So-net無料ブログ作成

5年後、メディアは稼げるか/佐々木紀彦 [本/Biz経済]


5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?

5年後、メディアは稼げるか――Monetize or Die?

  • 作者: 佐々木 紀彦
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2013/07/19
  • メディア: 単行本


【5年後、メディアは稼げるか/佐々木紀彦/13年8月初版】
今後5年、メディア業界は100年に1度の激震を経験するそうです。メディアは変わる必要があるのでしょうか。紙媒体はウェブにシフトせず、今のままで生きていけるのか。

「東洋経済オンライン」編集長の佐々木紀彦が、ジャーナリストとプレーヤーの両方の視点で今後のメディアを見通す一冊です。東洋経済オンラインは2012年からの1年間で、PVを10倍の5301万PVに到達させたそうです。たしかに日経ビジネスオンラインのように、無料会員登録しなくても2ページ目が読めるのは大きい。(ちなみにヤフーは月間45億PV。マスメディアと言えるには月間1億PVからとか。)

ところでみなさんはビジネス週刊誌は何かお読みでしょうか?ぼくは会社で回覧される日経ビジネスをざっと読んでます。ネット情報並に新鮮で面白い記事が多い。10月14日号では「世界のトップ大学/東大は生き残れるか」東大学長の危機感が半端なかったです。秋入学を推進しないと優秀な学生を集められない、教授の給料を1000万円じゃなく世界レベルの2000万円にして、もっと研究費も潤沢にしないと優秀な教授を集められない。ごもっともです。「Mooc」家にいながら世界の有名大学の講義をネットで受講できるサービス、パソコンがあれば安価にいろんなサービスを享受できます。ふと読みながら佐々木紀彦の語ったエリート教育の本質を思い出していました。「米国製エリートは本当にすごいのかhttp://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2011-09-18

非日常の全寮制や優秀な教授というのもエリート育成の要因ではあるのですが、本質は①年間120冊以上の良書を読み②それをレポートし③同レベルの学生と議論する。これさえできれば米国エリート並みの知的筋力は身につきます。ただ大きいのは世界の知識ストックの大半は英語なんですよね。こればかりは英語ができないとアクセスできない。日本のように国力があれば、ある意味言語が「イノベーションのジレンマ」なのか。

話が横にそれました。海外メディアの惨状と新しいビジネスモデルについては、「本当のことを伝えない日本の新聞http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-02-09 」にも書かれてましたが、本書の方がより突っ込んで分析しています。これからメディアを目指す人は必読書とも言えるでしょう。


以下に読書メモを。

(広告)




<紙の本が日本で残る理由>
電子書籍はアメリカでは普及しても、日本では普及しにくい。米国は書店の数が少ない。米国の国土面積は日本の25倍だが、書店数は日本の3分の2。大阪府の面積に2店しか書店がない計算になる。米国で仕事帰りにふらりと書店に寄るライフスタイルは、よっぽどの大都市でないと無理。車社会の西海岸はその傾向が特に強い。さらに米国の本は重い、そしてハードカバーが25ドルと高く、電子書籍は10ドル前後と価格差が大きい。日本は身近に本屋が多く、本は軽く、元々安価で電子書籍と価格差が少ない。

<デジタルメディアは評価が見える>
デジタルメディアでは個人の貢献度が「見える化」される。どの記者がどれくらいPVを稼いだか、どの編集者の企画がヒットしたか、読者の評価はどうだったか。すべてのデータが白日の下にさらされる。ざっくりとした印象では中年以上のメディア人で給料に見合う働きをしているのは、せいぜい1~2割。

<新聞読者の高齢化>
読売新聞は購読者のうち、50代が28%、60代以上が37%に上る。最先端のビジネスパーソンが読む媒体ではなくなっている。新聞は「若者(記者)が書いて、高齢者が読む」媒体となっている。

<血みどろの米メディア>
米国新聞社のフルタイム職員数は2000年の5.6万人から2012年には4万にまで減った。約3割が職を失った。週刊誌も「ニューズウィーク」が「紙」から2012年末に卒業した。ウェブに特化するのはコスト削減するための苦渋の決断。

<日米の新聞の広告への依存度>
米国の新聞は広告への依存度が高く、収入に占める割合は8~9割。(日本の新聞社は2~3割。宅配システムにより守られる購読料が大きい)その広告収入が、過去5年に半分以下に落ち込んでしまった。

<米メディアの広告単価>
米メディア業界は、広告に関して「1:10:100」の法則がある。これは紙で100万円だった広告は、オンラインでは10万円、モバイルでは1万円となってしまうこと。

<オンライン広告はテクノロジー企業が牛耳る>
2012年時点で5社のテクノロジー企業がウェブ広告の64%のシェアを握る。(グーグル、フェイスブック、ヤフー、マイクロソフト、AOL)伝統メディアに残されたパイは全体の34%しかない。モバイル広告分野ではグーグル、フェイスブックの2社の合計シェアが2013年で約7割。

<どうすればネット広告で儲けれるか>
広告を面白くする。それに尽きる。ブランドコンテンツは新マーケット。企業はモノやサービスを直接売るためでなく、ブランディングや業界全体の理解を深めるための記事を掲載する。古典的な例は、ミシュランの料理ガイド。本業はタイヤであり、料理とはなんの関係もない。しかしこの料理ガイドがヒットしたことで、ミシュランの名前が世界に知れ渡り、タイヤのブランディング、販売にも大きく寄与した。商品を直接アピールせず自社のブランドと認知度を高め、長い目で売上につなげる。これがブランドコンテンツの狙い。

<文章>
文章を書くこと自体が、裸の自分をさらすようなもの。ショーペンハウエルは「文体は精神の持つ顔つきである。それは肉体に備わる顔つき以上に、間違いのない確かなものである」

文章術を学ぶには、谷崎潤一郎の「文章読本」がいちばん。この本で普遍的なテクニックを学んだ上で、論理的で美しい文章をたくさん読み込むのが、わかりやすい文章を書くスキルを磨く王道。



季節や世界のように♪
夢や人生のように
すべては変わる必要がある

ポールヤングでEverything must change




文章読本 (中公文庫)

文章読本 (中公文庫)

  • 作者: 谷崎 潤一郎
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1996/02/18
  • メディア: 文庫



(広告)



nice!(22)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 22

コメント 8

みかん

書店数の違い、驚きました~! 言われてみると、たしかに少ないですね。
私が自力で運転して行く生活圏内(Houston市とお隣Katy市)で、
(グーグルマップで入力すると、直線距離にして25mile、約40㎞、というところでしょうか。)
本屋さんって、「Barne's & Noble」と先日紹介の「Half Price Book」の
2種類しか見たことありませぬ。  店舗数もあんまりないかも・・・

「美しい本をたくさん読みこむ・・・」 なるほどですね^^;
谷崎氏の文章読本、日本で買う本リストに入れました[__ひらめき]
by みかん (2013-10-15 22:35) 

獏

お早う御座います^^)
台風まっただ中の朝です(汗)
休もうかなぁ。。。。。

日本は恵まれているんですね。。。
もっと読書をせねば!と反省です。。。
ネット至上の時代ですが 紙を大事にしたい。。。
自分の文章も 自分なりの特徴を出したい。。。
考えるとキリがありませんね。。。(^w^)

by 獏 (2013-10-16 07:55) 

song4u

5年後のメディア分布はどうなってるんでしょうかね?
長い目で見れば、本もテレビも漸次減少傾向には違いないと思います。
テレビは今すぐに無くなっても全然困らないけど、本はなあ・・・
5年という短いスパンだと、情勢は現況と大きく変わらないと思うけど、
本に携わる人(製作側、販売側)は確実に減ってるような気がしますね。
悲しいけれど。

本に関してぼくが留意していることは、たったひとつだけです。
それは・・・安易に「ポチッ」をしないこと。できるだけ本屋で買うことです。
小さな抵抗に過ぎないと分かっちゃいるんですが、励行しています。

ところでamazonって、日本に営業所が無いとかで、法人税納めてないって
本当なんですかね?
そう言えば、取引がドル建てだったような気もするなあ。
もし本当だったら、考え方を変えなきゃいけません。
by song4u (2013-10-16 23:12) 

DEBDYLAN

本は大好物です^^。
紙媒体、残ってほしいなぁ。
インクの匂い、紙の質感・・・
五感で楽しみたいっす!!

by DEBDYLAN (2013-10-16 23:50) 

don

みかんさんこんばんは~
本屋あんまりないですか~。計算上は大阪府に2軒といっても
荒野はゼロなんで、市街地にはもう少し店舗数はあるんでしょうね。

谷崎氏の文章読本、図書館で借りました。
なんか一度に予約本がまわってきたので、5冊ぐらい先に読むつもりです。[__犬]

今日は二日酔いと寝不足でふらふらなので、早く寝ます。
おやすみなさい[__犬]


by don (2013-10-17 21:02) 

don

獏さんこんばんは~
日本はいろいろと恵まれてると思います。
特にコンビニが便利すぎて、ありがたいです^^

紙は消えるかと思ってましたが、この本読んで
残りそうだと確信しました[__犬]


by don (2013-10-17 21:05) 

don

song4uさんこんばんは~
アマゾン、日本に法人税を納めてないようですね。
日本だけの問題じゃなくて、世界でもめてるようですが。

アマゾンの日本国内2012年の売上は7300億円、世界のアマゾン
売上の13%だそうです。日本:世界のGDP比とだいたい比例しています。
7300億円、日本の小売業全体の10位に位置する。

アマゾンの純利益は世界で年間300億円レベルなので、13%をかけると
40億円ぐらいは日本での純利益という計算ができなくもない。
法人税率35%をかけると、15億円ほど税金を取れてないという見方
もできます。

粗利率でみるとアマゾンは25%程度、約1800億円/年の粗利が
日本の小売業から食われてるという見方もできます。
まぁ流通や配送の雇用は生まれていますが。

ほんとはアマゾン以外で買うのがいいのでしょうが、やっぱり便利で
安いので、アマゾンで買うことが増えています[__犬]



by don (2013-10-17 21:33) 

don

DEBDYLANさんこんばんは~
この本読むと、単行本は紙で残りそうです。

速報性の高い新聞は、ゆっくりと減っていきそうです。
宅配制度に守られてるといえど、若い新聞を読まない
世代が増えてくるとねぇ[__犬]
by don (2013-10-17 21:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました