So-net無料ブログ作成

世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機/三橋貴明 [本/Biz経済]


2014年 世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機 (一般書)

2014年 世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機 (一般書)

  • 作者: 三橋貴明
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/11/30
  • メディア: 単行本


【2014年世界連鎖破綻と日本経済に迫る危機/三橋貴明/13年11月初版】
1月20日号の日経ビジネス(シリコンバレー4.0)を読んでてふと考えてしまった。マイケルポーターが昨年末安倍総理と会談した時を振り返り、安倍総理を非常に高く評価していました。安倍政権の規制緩和路線、いわゆる新古典派経済学的な動きへの評価です。え、あのファイブフォースの聡明なマイケルポーターもかと。スティグリッツやクルーグマンとは反対側の考え方です。

なんでだろうと考えてて思ったのは、人は経験したことしか理解できないのかなぁと。日本以外はデフレを近年経験していません。これまでずっと数%のインフレでした。だからデフレ時にも規制緩和、緊縮財政というデフレ化政策しか出てこない。

三橋氏も本書で指摘しています。
「デフレ時に何故デフレ化政策である新古典派経済学が推進されるのか。戦後の世界経済はデフレと無縁であり、経済学はインフレ抑制策として発展した。これが政治家や政策担当者たちがデフレ環境下にありながら、デフレ化政策を推進してしまう理由の1つであろう」

現在のアメリカ、ヨーロッパ、日本は民主主義vs新古典派経済学の戦争だそうです。

フランスのオランド大統領は「われわれの敵には名前がなく、顔もなく、政党にも属していません。選挙の洗礼も受けたことがありません。それでもわれわれを支配しています。その敵とは金融界です」グローバル金融こそが真の敵であると明言し、フランス国民は拍手喝采した。

オバマ大統領は08年の大統領選で「北米自由貿易協定は投資家を利するだけだ。自由貿易協定には労働者と環境の保護規定を盛り込むことが必要だ」と訴え当選した。

イタリアのレッタ首相は「緊縮財政による死を終わらせる」と宣言した。

安倍首相は「新しい国へ」のなかで「ウォール街から世間を席巻した強欲を原動力とするような資本主義ではなく、道義を重んじ、真の豊かさを知る、瑞穂の国は瑞穂の国にふさわしい市場主義の形があります」と書いている。

ところが現実は何も変わらなかった。フランスはユーロという新古典派経済学をベースとした(読書メモで後述)構造にはまり込み、10%を超える失業率で身動きが取れない。イタリアは12%を超える失業率の中、緊縮財政が継続され、国民は暴動を起した。アメリカはオバマ大統領はTPPを推進し、国内では財政均衡主義に基づく債務上限引き上げをめぐり、数ヶ月ごとに政府機関が閉鎖されかねない事態を招いている。日本ではTPP、消費増税、法人税減税、労働市場の自由化、電力自由化、農業医療分野の規制緩和、公共投資のコンセッション方式、規制緩和特区など当初の公約とは真逆の路線を歩んでいる。

良書です。とくに第6章で戦後のマクロ経済の流れが俯瞰できる。そのまま教科書にしてもいいくらいわかりやすいです。第6章だけでも読む価値があります。

以下にその他の読書メモを。

<ユーロは1%の富裕層のためにつくられた>
イギリスの大手紙ガーディアンに衝撃的な記事が掲載された。「ロバートマンデル、ユーロの邪悪なる天才」というタイトルで、共通通貨ユーロの設計者であるマンデル教授(コロンビア大学)の構想をスクープした。マンデル教授は新古典派経済学の権威で、金融緩和論者が好むマンデルフレミングモデルの生みの親。

『選挙で選ばれた政治家からマクロ経済政策を奪い、規制緩和を強制することは、ユーロ構築にさいした計画の一部だ。ユーロが失敗しているという考えはあまりにもナイーブ(幼稚)である。ユーロは1%の富裕層が当初から計画していたとおり、予定通り正しく機能している。ユーロは危機のときにこそ真価を発揮する。為替レートに対する政府の干渉を排除し、不況期にケインズ的な金融財政政策をとりたがる政治家を妨害できる。「政治家の手が届かないところに金融政策を置くんだ。金融政策と財政政策が使えないとなると、雇用を維持する唯一の解は、競争力を高めるために規制を緩和することのみになる」マンデルの言う規制は労働法、環境規制、税制など。すべてはユーロによって洗い流され、民主主義が市場価格に干渉することは許されなくなるだろう』


<新古典派経済学の理想の税制>
「法人税ゼロ、所得税ゼロ、税金は人頭税のみ」が新古典派経済学の理想の税制。人頭税とは国民1人あたりの行政コストを均等に負担させる税だ。年収1億円であろうが、100万円であろうが同じ金額の税金が課せられる。とはいえ人頭税の導入は政治的に不可能に近い。実際、戦後初の新古典派経済学的な政治家であったサッチャーは、1990年に人頭税の導入を図ったため支持率を大きく失って退陣した。(イギリスの人頭税は93年に廃止された) 所得が少ない国民は激怒する。マジョリティは所得が少ない国民だ。現実的には「法人税ゼロ、所得税ゼロ、税金は消費税のみ」というのが美しい税制の妥協案になる。


<フィッシャー方程式>
実質金利=名目金利―期待インフレ率。実質金利は名目金利から期待インフレ率を差し引いたものに等しい。名目金利がゼロの場合、期待インフレ率が2%とすると実質金利はマイナス2%になる。実質金利がマイナスになれば、企業の設備投資は増えるはずだ。


<ワシントンコンセンサス>
新古典派経済学の考え方は、ワシントンコンセンサスと総称される。ワシントンコンセンサスとは、IMFが財政破綻(返済不能)した発展途上国に押し付ける処方箋で、緊縮財政と規制緩和によりインフレ率を抑制し、為替レートの暴落を押しとどめようというデフレ化政策である。


<金融政策だけでは不十分>
FRBが量的緩和しても、アメリカの失業率は7%を切れない。FRBにせよ日銀にせよ発行した通貨が何に使われるか管理することはできない。わかりやすい例で言うと、母親が息子に仕送りを送っても、それは何に使われるかわからない。むろん母親は息子に健康的なものを食べて元気に過ごしてほしい。ところが息子はそれを悪い遊びに使ってしまうかもしれない。母親が目的を達成したいなら、お金ではなく健康的な食べ物を送るべきなのだ。息子に支出させるのではなく、みずから健康的な食べ物を購入し、宅配便を呼べばいい。

発行したドルや円が投資家に借りられ株式に投じられても、雇用や賃金は増えない。だからこそ中央銀行が発行したお金は政府が国債で借り入れ、国内の投資や消費に回さなければならない。


最近涙もろいのか、さだまさしの「案山子」を聴くと、ほろりときました。さだまさしが25歳のときに作った歌です。日本のミュージックシーンでは、不世出の天才です。僕が言わなくてもみんな知ってることだけど。100人のアメリカ人音大生が評価した日本の音楽でトップでした⇒http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=17829





(広告)



nice!(26)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 26

コメント 14

獏

お早う御座います☆
経済は人の心とはリンクしないのでしょうね☆
それは原動力が「欲」だからでしょうか
「愛」が原点であるとしたら
また違った効果があるのでしょうけど
夢のまた夢ですね☆(^w^)

by 獏 (2014-01-29 07:31) 

song4u

>「法人税ゼロ、所得税ゼロ、税金は消費税のみ」というのが美しい税制の妥協案

確かにそうかもしれませんね。
時代の趨勢は、明らかに消費税にシフトしつつあるように思えます。
正しいか正しくないかというよりも、こうならざるを得ないのかもしれません。
消去法で考えたら、残ったのがこれだった・・・というような。

>「案山子」

25歳の時の作品でしたか。
さだまさしの作品にぼくが感じるのは、よくここまで丹念に言葉を紡ぐもんだなあ
・・・ということです。それもこんな年齢で。まるですべてを見通しているようです。

恐らく、推敲の程度はかなり浅いのではないかと思います。
深く推敲する必要もないほどの出来の良さ。そして、深い推敲で鮮度を落として
しまうよりも、一瞬のひらめきが主張する、このとんでもない説得力。

以前も書いたかもしれませんが・・・
さだまさしが唄うと、見たこともない風景が見えるような気になります。
さだまさしが唄うと、行ったこともない土地に懐かしさを憶えたりします。
さだマジックかもしれないなァ。^^;
by song4u (2014-01-29 22:21) 

DEBDYLAN

我が家の家計は毎月経済危機だそうです^^;

by DEBDYLAN (2014-01-30 01:09) 

mignon

母親が食材を買って息子に送る←これ一昔前の日本なら行われていたことですね。
今の学生は朝食代を削ってでも遊びに使うとか。
だから学内での100円朝食サービスなどが生まれたのでしょうね。
ところでさだまさしの曲は何でも好きですがとくに「奇跡」が好きで友達の結婚式で歌ったらとても喜んでもらえたのを覚えてます。
by mignon (2014-01-30 02:01) 

heroherosr

中央銀行が発行したお金は政府が国債で借り入れて、国内の投資や消費に回さなければならないけど、実際はうまく回っていないということでしょうか。
by heroherosr (2014-01-30 17:06) 

don

獏さんこんばんは~
欲が原動力だから、欲深い者の描いたとおりになっていく。
カネに近いものが、カネの扱いを一番よく知っているんですよね。
カネに縁遠い僕は、遠吠えするだけです。
by don (2014-01-30 20:34) 

don

song4uさんこんばんは~
消費増税はデフレ脱却後にして欲しかった。9兆円の国民負担増は
約2%のデフレインパクトになります。14年は13年にあった
13兆円の補正予算もなくなるのでこの分も減ります。財政の崖は
3%減だったので、それと同じレベルの逆風です。アメリカは回避
しましたが、日本は突っ込んでいきます。

消費増税はいつかはしようがないと思いますが、時期を選んで
欲しかった、デフレ状態にある国がやるべき政策ではない。
ようやくデフレ脱却できそうだったのですが。

さだまさし、いや~、やっぱりすごい推敲してると思いますよ。
メロディに乗せないといけないし、何度も推敲しないとこんな
素晴らしい詩はできないと思います。こんな完璧な歌が、日本人
の琴線を震わせる歌が、推敲なくしてできるわけがない。。
と凡人は思うわけです。
by don (2014-01-30 20:34) 

don

DEBDYLANさんこんばんは~
我が家も同じです。ナンギですなぁ。。
by don (2014-01-30 20:35) 

don

mignonさんこんばんは~
100円朝食、どこかで見かけました。今日の新聞だったかな?
食べ物が自らの血肉になるというのは、若いときは理解できない
のでしょう。自分の健康を過信してると思います。自分もそうでしたが。。

奇跡、結婚式向きの歌ですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=gf4fSlHJqRs
震災の画像とかぶると、涙がでそうになります。
by don (2014-01-30 20:42) 

don

heroherosrさんこんばんは~
デフレの時は、お金を使おうとしません。持ってるとお金の価値が
上がるからです。
インフレの時は、お金を使って設備投資をしようとします。お金を
持ってても、お金の価値が下がるのでモノに替えた方がいいからです。

いまはデフレなので、民間の資金需要がなくて、設備投資意欲が
ありません。政府がお金を借りて仕事をつくる。最初に誰かが
チェーン車を廻さないと、経済がうまくまわりません。
by don (2014-01-30 20:48) 

獏

お祝いコメント頂戴し誠に有難うございます^^)♬

by 獏 (2014-01-30 21:21) 

don

獏さん、ご丁寧にどうもです[__犬]
by don (2014-01-30 21:41) 

隊長

最近のドル高、ユーロ高が一過性なのか、継続するのか気にかかります。
by 隊長 (2014-02-02 19:44) 

don

隊長さんこんばんは~
マクロだけ見てると、ドルはずっと高く、ユーロは2014年中に下がる。
そう見えますが、こればっかりはわからないです。[__犬]
by don (2014-02-03 20:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました