So-net無料ブログ作成

熔ける 大王製紙前会長井川意高の懺悔録 [本/ルポ社会]






熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

  • 作者: 井川 意高
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2013/11/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【熔ける 大王製紙前会長井川意高の懺悔録/井川意高/13年11月初版】
自分でカジノ造ったらよかったのに。100億円あったら建築できるでしょう。ホントもったいない。。。と思うのは庶民の感覚でしょうか^^ バクチのヒリヒリする感覚が好きなんでしょうね。

kaisha111674_pho02[1].jpg

会社の同僚が著者と若い頃に繋がりがあったようで、同僚との会話の為に読んでみました。

「三世代で作業着から作業着へ」 byアンドリュー・カーネギーを地で行ってます。借金は全部返したようですし、よくある話で三代目が身代を食いつぶしただけなのに、実刑判決は厳しいような気がします。

4年後シャバに戻ったときはBtoCの仕事をやってみたいと書いてるので、まだそれなりの資産は残ってるのでしょう。(wiki:創業家は大王製紙の経営トップから一掃された。しかし、創業家は紙おむつ等の製造・販売を行なう多くのグループ会社の株式の50%超を握っており、引き続きグループに影響力を保持している。)

この前読んだ林原の「破綻」は銀行に潰されたというか、乗っ取られたような印象が強かったです。林原の場合は二代目だったし中興の祖なので、ボンボンというわけではありません。何か共通項のようなものがあるとしたら、甘えでしょうか。

莫大な財産からくる「自分は特別な人間なんだ」という思い。そこからくる「これくらいええやろ」という甘え。地位とカネは人を狂わせます。

井川三代目は、二代目から帝王学を教えられています。けっこう厳しいしつけで、鉄拳で育てられ東大に入学。ここまではいいのでしょうけど、二代目につきそい、学生時代から華麗なる交際を銀座や祇園で繰り広げます。その後自社に入社。ここらへんが崩壊への萌芽でしょうか。
P1110837[1].jpg

二代目としては、息子の社交デビューのつもりだったのでしょうけど(東大&イケメンで自慢の息子だったというのもあるでしょう)、人格形成のできてない青年には、苦労をさせたほうがよかったのかも。自社に入社というのもどうかと思います。他社で10年以上しごいてもらうとか、やり方はあったような気がします。帝王学の方向性を間違えたのかもしれません。結果論ではありますが。

本書自体は面白い。マスコミに好き勝手書かれるならと、最近は「敗軍の将」自ら語るケースが多い。林原の「破綻」や清武氏の「巨魁」なんかは世間の耳目を集めました。日経ビジネスにも「敗軍の将、兵を語る」という人気コラムがありますが。


以下に面白かった部分を。

(広告)




<YPOヤングプレジデントオーガニゼーション>
六本木に飲みにいくようになったのは、バブルのピークだった90年ころからだ。四国新聞や西日本放送のオーナーだった平井卓也(現自民党衆議院議員)さんや、穴吹工務店の穴吹英隆社長らに連れられて六本木の店を開拓していった。穴吹さんや平井さんらはYPOという若手の社長会に所属しており、彼らにくっついていればYPOに所属している経営者との人脈を構築できた。またワコールの塚本社長や大林組の大林副社長の紹介で、芸能人と一緒に食事をしたり酒を飲んだりする機会も増えた。


<西麻布のバー>
なぜこんなに大勢のグラビアアイドルや女優を知っているのか。常連客になっていた西麻布のバーには、芸能人がしょっちゅう出入していたからだ。その店は女性はお金を払わずに飲むことができた。タダで酒を飲めるうえに、そこにいけば人脈がどんどん広がる。必然的に売り出し中のグラビアアイドルやタレント、女優が大勢集まるようになった。

20131115183305[1].jpg

国民的アイドルグループの2人(今は卒業した)は、高1のときに出会った。誰かに見つかって警察に通報されたら大問題になるので、ソフトドリンクを飲ませて適当に話を切り上げ、彼女たちには1万円ずつタクシー代を渡してすぐに帰ってもらった。当時は無名のアイドルで高校1年だったので、1万円を渡されて味を占めたのだろう。それから数ヶ月、2人からは毎日のように「今日は何をやってるんですか?」と電話やメールで連絡が続いた・・・以降は本書で。


<東京地検特捜部>
「井川さん、もっと気の利いたお金の使い道はなかったんですか」「気の利いた使い道というと・・・」「悪い政治家や役人に裏金を渡すとかですよ。せっかく特捜がここまで動いたのに、井川さんの巨額の借り入れの使い道は、99%がギャンブルで、残り1%は飲み食いですから」

どうやら東京地検特捜部は、私が大王製紙の連結子会社から106億8000万円を借り入れた事件と関連して、大物政治家への裏金や、高級官僚への利益供与があるのではないか、というストーリーを模索していたようだ。


<舞妓と芸妓の違い>
舞妓から芸妓に昇進するときには「襟替」という儀式がある。舞妓時代にまとっていた着物から格好がガラリと変わる。舞妓はお茶屋や置屋の権利をもつ屋形に所属する。いわば舞妓は屋形という派遣会社からお茶屋に派遣されている社員なのだ。芸妓に昇進すると、派遣会社から独立して個人営業になる。常連客の旦那の呼び出しに応じて、個人営業の芸妓がお茶屋に顔を出すのだ。

放蕩息子はすべてを使い果たし♪
父の前に立つ♪
「お父さん 僕をまだ息子としてみてくれますか」♪
16009[1].jpg



ローリングストーンズで放蕩息子♪ 名盤ベガーズバンケットから。


数あるストーンズのアルバムの中でも一番好きです♪ ロック好きで未聴なら一度は是非。

ベガーズ・バンケット

ベガーズ・バンケット

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル インターナショナル
  • 発売日: 2002/11/09
  • メディア: CD



(広告)



nice!(25)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 25

コメント 14

song4u

井川さん、実に不幸な人生ですね。
たった1回しかない人生なのに、小学生の頃から飛行機で塾通いなんて
異常にも程があります。そんなことをやっていたら、こんなことになっても
何ら不思議ではない気がします。
もちろんお金は必要ですが、度を過ぎて持つと使い方を間違えてしまう。

やはり、死ぬまでに無くなるぐらいの資産量がベスト。
それ以上を持つとロクなことにならないのは、あまたの歴史が教えて
くれているのではないでしょうか。
by song4u (2014-06-01 10:29) 

don

song4uさんこんにちは~
>度を過ぎて持つと使い方を間違えてしまう。
まさにそのとおりの展開です。

だけど、いちど度を過ぎて持ってみたいですよね^^

人間しょうもないことで不幸を感じてしまいます。
最近パソコンの調子がとても悪い。「ようこそフリーズ」や
「勝手にシャットダウン」になるので、何度も再起動してます。
なにやら気が滅入ります^^;

最終手段は初期化か修理に出す、ですが。
さて、どうしたものか・・・[__犬]


by don (2014-06-01 12:01) 

vega

妻の実家が愛媛なので、地元の方々の話はよく耳にしていました。
なるほど…と思うエピソードが溢れています。^^;
by vega (2014-06-01 12:12) 

heroherosr

私は呉服屋の2代目で、最近は着物の仕事をあまりしていませんので、周りから見ると「2代目がだらしないから~」と見られるのでしょうね。
まあ、もしうまくいっていたとしても「先代がしっかりしていたから~」ってなるだけで、2代目なんていいことはありませんよ。
by heroherosr (2014-06-01 16:28) 

獏

イタリアではどんな企業も家族経営で必ず息子や娘に
跡を継がせるというイメージがありますが(私見です)
日本はそういうイメージはあまり有りませんよね。。。
その中途半端さがいけないのではと思ってしまいます
カッコつけずに開き直ってアホでもなんでも
子供に継がせるんだ!!でいいんじゃないかと。。。
それを理屈や道理を伴わせようとするから
子供たちが変なことになっちゃうんじゃ。。。。(@@;))

by 獏 (2014-06-01 21:09) 

DEBDYLAN

このアルバムは名盤ですね!!
僕も愛聴盤になってます^^。

by DEBDYLAN (2014-06-01 22:53) 

seawind335

とにかく、我々には理解できない感覚ですねぇ。。。。
by seawind335 (2014-06-02 00:10) 

don

vega さんこんばんは~
エピソードが溢れてますか。なんか面白そうですね[__犬]
by don (2014-06-02 20:54) 

don

heroherosrさんこんばんは~
呉服屋の若旦那。なんか響きがいいですね。
「いよっ、二代目~」
ぼくも若旦那してみたいです。[__犬]
by don (2014-06-02 21:01) 

don

獏さんこんばんは~
なるほど、イタリアはそうなんですか。

日本でもオーナー系は世襲してますが、いわゆる大手は
サラリーマン社長が多いので、そことの対比で考えてしまう。
大企業と言えるオーナー系社長は、どうしても批判されて
しまうんですよね[__犬]
by don (2014-06-02 21:11) 

don

DEBDYLANさんこんばんは~
愛聴されてますか~
いいアルバムですよね[__犬]
by don (2014-06-02 21:13) 

don

seawind335さんこんばんは~
欲しいものが、全て手に入った後の世界なんでしょうね[__犬]
by don (2014-06-02 21:15) 

銀狼

私がずっとお世話になっている、ある得意先の企業も似たような感じで。。。
(ここまでの規模ではないですが)
学生時代から先代に連れられてあちらこちらへ
某有名ボクサーが乗っていたベンツを譲ってもらい
何の修行もせずに親の会社に就職
気がつけば20代で一部上場企業の代表職に。。。

このようにならない事を願うばかりです。。。
by 銀狼 (2014-06-03 20:53) 

don

銀狼さんこんにちは~
ある意味うらやましい人生ですよね。
そういう恵まれた境遇にいる人は、
人並み以上に謙虚になるべきだと思います。
そうじゃないと、世間の想念が良くない方向へ
引っ張り込んでいきそうです。
by don (2014-06-12 12:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました