多く、事故がおきやすい

例示:福島原発での放射能放出

結論:解決と同じ

・段落の最初の一文で言いたい内容を伝える。ポイントファースト。
そのあとサポートとして細部の情報で補う。

・文はシンプルに。名詞の前の修飾句はカットする、述語もシンプルな形にする。

・結論は解決の繰り返し=新しい内容を書いてはならない。
同じ言葉は能がないので、表現を変える。



<ストーリー型文章の型>
・いつ、どこで、だれ(何)が、何をして、どうなったか、というスタイル。

例(人間失格)
いつ:主人公の子ども時代から青年時代の終わりまで

どこで:故郷青森および東京

だれが:地方の名家出身の男、葉蔵

何をして:様々な女性と関わって。
下宿の娘⇒カフェの女中ツネ子⇒雑誌社に勤めるシヅ子⇒たばこ屋の娘ヨシ子⇒薬屋の奥さん⇒女中テツ

どうなった:破滅した(薬物中毒になって、廃人同様に幽閉された)

・ストーリーは場面に分ける。場面の区分けは人物の出入を基本にして区切る。

・人間の一生は似たようなもので、時代や場所の設定は変わるが、物語自体の構造は意外に変わらない。




<直感型文章の型(随筆、エッセイ)>
・エッセイの構造:体験⇒感想⇒思考
ポイントが思考にあるとは簡単に言えない。
むしろ体験に引きつけられるとか、感想が魅力であるという場面が出てくる。
あるいは独特の文体や語り口が面白いという場合もあるだろう。
複数の観点から解釈してかまわないジャンル。  

・随筆:「三題噺」とよく言われる。
互いに関係なさそうな三つの話題をくっつけて、そこに無理矢理つながりを見つけるのが極意。
一見結びつきそうもないが、何か関係ありそうだと気になる事柄をこねくり回すうちに、
ふっと一つのラインが浮かび上がってくる。
そのとき頭はフル回転し、思ってもみなかったアイデアにぶつかる。

・推論や説明を省略して、読者の自主性に任せてもいい。

(広告)




いい文章を書くって大事ですよね。
生活力=コミュニケーションスキルとした場合に、出力サイドは話すか、書くしかない。
書く力が向上したら、人生の4分の1ぐらい得をしそうな気もします。

子どもの頃、すごく作文が苦手でした。今はあんまり苦になりません。
書くのがワープロになったのと、たくさん本を読んだこと、
人生経験を積んで出力の引き出しが増えたことが理由なのかなぁ。
とはいえサラサラ文章が溢れ出すわけでもなく、じっと考えてひねくり出してます。不器用ですから。

文章って最後は人間性だと思います。
だから型も大事かもしれないけど、結局人生経験とか、
美しいものに日常的に触れてるとか、そんなことが影響してくると思う。

個人的に心がけてるのは、好きな本を何度も読み返すことです。
「ポートレイトインジャズ/村上春樹」を枕元において、何度も何度も読み返しています。
ひとつひとつの言葉の選び方、リズム、趣味の良さ、隠喩やユーモアのセンス、
どれをとってもパーフェクトです。少しでも近づきたい文章です。
読んだ次の日に書く文章が、すごく優しく透明になる感覚までします。
高倉健の映画を見た後に、みんなが健さんになるようなものでしょうか。


==============ポートレイトインジャズ/村上春樹より抜粋

~~~~~前段略

ビリー・ホリデイの晩年の、ある意味では崩れた歌唱の中に、
僕が聞き取ることができるようになったのはいったい何なのだろう?それについてずいぶん考えてみた。
その中にあるいったい何が、僕をそんなに強くひきつけるようになったのだろう?

 ひょっとしてそれは「赦し」のようなものではあるまいか― 最近になってそう感じるようになった。
ビリー・ホリデイの晩年の歌を聴いていると、僕が生きることをとおして、あるいは書くことをとおして、
これまでにおかしてきた数多くの過ちや、これまでに傷つけてきた数多くの人々の心を、
彼女がそっくりと静かに引き受けて、それをぜんぶひっくるめて赦してくれているような気が、
僕にはするのだ。もういいから忘れなさいと。それは「癒し」ではない。僕は決して癒されたりはしない。
なにものによっても、それは癒されるものではない。ただ赦されるだけだ。

 でもこれは、あまりにも深く個人的なものごとだ。僕はそのことを一般的に敷衍してしまいたくはない。
だから、ビリー・ホリデイの優れたレコードとして僕があげたいのは、やはりコロンビア盤だ。
あえてその中の一曲といえば、迷わずに「君微笑めば」を僕は選ぶ。
あいだに入るレスター・ヤングのソロも聴きもので、息が詰まるくらい見事に天才的だ。
彼女は歌う、「あなたが微笑めば、世界そのものが微笑む」
When you are smiling,the whole world smiles with you.

そして世界は微笑む。信じてもらえないかもしれないけれど、ほんとうににっこりと微笑むのだ。
===============



ビリー・ホリデイで「君微笑めば」




ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)

  • 作者: 和田 誠
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/12/20
  • メディア: 文庫



(広告)



nice!(30)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 30

コメント 20

vega

ブログを書くようになってから、文章は難しいな…と実感しています。
同じ表現を使わないようにするのが、一番苦労しますね。
ボギャブラリーの貧困さを痛感します…(ノ_・。)
あまり飾らず、想ったことをストレートに…を心がけています。
by vega (2013-05-04 15:43) 

hanamura

大沢在昌の小説講座・売れる作家の全技術は、おもしろかったですねぇ。って、donさんに紹介されたのでしたっけ?新人というか作家候補生の習作が、hanamuraの妄想力を刺激して・・・。(私のブログは、マンガを心がけてます!)
by hanamura (2013-05-04 17:26) 

song4u

ぼくも文章は今もって得意じゃありません。
でも、ビジネス文書をそこそこ書いたせいか、昔ほど苦手ではなくなった
気もしますが、それでもなかなかスラスラとは出て来てくれませんね。
ごくごくタマ~にスラスラ出て来てくれることがありますが、その時は
自分で読んでもかなり良い文章が書けている気がします。
その代わり、ロクに出て来やしない時に無理して書いたものは、本当に
目を覆うほどの酷さです。
文章って、いくつになっても難しいものですよね。
by song4u (2013-05-04 23:07) 

mignon

人に何かを伝える手段として、話す・書く・描くなどあると思うのですが、
donさんの記事に書かれた文章の型を話すに置き換えると、男性は主張型で無駄な部分をそぎ落として伝える。
女性は直感型であらゆる言葉や表現、結論までの背景も加えて伝えるんじゃないかなあ?
と思いました。
もちろん男女2つにきっぱり分けられるはずもないですが。
でもエッセイって読んでて自分も書ける気になっちゃったりするんですよね。
by mignon (2013-05-05 01:27) 

DEBDYLAN

単なる素人のblog書きですが^^;
自分のスタイルって持ちたいなぁって思います^^。

by DEBDYLAN (2013-05-05 09:27) 

扶侶夢

確かに、基本的な部分で型は大切ですね。私は苦手ですが、やはりマスターしておくのと出来ないのでは大いに違いがありそうです。
by 扶侶夢 (2013-05-05 20:56) 

heroherosr

文章を書くのは難しいですね。
ブログを書くことでトレーニングになるかと思いましたが、全然上手くなりません。
by heroherosr (2013-05-05 20:58) 

青山実花

タイトルを読んだだけでドキッ☆といった感じです(笑)。
ブログを始めてから、
文章というものが、より身近になった気がしていますが、
身近と上手いとは、また別物で^^。
結局最後は、「プロじゃないんだから、いいじゃんいいじゃん」と、
開き直ってしまいます^^;
by 青山実花 (2013-05-06 00:02) 

みかん

donさん、こんにち綿飴~[__猫]

文章で人を微笑ます、素敵なことですよね。
春樹氏の文章は、心がさざ波立っているときでも、優しい気持ちで
眠りにつけますよね^^  カズオイシグロも読みたいです~[__本]

「文章って最後は人間性」のところ、共感します。
donさんの文章も私、とても好きです~[__温泉]。 美しいものに触れたり、
人生における痛みでさえも、「深く、わかっているよ」と赦しを
文章で感じさせてくれる、そんな作家さんの作品は何度も
読み返したくなりますね^^
by みかん (2013-05-06 04:32) 

don

vega さんこんにちは~
>ボギャブラリーの貧困さを痛感します

これは僕もよく感じます。言いたいことがうまく伝えられない。
時折、上手く伝えてある、他の人の書いた文章を読むと、
なるほど、こういう言い方があったのかと得心します[__犬]
by don (2013-05-06 15:27) 

don

hanamura さんこんにちは~
あの本の作家候補生の文章まで読まれたのですか。
精読されてるんですね。ぼくは生徒の文章はパラパラ
と読み飛ばしていました。

どんな部分からも、得るものはあるんですね[__犬]
by don (2013-05-06 15:30) 

don

song4u さんこんにちは~
そうですよね。ビジネス文書で鍛えられますよね。
僕が入社したときは、まだ手書きでFAXしてました。

「貴社益々ご隆盛の事とお喜び申し上げます。
首題の件について、以下~~」

字が下手だったので苦労しました。最初は上司に
見てもらって、手直ししてもらったりして。

そういう意味ではEメールって、便利だしccで上位者にも
メールが入ったりするので、若手の言うこともちゃんと対応
してもらえる時代になったと思います。

むかしは関係部署に鬼軍曹や古武士みたいな、言うことを
聞かないオッチャンがたくさんいましたから、こちらの頼み方
も悪かったのでしょうけど、動いてくれないことがたくさんありました。
今の若手を見ると、ほんとにスマートにこなせてると思います。
ま、自分がアホだったという事なんでしょうけど[__犬]
by don (2013-05-06 15:46) 

don

mignon さんこんにちは~
そうですね。話し方は男性は主張型、女性はエッセイ型かも
しれませんね。

男性は解決しようとする、女性は聞いてほしかっただけ、
というスレ違いがよくありますしね。こちらは真剣に解決法を
模索するのですが、そんなことは求められてないんですよね。
「そうかぁ、大変やなあ」と聞いとけばいいみたいです。
ま、そんなに単純じゃないかもしれませんが[__犬]


by don (2013-05-06 16:00) 

don

DEBDYLAN さんこんにちは~
独自のスタイル、いいですね。
素人といえど、長くブログやってるかたは、
みなさん独自のカラーを持ってると思いますよ[__犬]
by don (2013-05-06 16:04) 

don

扶侶夢さんこんにちは~
そうなんでしょうね。型をマスターして、そこから崩して
独自色を求めるのがいいのかもしれません。

と偉そうに語るほど、求道したものは何もないのですが[__犬]
by don (2013-05-06 16:07) 

don

heroherosr さんこんにちは~
いや、だいぶトレーニングになってると思いますよ。たぶん。
誰でも見られるので、ええ加減なことは書けないですしね。
そこは緊張感があっていいと思ってます。[__犬]
by don (2013-05-06 16:10) 

don

青山実花さんこんにちは~
ドキッとしますか^^

青山さんのストーリー型の文章は、とてもわかりやすいです。
すっきりとシンプルで、届きやすいと思います。
映画に特化してるところも、好感がもてます。

「映画ブログちゃうやん。それ日記やん。テーマ変えたら」
っていうブログも、たまにありますしね。

ま、プロじゃないんで、ルールもないし自由にやれば
いいのでしょうけど[__犬]
by don (2013-05-06 16:18) 

don

みかんさんこんにちワハハ~
僕の文章を褒めて下さって、ありがとうございます<_ _>

村上春樹の文体を模倣してるので、彼のファンにとっては
馴染みやすい、、とは思います。

みかんさんのブログも、とても優しく、抱擁感があっていいと
思います。特に今はテキサスにおられるので、比較文化の
観点から、唯一無比感がありますしね。

お金のことを書くと嫌がる人はいるかもしれませんが、
日米の価格比較をもっと見たいとは思ってます。あまり前面に
出すと、やらしいかもしれないので、さじ加減が難しいかも
しれないですが。[__犬]
by don (2013-05-06 16:43) 

獏

お早う御座います☆
怒涛のようなGWが終わり少々ホッとしております(@@;)))
個人的には散文が好きなので そういう形式や文体に
常に憧れていますが 自分ではなかなか書けません(汗)

by 獏 (2013-05-07 10:10) 

don

獏さんこんばんは~
GWお疲れさまでした。日常に戻るとホッとしますよね。
ぼくは早速同僚と、安居酒屋で軽くやりました。

十分に書けてると思いますよ。お人柄までにじみ出ています[__犬]
by don (2013-05-07 22:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました