So-net無料ブログ作成

【池上彰/情報を活かす力】~情報源、筆記具、読書術など [本/Biz経済]


情報を活かす力 (PHPビジネス新書)

情報を活かす力 (PHPビジネス新書)

  • 作者: 池上 彰
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/06/18
  • メディア: 新書


【情報を活かす力/池上彰/2016年5月初版】
たまに読んでる池上彰。
自分の知らない分野の解説を頼むなら、ピカイチの人です。
むずかしいことをカンタンに伝える能力は、NHK「週間子どもニュース」お父さん役の11年間で鍛えられた。

一時期近所の本屋が、池上彰の本で埋め尽くされて・・・
ちょっと食傷気味でした。



本書の目次と概要。

●序章 情報活用力をいかに高めるか
・マイナス金利を子どもに説明できるか?

●第1章 私の情報収集術
・テレビ、新聞、ネット、雑誌・・どうやって情報を得てるか?

●第2章 私の取材・インタビュー術
・取材の基本は、新入社員の地方局時代、警察担当だったころに養われた。

●第3章 私の情報整理術
・40年以上続けてる新聞記事のスクラップ、3種類の筆記具。
・選ぶ力x並べる力=編集力

●第4章 私の読書術
・いつでも本を手元に。毎日書店に通うべき。さいきんは忙しくて本が読めてない。

●第5章 私のニュースの読み解き方
・統計データの見方にも注意が必要。

●第6章 私の情報発信術
・誰に伝えようとしてるのか?誰もが気軽に情報発信できる時代。




まあ、なんです。それ知ってる、やってるという話が多い。
ぼくだけじゃなくて、ふつうの大人なら、みんなそう感じると思います。

とはいえ池上さんの情報収集はどんなものか?
以下に読書メモを残します。


▼広告▼





<池上さんの読んでるモノ>

・新聞は小学生新聞を含めて7紙届く。

・海外情報は、アメリカの「タイム」とイギリスの「エコノミスト」を購読。
ただし英語力はそんなにないので、ざっと眺めるだけ。

・海外雑誌の日本語版は、「ニューズウィーク」と「フォーリンアフェアーズ」に目を通す。

・英字新聞は「ウォールストリートジャーナル日本版」の電子版を購読。

・経済専門紙は、「週刊エコノミスト」「週刊東洋経済」「週刊ダイヤモンド」「日経ビジネス」を購読。

・月刊誌は「FACTA」と「選択」を購読。

・メルマガは津田大介、田中宇の国際解説の無料版、冷泉彰彦のUSAレポート、
日経ビジネスオンライ、を登録してる。

・NYタイムズは、ホームページに登録すると、毎日最新ニュース(英語)を無料で送ってくれる。
そのぶん広告はついてるが。日本でさいしんのNYタイムズ記事が読めるのは貴重。
⇒さっそく僕も登録しました。グーグルアカウントのメルアドを登録するだけです。




<池上彰の3種類の筆記具>

シャープペン、サインペン、ボールペンの3種類を持ち歩いている。

メモをするときに用いるシャープペンは、速記者用の0.9ミリという芯の太いもの。
硬さは2B。HBだと硬すぎてひっかかる。太くて軟らかいとスラスラ書ける。
紙にスラスラ文字が書けると、アイデアが自由に羽ばたいていく。
シャープペンは1本200円程度なので、何本も用意してる。

サインペンは原稿を書いたり、原稿を書き直したりするときに使う。
適度な太さなので、疲れずにすむ。

ボールペンは複写式や公式書類に必要なので持ち歩く。
1.6ミリの太さ。あっという間にインクがなくなるけど、大変書きやすい。

速記用シャーペンは、プラチナのプレスマンでしょうか。↓
http://www.platinum-pen.co.jp/press_270526.html

いちおう楽天貼りましたが、ヨドバシで購入が送料無料でおすすめ。





プレスマン買いました。芯が太くて長いので1本しか入らない。
万が一を考えると、複数本あった方がいいでしょうね。
握る部分はぼくにはちょっと細かったので、プニュグリップをつけました。

手帳に書くのはしんどいけど、A4ノートにメモ残したり、アイデア整理するにはいいです。
とはいえ、JETSTREAM1.0のほうが、サラサラと書きやすいですが。。
JETSTREAM使い出してから、モンブラン使わなくなったし^^


DSC_0581.JPG




<池上彰の読書量>
どうしてそんなに本が読めるのですか?とよく聞かれる。
「酒が飲めないからです」と答えると、納得してくれる人が多い。
浮世の義理を欠かないと、なかなか本は読めないし、ましてや本を書くことなどできない。

NHK勤務時代は、往復の通勤時間(約2時間)に本を読んでたので、年間300冊を超えていた。
フリーになって自分でも本を書くようになると、時間がとられて本を読む時間が減り、
連載の締め切りが月に18回もある現在は、年間30冊ぐらい。10分の1に激減している。


▼広告▼





<メディアリテラシー>
報道時の、「政府首脳」というのは、内閣官房長官のこと。
「自民党首脳」は自民党幹事長であることがほとんど。
「財務省首脳」は、財務大臣か財務省の事務次官。

記者会見は、発言すると「官房長官がこう発言した」と、そのまま実名で報道される。
記者懇談会にはカメラが入らない。
懇談会で発言したことを報道するときは、
固有名詞を出さないで「首脳」が発言したという形にする、というルールが存在する。

ちなみに夕刊紙や週刊誌の「消息筋によると」という表現は、書いてる本人の場合が多い。




<誤訳による情報操作>
国連(国際連合)の英語表記は「United Nations」。
これはそのまま訳せば「連合国」となる。

第二次大戦の戦勝国は「連合国」と呼ばれていた。
国連とは第二次大戦の連合国が、二度と世界戦争が起きないようにつくった国際的な枠組み。
そこで戦争中の「連合国」をそのまま使っている。

しかし敗戦国の日本が「United Nations」に加盟するとき、
外務省は旧敵国の連合に加わるというイメージを避けるために、これを「国際連合」と訳した。

「国連」などというと、日本人はまるで「世界連邦」にでも発展するような理想の組織と思うが、
実際は連合国にとって都合のよい組織として発足した。
だから安保理の常任理事国は、拒否権を持つなど、特別の力を持っている。

つづいてPKO。「Peace Keeping Operations」。
日本では平和維持活動と訳している。これも外務省の意図的な訳し方。Operationsとは作戦のこと。
PKOとは平和維持作戦。国連のPKOは軍事的な色彩が非常に強い。

規制緩和。「Deregulation」の意味は、規制撤廃。
アメリカは日本国内のさまざまな規制の撤廃を求めているのに、日本では緩和と訳した。
撤廃と緩和には大きな違いがある。




<学校の先生のジャージ>
よく学校の先生が、教室でジャージをはいている。
ちゃんとスーツを着てないのは常識がない、という批判があるが、これには理由がある。

小学生の場合、先生が教室でしゃがんで膝をつくことが多いから。
子どもたちと目の高さを合わせて指導するために先生は膝をつく。
このためにはジャージがいちばん。
相手と話をするときは目の高さを同じにする、これが話を聞くための第一歩。




エイジアでEye To Eye♪



エイジアの「アルファ」は83年でしたか。もっと後かと思ってた。ドントクライが大ヒットしました。

Alpha

Alpha

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Geffen Gold Line Sp.
  • 発売日: 1996/03/19
  • メディア: CD




(関連記事)
【世界を変えた10冊の本/池上彰/11年6月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2012-10-27

【池上彰と考える、仏教って何ですか/池上彰/12年8月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2013-04-09

【池上彰の政治の学校/池上彰/12年9月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2012-11-06

【伝え方が9割 2 /佐々木圭一 /15年4月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-06-20


さて、今日はいまから同僚となじみの居酒屋。
冷酒にサンマ、ホルモンにアルパカワイン。
仕上げは場末のスナックで、ユースピンミーラウンド歌う予定です。
しかしピートバーンズ、ヤフーのトップに出るくらい日本でメジャーでしたっけ?
ぼくはフィリピンバーでよくリクエストされる十八番だったので、感慨深い。冥福を祈ります。

またね♪

▼広告▼



nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 2

song4u

>むずかしいことをカンタンに伝える能力

おはようございます♪
簡単なことを難しく伝える、教える人はゴマンといますが、
難しいことをポイントを押さえて要点を中心に簡単に伝える、
教えることのできる人は非常に少ない。
どうなんでしょうか、1割いるでしょうか、いないでしょうか・・・?
理解が深いんですね、そういう人は。
なおかつ、自分の言葉で、相手に分かる表現を見つけて伝えてくれる。
ぼくの仕事の師匠がちょうどそんな人でした。
おととい呑んだんですけどね、楽しかったなあ。

書きやすさを追求・・・当然、筆記用具ですよね!
ところが、ところが。
先日、大きな文具のショップで買ったノート(アピカ)。
違うものを買いに行ったんですけどね、実は^^;
A4サイズ、王子製紙の特抄81.4g、80枚で千円(税抜)もするわけです。
見た目の感じはあまり変わらないのに。
行間が1cm弱で、ぼくの好みピッタリというのもあり、
ためしに買ってみました。
そしたらね、これが極めて書きやすい。
元々滑りの良いジェットストリームが更に滑り、お気に入りの
ウォーターマンに至ってはペンのほうが勝手に動くようです。(笑)
書き味は筆記用具だけじゃなかったんですねえ、当たり前だけど。
ではまた!
by song4u (2016-10-27 08:58) 

don

song4uさんこんにちは~
なんですか?ノートが1000円もするんですか?
調べると、モレスキンとかいうノートは2700円もするみたいです。
ぼくはふつうのコクヨのA4キャンパスを使ってます。

A4であれば、基本的に100均でもいいかなと。
さらさらっと書いて、それをそのままコピーして指示書にしてることが多い。
口頭よりは、抜けがないので。

筆記具はこだわりたいですけど、
さすがにノート1冊に1000円は^^;

さて今日は今から外出して、
帰りにビアホールによる予定です。
海沿いのテラス席を予約したのですが。
気温が夜の9時で16~7度みたいです。
ちょっと肌寒いかなぁ・・
[__犬]
by don (2016-10-27 12:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました