So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【月曜日の朝が待ち遠しくてワクワクする職場の話】書評と要約 [本/Biz経済]


月曜日の朝が待ち遠しくてワクワクする職場の話

月曜日の朝が待ち遠しくてワクワクする職場の話

  • 作者: 角田 識之
  • 出版社/メーカー: あさ出版
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【月曜日の朝が待ち遠しくてワクワクする職場の話/角田識之/17年10月初版】


みなさんは、会社行くの好きですか?
長いサラリーマン生活、楽しいときもイヤなときもありますよね。
ぼくはイヤなときのほうが多かったです(笑)。

日曜の夜、サザエさんみながら、ああ明日会社行くのイヤやなぁ・・

上司が最悪、同年代はライバル、残業満載のブラック、みんな怒ってる・・
どうやって処理したらいいかわからない仕事、難題、ノルマ未達・・

逆に会社が楽しいときって、どんなんだろう?

まわりにイヤな人がいない、適度な忙しさ、裁量があって自由に仕事できる。
とくに好きな人がまわりにいると楽しいですよね。

月曜日の朝が待ち遠しくてワクワクする職場なんか、あるのかなぁ・・
そう思って読んでみました。

本書の構成は2部構成。
1部が「心が温かくて泣ける19の職場の物語」
2部が「月ワク企業のつくりかた」

せっかちなんで2部から読み始めました。
うん、グーグルの話は興味深かったので、メモしとこう。

1部は、最近いろんな本でみかけるパターンです。
かぶってる話はなかったです。いろんな会社の泣ける話。新味はないけど。
大きな会社はほとんどなくて、小さな規模の会社の話が多かった。

以下に読書メモを。


▼広告▼





グーグルの生産性向上策


グーグルはチームによって生産性が違うことに着目した。
ビジネスが複雑化する現在、多くの業務は単独ではこなせず、チームによる共同作業が多くなる。

チーム生産性に注目した3年間の分析結果は驚くべきものだった。
・チーム編成のありかた
・チームカルチャー
・チームメンバーの能力
のそれぞれと、「労働生産性」の間には、ほとんど相関性がなかった。
しかし成功するチームは何をやっても成功し、失敗するチームは何をやっても失敗する。

頭を抱えたグーグルの人員分析部は、集団心理学を深ぼりした。
判明したのは、「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といった、
メンタルな要素の重要性だった。

成功するチームはこれらの点が非常に上手くいっている。

「こんなことを言ったらチームメイトからバカにされないだろうか」
「リーダーから叱られないだろうか」
といった不安が限りなくゼロに近かったのだ。

これらは心理学の専門用語では「心理的安全性」とよばれるものだった。

この「心理的安全性」を実現するのに有効なものが「自己開示」だ。
自己紹介が履歴書のような表面的なものであるのに対し、
自己開示はプライバシーもさらけ出す行為。

グーグルのような先端企業はオンとオフをクールに切り分けるイメージがある。
しかし切り分けると仕事場で「仮面」をかぶって仕事をすることになる。
チーム全員が自己開示をすることによって、「本来の自分」でいられる職場が生まれる。

ただし強制開示ではないので、どこまで開示するかは本人次第だ。
日本は子どもの頃から空気を読むことが習い性になっている。
まわりの無言の期待に合わせ、恥をかきたくない、失敗したくない、の思いが強い。
正解がわかったときにしか発言しない。挑戦しない姿勢、が固定化している。

意思決定の場面から逃げない、間違ってもいいから表現する。
そのことをプラス評価する風土をつくるべき。


▼広告▼





自己肯定感が大切


高校生を対象とした意識調査。

Q:あなたは親に認められていますか?
A:思う。米国91%、中国77%、韓国64%、日本33%

Q:あなたは自分に価値があると思いますか?
A:ある。米国89%、中国88%、韓国75%、日本36%

日本の高校生はアメリカの高校生の3分の1しか褒められてなく、
その結果「自己肯定感(セルフイメージ)」も同様に低い。

子どもは能力の範囲でがんばるのではない。自己肯定感の範囲でがんばるのだ。
日本の高校生の自己肯定感の低さは大きな問題。かれらはいつか会社に入ってくる。

「従業員は能力の範囲でがんばるのではない。自己肯定感の範囲でがんばるのだ」

自己肯定感が高く、自信をもって取り組むと、困難な課題もクリアしていく。
従業員を賞賛することが大切。何より大切なのは直属上司のほめる力の向上。
部下の美点探しをするアンテナを磨き、小さな美点に大きな光を当てる反射神経を磨く。
会社としてシステム的に取り組む課題。




ESアンケートを定期的に取る


ES(従業員満足度)アンケートを定期的にとることで、
働き甲斐アップと離職率の低下は実現できる。
ES目標点を定め、仲間の努力、責任者の実践、会社の支援により達成していく。




また忙しい月曜日がやってきた♪
今日が日曜日だったらいいのに♪
日曜日は楽しいよね♪
昨日も彼氏とエッチしちゃった♪


バングルスで、マニックマンデイ♪
偽名使ってるけど作詞作曲はプリンス。曲は1999をパクったとプリンス談。




バングルスとバナナラマ、よく間違います。
「ちぎれたハート」はいい曲で。なんか好きです。




(関連記事)
ワークルールズ~グーグルの採用倍率、面接時の質問例など
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2015-09-22

【爆笑する組織 会社を強くするだじゃれ仕事術/鈴木ひでちか/14年9月初版】
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2014-12-27

【採るべき人 採ってはいけない人】要約まとめ~仕事力とは何か?
http://donhenley.blog.so-net.ne.jp/2017-01-21


▼広告▼



nice!(17)  コメント(6) 
共通テーマ: