So-net無料ブログ作成

恋しくて/村上春樹編訳 [本/文学芸術]


恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES

恋しくて - TEN SELECTED LOVE STORIES

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2013/09/07
  • メディア: ハードカバー


【恋しくて/村上春樹編訳/13年9月初版】
今日は短編集なので、軽めで。表紙は竹久夢二の「黒船屋」とのこと。
ty1-34[1].jpg

文庫本が出たら手元において、たまに読みたい一冊です。短編集は好きで結構読んでるのですが、すぐにストーリーを忘れてしまいます。例外的に覚えているのは、高校時代に何度も読んだ作品です。オーヘンリーの短編集はオチがあって面白い。「水車のある教会」「よみがえった改心」あたりは最高に好きです。ピートハミルの「ニューヨークスケッチブック」も何度も読んだなぁ。幸せの黄色いハンカチの原作が入ってる短編集です。

本書は村上春樹が選んだ9編と自作1編の全10作の恋愛短編集です。正確にはアリス・マンロー 「ジャック・ランダ・ホテル」だけは、柴田元幸氏(米文学研究者)に電話して「柴田さん、何か面白い恋愛小説を知りませんか?」「う~ん、困ったなあ。僕は恋愛ものみたいなのにはとんと縁がない人間なんですが、そうだなあ、これなんかどうでしょう?」と推薦された作品だそうです。

まさかそれが13年のノーベル文学賞受賞者の作品になるとは、なにかの因縁があるのかもしれません。

10篇の作品は以下です。各編の終わりに村上春樹の寸評があります。あとがきも面白い。

マイリー・メロイ 「愛し合う二人に代わって」
⇒高校時代に知り合ったピアノが得意な内気な男の子と、ダンサーを夢見る女の子の恋の行方

デヴィッド・クレーンズ 「テレサ」
⇒大柄な14才の少年が、同じクラスの女の子に恋して彼女の帰宅の後をつけ、彼女の秘密を知る

トバイアス・ウルフ 「二人の少年と、一人の少女」
⇒高校生の男2人と女の子1人の三角関係

ぺーター・シュタム 「甘い夢を」
⇒24歳の青年と21歳の女の子が同棲をはじめ、何をしても楽しい時期の話

ローレン・グロフ 「L・デバードとアリエット」
⇒16歳の少女と43歳の元オリンピック水泳選手の恋の話。大河ドラマを思わせる壮大な展開

リュドミラ・ぺトルシェフスカヤ 「薄暗い運命」
⇒30代の未婚の女性と42歳の男の不倫の話。わずか4ページ

アリス・マンロー 「ジャック・ランダ・ホテル」
⇒若い娘と駆け落ちした亭主を、オーストラリアまで追いかけて

ジム・シェパード 「恋と水素」
⇒ナチ党員のゲイのカップルの恋。1937年のヒンデンブルグ号爆発事故に絡む

リチャード・フォード 「モントリオールの恋人」
⇒49歳の弁護士男と33歳の公認会計士女の不倫話。

村上春樹 「恋するザムザ」(書き下ろし)
⇒カフカの「変身」後日譚


ビギンの「恋しくて」♪ 10年ぐらい前によく歌いました。当時の上司がチークが好きで、スローなこの曲を入れるとよく踊ってました。だいたいは韓国バーか中国バーですが^^;日本人のラウンジ系と比べると3割ほど価格が安くて、密着度が高いという。あれも一種の束の間の恋なんでしょうか。皆さんもたまには恋してますか?


恋といえば、やっぱり松山千春の「恋」かなぁ。昭和の女の歌なんでしょうね。よくみんなカラオケで歌います^^



(広告)



nice!(29)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 29

コメント 14

青山実花

おぉ!なんともタイムリーで驚いています。
私も数日前、突然オー・ヘンリーの事を思い出し、
もう一度読み返してみたいと考えていた所だったのです。

オー・ヘンリーは小学校の時、
児童文学で、何度も繰り返し読みました。
「よみがえった改心」、いいですね。
「桃源郷の短期滞在客」や「黄金の神と恋の射手」なども、
小学生にどれくらい意味が分かったのか不明ですが、
素敵なお話しだったと記憶しています。
それから、タイトルを思い出せないのですが、
たしか、軍人の家に下宿している俳優の男が、
その軍人の癖を舞台公演で真似て、
大喝采を受けたという話が面白かった記憶があります。
このお話、donさんは知っておられますか?
あ~、無性に読みたくなってきました^^

by 青山実花 (2014-02-18 22:47) 

DEBDYLAN

村上春樹が翻訳する際のポイントは、
意訳をせずに原文を日本語に素直に変換するコトだと。
何かで読んだ記憶があります。
うろ覚えなんで違ってるかもしれないけど^^;

by DEBDYLAN (2014-02-18 23:53) 

獏

短篇集ですか~息抜きにいいかも・・・と読み進むと
人生などについて考えてしまって
嵌りそうですね^^)
恋ですかぁ。。。。。

by 獏 (2014-02-19 06:10) 

みかん

おおー
このような本が出ていたのですね。 知らなかった~!

来月、日本へ帰ることにしたので、ぜひ買い求めたいと思います。
竹久夢二さんの絵もいいですね^^ オーヘンリーという人の短編も、
気になっています。 

恋ですかぁ~。 私はこちらのスーパーのレジのお兄さんとか、
自分の好きな感じの人を設定(半ば無理やりですが^^;)して、
気分を上げるようにしています^^; あと、西島秀俊さんの画像を見て、
キュン・・・♡ としたりとか・・・(;^ω^)
by みかん (2014-02-20 09:22) 

don

青山実花さんこんばんは~
小学生でオーヘンリーとは渋いですね。
ぼくは小学生の時は、ほとんどミステリーばかりでした。
ホームズ、ポアロ、明智小五郎に怪人二十面相。
刑事や探偵という職業に憧れました。正義の味方。

実際探偵の仕事といえば、不倫の現場抑えたりする
正義の味方とは、ほど遠い仕事なんでしょうけど。

軍人の話ありましたね。老人がお金を受け取ってくれなくて、
役者が変装してお金を老人に渡す話ですよね。
恋の話は、お金持ちがお金の力で交通渋滞を起こす話ですよね。
最後にどんでん返しがある話がお好きなんですね^^
映画のスティングみたいなやつ。

手元において何度も読みたくなるのは、やっぱりハッピーエンド
の話です。ぼくのイチオシは「水車のある教会」です!
by don (2014-02-20 22:32) 

don

DEBDYLANさんこんばんは~
>意訳をせずに原文を日本語に素直に変換するコトだと。
深いですね。世にある洋楽和訳サイトを見ると、訳者で
全然読みやすさが違います。そこは文体や言葉の選択で雰囲気が
がらっと変わる部分だと思います。

長嶋茂雄の「来た球を打て」と同じようなものでしょう^^;
by don (2014-02-20 22:33) 

don

獏さんこんばんは~
小説はそんなにはまらないですよ。ビジネス本のほうがよっぽど
考えながら読んでしまい、前に進みません。
とはいえ、大衆文学系に比べると、純文学系は人生について考える
部分が多いので、立ち止まってしまう部分はありますが。
by don (2014-02-20 22:34) 

don

みかんさんこんばんは~
オーヘンリー短編集、未読でしたらお奨めです。エンタメ作品ですが
深い示唆に富み、感動させる部分が多い。

たしかにスーパーのレジの人との接触については、色々と考える部分が
ありますよね。まずルックス、時折ビューティフォな人がいる。この人は
どんな人生を歩んで今ここにいるのだろう、と考えてしまいます。
うちの奥さんなんかも、店でパートしてたりするし、いろんな普通の人が
働いています。

それと自分に対して好意的にふるまってくれる店の人。
やっぱり僕は男前だからかなぁ。。と夢想してしまいます。
レジの女性はみんな僕に好意的なんですよね^^ ふっ。困ったなぁ。
by don (2014-02-20 22:34) 

mignon

うーん最近冬場のせいか心もカサカサしてるので読んでみたいです。
恋ですか?
もう無縁になりました。
でもTVのむこうのイケメン達にはいつも恋してます。
主人が可哀そうかな。
by mignon (2014-02-21 02:06) 

川島

10篇とも興味惹かれます^^
図書館で検索してみます。
あっ!donさんに触発されて昨年はじめて図書館の会員になりました(笑)
by 川島 (2014-02-21 17:03) 

heroherosr

私はあまり歌うことはありませんが、この2曲を歌う人は多いですね。
by heroherosr (2014-02-21 18:14) 

don

mignonさんこんにちは~
今日も寒いですね。息子がいつも僕が座ってるコタツのところで
勉強してるので、ストーブのない寝室でパソコンを打ってます。
温度計を見ると10度。はく息が白いです。

現実の世界で恋をしてしまうと、色々とメンドクサイですよね[__犬]
by don (2014-02-22 12:47) 

don

川嶋さんこんにちは~
村上春樹がらみは人気があるので、
だいぶ待つことになりそうですね^^;

図書館はタダというところが凄いです[__犬]
by don (2014-02-22 12:50) 

don

heroherosrさんこんにちは~
とくに「恋」歌う人が多いです。
カラオケ印税がすごそうです[__カラオケ]
by don (2014-02-22 12:52) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました