So-net無料ブログ作成

グレタ・ヴァン・フリートの衝撃!マムフォード&サンズ以来の超大型新人! [音楽]





日本以外は絶滅危惧種となった「ロックバンド」
今週の米ビルボードアルバムチャート。
ベスト10のうち5つがラップ、残りはカントリーが1つ、
あとはトムペティ、マリリンマンソン、エドシーラン、イマジンドラゴンです。
いつもはトムペティやマリリンマンソンのとこは、カントリ、EDM、サントラが入ります。

いまの時代言いたいことがあれば、歌詞書いて、パソコンあったら適当にビートに乗せる。
むかしの3コードパンクが、ラップになった。

やっぱ楽器ってハードル高いですよね。練習時間がはんぱない。

そこまで練習しても、最後はルックス、歌詞、ボーカルの3大要素で「売れ」がきまる。
肌触りの部分、楽曲のアレンジ(エンジニア、プロデュース)はプロがやる。

となると分母がデカいほうが売れるのは当然です。
ラップのほうがハードルが低くて、3大要素もった人材の母数がデカい。
確率論として売れるのは、どうしてもラップになる。

ロックバンドに未来はあるのか?


▼広告▼





過去10年アメリカでグラミー主要4部門獲ったロックバンドは、
極論すればカントリーロックです。ザックブラウン、ボンイヴェール、マムフォード&サンズなど。

カントリーは言いすぎか。バーバンクサウンドか。
バッファロースプリングフィールドっぽい音。フリートフォクシーズが継いだ音。
フォークロックを起点とした、聴きやすいカントリーロック。
初期ドゥービーズだったり、初期イーグルスっぽい音。

それはそれで大人にはいい音楽だけど、もっとこう派手さが欲しい。

いました!
さいきん話題のグレタ・ヴァン・フリート。超大型新人です。
米音楽誌では、an old man’s soul in a young man’s body とまで言われてる。
これが売れんかったら、もう正統派ロックは終わりでしょう。


ボーカルとギターが双子の21才。
ベースは弟で18才。ドラムは友だちで18才。2人は6月に高校卒業したばっかりとか。
平均年齢19才という4ピースロックバンド。

3兄弟のお父さんがミュージシャンで、子どもの頃から今でいうクラシックロック漬け。
ギターのジェイクは、安物のギターで練習を始めて、いいギターが欲しくなった。

父は言います。
「ボブシーガーのナイトムーブスを覚えろ。
ジミヘン、クリーム、パープルをマスターせよ。それまで新しいギターは買わない」


子どもの頃の写真。
グレタ・ヴァン・フリート子供時代.jpg




前置きが長くなりましたが、動画はっときます。


さいごまで聴くと、おもわず笑みがこぼれてしまう。
ドラムのダニエルは8歳でギターをはじめ、9才で曲づくり。
Keyもbも弾く、dsは11歳から。楽器を手にしたら数分でマスターできる天才だそうです。




こっちが先行シングルみたい。




いかがでしょうか?
70年代UKっぽい音ですよね。
てか、うれしすぎて、顔がスマイル100円になる。

インタビュ(海外サイト)をいくつか見ると以下。

「ぼくたち(たぶん兄弟のことか)の個人的なプレイリストは、
ザ・フーからCSN&Y、ウィルソンピケットからヤードバーズ、マディウォーターズからジミヘンまで」
祖父も音楽に造詣が深く、家には山のようにレコードがあり、楽器が転がっていたと。

「兄弟はたまにはケンカするけど、セッションすると仲直りするんだ。音楽ってすごいよ」

「家族には感謝してもしきれない。この前まで一緒にみんなで家族旅行もよく行ったよ」



From the Fires

From the Fires

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Republic
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: CD





おまけで動画追加しときます。興味持たれた方はご高覧を♪


アコギとファルセットハーモニー。曲によってはドラムやベースの子もギターソロをとる。




ギターとボーカルの掛け合いが秀逸。双子だからずっと一緒だったんだろうなぁ。息がぴったり。



ちなみにヴォーカルのジョシュの身長は、かなり低そうです。
海外サイトでググって調べると、5フィート3インチ=160cm。
他のサイト情報だと5フィート5インチ=165cm。
現段階では日本語でググっても出ないので、160~165cmぐらいかなあと。



(音楽関連記事)
【グリン・ジョンズ/サウンド・マン】要約読書メモ
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2016-07-02

【誰が音楽をタダにした?/スティーブン・ウィット/16年9月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-04-18

【ヒットの崩壊/柴那典/16年11月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-02-07

【USヒップホップの現在/ミュージックマガジン8月号】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-08-29



▼広告▼




nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 2

Speakeasy

グレタ・ヴァン・フリート、凄いすね~♪
donさんは、意図的に名前を出さなかったんだと思いますが、もろレッド・ツェッペリンでは無いですか!!
ロバート・プラントみたいなボーカルに、ボンゾを彷彿とさせるドラムソロ・・・笑わないではいられません。
余りに回顧的な音過ぎるので、彼らが21世紀を背負って立つロック・バンドたり得るのかは、私には分かりかねますが、少なくとも私のアンテナには引っ掛かりました。
思わずビデオをHDDに保存してしまいました・・・後、ゼップ好きの友人に教えます(笑)

by Speakeasy (2017-10-25 20:53) 

don

Speakeasyさん、こんにちは~
Speakeasyさんのアンテナに引っかかるものがご紹介できて、光栄です♪
もろ某UKバンドですよね(笑)
そこはオチなので、先入観なしのほうが笑えるかなと^^

ボーカルとリフが雰囲気たっぷりなとこに、
さいごにモビーディックを彷彿させるソロ。
とはいえボンゾのソロ、今回見直したのですが、モノが違いました。
ボンゾは別格でした。
[__犬]
by don (2017-10-26 12:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。